ブログ
2006年8月30日

エコ花ショップ改装:塗装部隊、発動

カテゴリー: リフォーム

ショップ改装による塗装第2弾!!
エコ花女子たちは塗装ルック(エコ花ではいつ何時塗装やらがはじまるかわからないので、みんな事務所に作業着的服を常備してあるんでございます。)で
オイルフィニッシュ&リボスカルデットを塗装。
工房時代からの仕上げ部分、柱や羽目板の汚れと小さなキズをペーパーできれいにして、塗り分けるところにはマスキングをして、みんなでがんばりました!

今回はアルバイトのHさんも参戦!ありがたいっ。
(Hさん、撮った瞬間に動くから消えてます。↓)

今回床の栗フローリング部分はリボスカルデット、そのほか壁やカウンター、柱なんかはみんなオイルフィニッシュで仕上げます。
床に色物を塗るということで、まずは床を先に塗ります。
カルデットのような顔料の入ったいわゆる“色モノ”塗料は、塗る前に木地にオイルなどがたれてしまうと、その部分だけ色がのらないんです。
色モノはだいたいが塗り重ねるとその分そこは色が濃くなるし、塗るのにも技術が要。
床を塗り終えたあと、壁やカウンターを塗っていくときにも、床にたらさないように慎重に慎重に塗らないといけません。
色モノを使うとなにかと手間がかかるんですねー。
(とか言って、色モノを塗るときtamaは現場へ逃走?!していたので、今回さして大変な思いはしてなかったり・・(^^;)
それにしてもKAYOさん、洗面カウンターの裏側を塗ってるだけなんですが、
どう見てもいじけてるみたいですね。

tama

屋根の断熱

カテゴリー: 家づくり2006〜2007

高島平では屋根下地の板がそのまま天井板として部屋から見える化粧野地です。そのため野地板の上に杉皮をコンスターチで固めた断熱材フォレストボードを固定する、外張り断熱を採用しています。フォレストボードを透湿防水シートでくるみ、通気のための空間を確保して屋根板金の下地の板(木酢液に漬けてあるので黒く見える板)を取り付けます。通気層を設けることにより家が日傘をさしたことと同じようになります。
この家は蔵と同じように完全に浮かせて屋根をつくり、夏の暑さを防いでくれています。
(佐原の家)

2006年8月28日

高島平の家:上棟2

カテゴリー: 家づくり2006〜2007

8mの棟木を“尻挟み継ぎ(しっぱさみつぎ)”という継ぎ手でつなぎます。
無事上棟を迎えることができました。
元山がわらじを履いて与岐を担いで2階に登ります。そこでお役目(=選定した木材がすべて無事に組み上げる)を終えたしるしとして、わらじの鼻緒を切ります。
棟梁が祝詞をあげ、無事上棟式も済ませ、宴会に。
ありがとうございました。

2006年8月25日

現場で刻み!



大工さんが現場で刻みをしています。
その理由は・・・
屋内に家をつくっちゃうから!
屋内なのにお店の中なのに、土台をかためて柱を立てて、梁桁をかけて、棟木まで渡すんです。
エコ花のいつもの家づくりと同じように、
全部手刻みで加工した仕口継ぎ手を組み上げますよ☆
tama

2006年8月24日

お国自慢◆伊勢型紙

カテゴリー: 徒然・農園

私KAYOは先週一週間、夏の休暇を頂いて、実家は三重県津市の実家へ里帰り。
というわけで、しばらくお国自慢をさせてもらいますヨ。
ヨロシクお付き合いくださいまし(笑)
さて。
「三重県鈴鹿市白子」といえば、鈴鹿サーキットのF1レース会場の最寄り駅として
知られてますが、もう一つ、古くは奈良時代に大陸から伝わったとされる、伝統工芸の
「伊勢型紙」が自慢です。
発祥は明確ではないそうですが、平安時代の文献にはすでに「白子地方に型売り四人あり」
と記されていたとか。
では「伊勢型紙」とは何ぞ?
着物や風呂敷などの模様を染色のための型紙です。
型地紙に、職人さんが手彫りで模様を彫り抜いたものです。
同じ模様を染めるのに繰り返し使え、同じ柄の着物を何反も染められるそうです。
1色に付き、1枚の型紙が必要なので、振袖などには一反に700〜800枚も型紙がいるんだそう!!
そして、その型地紙は美濃和紙を3枚、繊維方向をタテ、ヨコ交互に柿渋を塗って重ねて
張り合わせます。(柿渋ってすごい!!こんなところにも登場してる!!)
数日おき、また柿渋を染み込ませて、天日乾燥し、一週間ほど煙で燻します。
そしてまた同じ工程を経て延べ40日かけて型紙が出来上がります。
そうすると、強靭で耐水性にすぐれ(さすが柿渋!)、水を吸った状態でも寸法が安定し、
小刀で細かい模様を彫ることができるそうです。
色は柿渋色、ざらりとした素朴な和紙の手触りにふんわり燻しの香りがします。
江戸時代には伊勢型紙は紀州藩の商人によって全国に知れ渡っていましたが、
今では型地紙をつくるのも白子・寺家地区で数軒、彫り手の方も少なくなったようです。
手彫りならではの美しくて繊細なデザインは今では身近な壁掛けの絵や扇子・うちわ・ランプ
(明かりの中に浮かび上がる模様がたまらなくキレイ!!)として活躍しています。
実際に伊勢型紙のお店で見てきましたが、その美しさに「ひゃ〜」とため息。
幼いころから伊勢型紙の存在を知っていましたが、この歳にして今さら感激しちゃいました。
手仕事の繊細さ、美しさというのは、いつだって温かく、ほっとします。
KAYO

オーナーと一緒に材料選び 2

今日は日本で古材、ケヤキの看板板探し。
そのついでに、6月の森林教室のとき植えた栗の木や杉を確認しに宮城の栗駒へ

古材は屋根組みの材料として。土場に埋もれていたケヤキは製材をその場でして看板、カウンター材として。

分収林契約した山の栗も杉も元気に育っています。栗はあと4,5年すれば実がつくよという話でした。
材料としては、60年先のことですが、それまでいろんなことで楽しめそうです。

オーナーと一緒に材料選び 1

本物にこだわる以上はずせないのが、韓国の建材や備品
3回目の韓国お買い物ツアー


食器や、クッションなどは前回と変わりなかったのですが、古建具などは完全に品薄状態で、数多く見たのは中国産の古建具でした。その中から韓国本来の建具を探し出し購入。テーブルの素材も工場確認をしたところ、韓国産の松ではなくニュージーランドや北米からの輸入材でした、原板を買ってカウンターにするのはあきらめ、花の倉庫に眠っている宮城の樹齢250年の黒松を使うことにして材木屋の社長との値段交渉は早々に決裂。


イメージづくりのためソウル市外をタクシー使って移動。タクシー料金が安くて助かります。


スタミナ付けつつ韓国漬けの3泊4日のオーナー主催のツアーでした。

2006年8月23日

浮造り


韓国料理屋さんの壁や造作材の仕上げ用に、
大工さんが杉の板を浮造りにしています。
浮造りとは、写真のような木材の仕上げ方。
って写真じゃちょっとわかりにくいけど…
うづくりとは木材の表面を何度もこすることで、
秋から冬にかけてできる堅い木目(冬目)の凹凸を際だたせる加工のことを言います。
加工の仕方は、ホイールサンダーという、ブラシが高速回転する機械で高速ブラッシングする感じ。
今はそんな便利な機械がありますが、
機械がないころは「かるかや」というのイネ科の植物の根っこや、
和ほうきの繊維を束ねたその名も「うづくり」という道具を使って加工していたとか。
主に、やわらかい杉や桧に用いられる加工。
浮造りをすると立体感がうまれて、目でも手でも無垢の木の味わいがより楽しめます♪
昔からある意匠ってほんとに無限!!
なぜ木をブラッシングしようとしたんだろ…
発酵した大豆を食べて納豆を発見した人と同じくらい不思議!!
tama

高島平の家:上棟1

カテゴリー: 家づくり2006〜2007

初日、青森ヒバの土台据えを手伝うお施主さんのお父さん 

2日目、通し柱は180mm角
2日目、やといホゾに車知栓
2日目、栗駒での森林教室で伐倒した杉が棟木として現場に搬入されました。8メートル240mm角、お施主さん家族が選び、目の前できこりさんが切り倒した杉、山と現場がつながりを持っていることを実感出来ました。
2日目の仕事終い、明日はいよいよ上棟です。見学ご希望の方は事務所までお問い合わせしてください。