ブログ
2008年4月8日

鎌倉改修:土壁・下塗り その1

カテゴリー: リフォーム

その後の現場状況です。
剥がし終わった壁に、新たにキズリを施工し土壁にて仕上げます。
先週はその下塗り。
まずは材料の準備からです。
解体をした時に竹小舞下地の土壁があったので、それを新たに塗る材料として再利用してもらえないかと小沼左官さんにお願いしたところ快く引き受けて頂きました!
まずは小舞から土を落します。

落した土の塊をつぶして藁をよけてからふるいにかけます。


ひたすらつぶしてふるってもらいました(汗)
とても手間のかかることですが、ゴミとして処分するより断然環境にも優しいと思います。(微々たるものかもしれませんけど、塵も積もれば山となる!です。)
ふるいにかけた土はハンダとして壁に再び塗られます☆

続きはまた明日。
neco