ブログ
2008年10月27日

谷中 2008芸工展

カテゴリー: 徒然・農園

今年で16回目を迎えた芸工展に行って参りました!
「まちじゅうが展覧会場」をキーワードに毎年10月中旬から2週間、谷中・千駄木・根津・日暮里・上野桜木・池之端界隈を舞台に開かれております。
芸工展の情報源は何と福島南会津、拭き漆の器でお世話になっている藤原啓祐さんから。
「おもしろそうなものがやってるよ」とお知らせいただきました。
ありがとうございます、藤原さん!
日常の延長としての表現を通して創作活動をとりあげ、谷中の人々の生活を理解し交流する場として開かれているものです。
ダンナの実家が根津なので、よく遊びに行きますが、芸工展に行ったのは初めて。
子連れで大騒ぎなので、ほんの数軒をさっと見せていただくに終わってしまったのですが、散歩だけでも楽しかった!
下町の静かな界隈をぶらぶら〜
ガラス工芸、革細工、製靴、木工などなどどれも素敵でため息が出ます。
子供達が大きくなったら、もっとゆっくりのんびり作り手さんとお話しながら見てみたい。
皆さんも是非来年から行ってみて下さい!
下町の芸工展のんびり写真、一挙公開☆
こんな風にいつもはお店が、ひとつの小さな展示会場に。

石造りの階段につたが絡まり、長男は大興奮

地元で「蛇道」と呼ばれるクネクネした道、昔は藍染川だったから。
今も残る染物・洗濯屋さん。

ちょっとワクワクな路地。

藤原啓祐さんの学生時代の後輩にあたる方の靴屋さん、ビルの二階。
昔は印刷所だったそうです。
作り手さんは女性、セミオーダーでまるっこくてかわいい靴を作ってくれます。
せっかくなので、ちょっとおしゃべりしてきました!


そしてビルの一階は木工所。こちらも作り手さんは女性☆
女性らしい繊細な木箱や椅子などなど、Kayo大興奮なお店。

のんびり見てみたいのだけれど、長男がお店前の木っ端で遊びはじめて大工さんの真似をして壁をたたき始めたので、すぐ退散(泣)

谷中から千駄木へ出て、不忍通りのインド料理屋さん「ダージリン」
かわいい雑貨も売ってます。

いつだって神社は子供の遊び場。根津神社です。

神社を抜けると、根津教会。古いたてものに一瞬時が止まったような。
ダンナの実家すぐです。

教会のちょいと先に最近OPENしたTシャツ屋さん。
下町民家を改造して。
古めかしい商標やおもしろおかしいイラストがプリントされてて見るだけで楽しいです。

お店の中。こちらも時が止まったような感覚におそわれます♪

いかがでしたか、下町散歩。
みなさんも是非是非、秋のお散歩に繰り出してみてくださいね!
Kayo