ブログ
2007年7月4日

藤原先生の拭き漆教室

先日の土日に行われた「藤原さんの拭き漆教室」は、おかげさまでケガ人もなく、カブレ人もなく(?!)無事終了。
7名のご参加で、おおにぎわいの教室となりました!!
拭き漆は、カブレさえ気をつければ難しい技術はいらない、実はとっても身近な仕上げ方法。それをさらに身近に、はじめての方でもカンタンに続けられるように、相変わらず楽しい弾丸トークショー(笑)をまじえて、藤原先生が教えてくださいました。




拭き漆は簡単にいえば塗ってふき取るだけ、作業自体は小物であれば1つ20分程度で充分ていねいに仕上げることができます。塗装全般に言えるかもしれませんが、時間は塗り作業よりも乾かす時間の方が必要だったりします。漆の場合は最低でも一晩の時間が必要になります。
つまりただ“拭き漆の仕上げの技術だけを教える教室”となると、2日間もあるのに作業時間は1時間足らずになってしまい、ちっとも間がもちません。(笑)
塗りの作業以外の時間をいかに過ごすか、そこはさすが藤原先生、時間が経つのを忘れるくらい、とっても興味深い楽しい講義をしてくださいました。
たとえばコレ。

お料理教室ではありません。笑
上新粉をつかって、糊漆をつくっています。
糊漆を使って、布を貼ったり和紙を貼ったりすることができます。

これは

なんと、お豆腐に黒呂色漆を混ぜたもの。お豆腐のもったり感でこんなテクスチャができるんです!!
こちらは、

草木染によく使われる「すおう」で染めた器。これに拭き漆をほどこすと、うっすら黄色味をおびた仕上がりになるんです☆
本当にたくさんのおもしろいお話、技術をおしえていただいて、充実した時間でした。気がつくともう時間!ということが多くて、2日間ではとても足りないほどの濃い内容!
参加されたみなさんは、藤原先生の弾丸トークに負けず劣らず質問をされていて(笑)、とっても活気のあるにぎやかな教室となりました!!
みなさんの好奇心いっぱいの質問で、すぐ話が横道に逸れて、タイムオーバーになったりしましたが(笑)
おかげでなかなか聞くことができない裏話も聞けたり?!
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。おつかれさまでした!

最後にはみんなでパチリ♪
次の藤原さんの教室は11月に「スプーンをつくろう!」教室を予定しています。
また9月22日には、石塚えみ子先生の「イスづくり教室」もあります。
みなさまぜひぜひ、ものづくりの楽しさをいっしょに体験しましょう!!
tama