ブログ
2014年7月4日

解体工事

カテゴリー: 家づくり

明治後期の官舎の解体材料で普請された住宅の解体工事
創建当時からの神棚を外し、再利用する部品を外しています。

天井から土ほこりが舞いますが、カビ、ダニアレルギーのある私は反応しません。
築30年から若い建物だと完全武装でも鼻水とくしゃみで頭が重くなりますけれど・・・
古ければ古いほど、体は元気です。

真壁の和風な建物ですが、なぜか階段室だけ大壁の上モダンなしつらえになっています。

カメラのレンズのせいではありません。
柱だけ沈下して鴨居が下がり建具が弓ぞりになって耐えていました。
本当に長い間ご苦労様でした。
naoi