ブログ
2009年3月27日

草木染めの鯉のぼり

まだ桜もちらほらの頃に鯉のぼりのお話とはちょっと早いですが・・・
すっかりエコ花ではおなじみの織り・染め工房のラ・まのさんから今年も草木染めの鯉のぼりを分けていただこうと思います。
今から作っていただくので、少し早めのお知らせとなった次第です。
鯉のぼりは、天に男の子誕生を知らせて「この子を守ってください」とお願いするための目印といわれているそうです。端午の節句は災いや病を払う行事として古くから続いているようで、武士の時代には武者人形を飾ったり、のぼり旗を立てて、たくましく成長することを願いました。庶民はのぼり旗の変わりに鯉のぼりを立てたのだそうです。(「おうちで楽しむにほんの行事」広田千悦子著より)
大きなお庭のあるおうちは大きな鯉のぼりが元気よく空を泳ぐ・・でも、kayo家の小さなマンションの一室ではそうはいかず、ラ・まのさんの小さな鯉のぼりがぴったりです(一番長いもので100センチです)。
長男がたいそう気に入って、節句が過ぎても仕舞うのをいやがり、結局クリスマス前まで飾っておりました、季節感がないのもどうなんでしょうか(笑)
ラ・まのさんの鯉のぼりは木綿で、草木染めされて作られます。
 青系・・藍
 赤・・茜・スオウ
 黄系・・玉ねぎ、刈安
 白系・・松煙
 黒系・・玉ねぎと藍の重ね染め(すごい!)

           右側写真、上より矢車飾り、吹流し、真鯉、緋鯉、子鯉
こんな風に、小さいけれど趣のある風合いの鯉のぼりをお子様に、お孫さんにいかがですか?
4/9までご予約承り、店頭で4月下旬ごろのお渡しです。
詳しくはエコ花までお尋ねくださいませ。
Kayo