ブログ
2010年6月14日

電気を消して、スローな夜を。

tokyonight.jpg
私達は便利に快適に、忙しく過ごすために電気をフル活用しています。
世界地図をご覧になったことがありますね?
日本は、地球規模で見ると決して大きな国ではありません。
では電力消費量はどうでしょう。
夜の地球を見てみましょう。
earthnight.jpg
日本の輪郭が、明るく光っています。
私達は便利に忙しく生活する中で、光の存在が当たり前になりすぎて
どんなに大事なものか、電気がどんなに大変なものか、忘れています。
一年のうちで最も光の時間が長くなる、夏至がもうすぐやってきます。
その日に合わせて、光のこと、電気の明かりのこと、太陽と月のこと、
そして私達の住む地球のことを考えてみませんか?
私達は普段の生活を見直すため、キャンドルナイトを呼びかけます。
sai
――――――――――――――――――――――――
『電気を消して、スローな夜を』
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
夏至・冬至、夜8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

mainvisual.jpg