ブログ
2010年8月4日

鉄っちゃんな話

カテゴリー: 徒然・農園

こんにちは。llamaです。
エコ花は本日も建前で、総員出張っており事務所は静かです。
建前の皆の勇姿はまた後日!天気もいいので安心ですが
熱中症がでませんように。みなさん水しっかり飲んでくださいね。
さてzouさんの留守を守って、本日はローカルな(電車の)話でも。
先日墨田区の方に打ち合わせに行く機会をいただきまして
初めて乗りました、東武亀戸線!
みなさんご存知でした?
亀戸と曳舟の間の5駅しかない路線です。
恥ずかしながら私、今まで存在を知らなかったので
地元が近いyuuさんに聞いたところ
「2両しかないんですよー!短いですよー」
と教えてくれました。

んで、乗ってみました!
ほんとに2両しかない!短い!ローカル!

しかも駅が『東あずま』って……『東』の重複してない?
どういうこと???と知らないことだらけ。
不思議ー不思議ー、なんでー、と首をかしげながら
しばし鉄ちゃん気分満喫。

隣のホームにも踏み切りわたって線路を越えていきます。
のどかでいいですよねー。
家に帰って調べたところ勝手な推察『吾妻橋の東』は間違っていて
(だいたい結構遠いし)
『昔町名が吾嬬町(あづまちょう)だったところの東側』
なんだそうです。へー、知らなかった。
でも『あづま』は『あずま』に変わっちゃってるんですねえ、なんでだろ。
せっかくなので、もひとつ鉄道の話。
先日まで通っていた逆井の家、あそこは東武野田線にのりまして行っていたのですが
ある日気づいたことひとつ。
『2番線、上り列車が参りますー』
とアナウンス。
なんで!?と?マークに埋め尽くされる私の脳内。
だって野田線て船橋と柏、柏と大宮を結んでるんです。
なのに『上り』ってなに?東京に向かってないけど? 不思議です。
調べたところ、
野田線は昔キッコーマンが醤油を運ぶ為に引いた列車だったので
『野田に向かうのが上り』
なんだそうです。野田線のメッカは野田だったわけですね。
今までの『上り』の概念がくつがえりました。


                        ↑ここらへんがメッカ
あんまり鉄道興味なかったんですが(地名や場所や道がすき)
けっこう面白いなーと思いました。
工事の様子はまた続々と。
それでは。
llama