ブログ
2006年11月30日

秋のくりこま森林教室レポート7

カテゴリー: 森林教室

森林教室の最後は、もうすっかりお決まりコースの栗駒木材さんの工場見学。

駒五郎さんに連れられて、チップ加工場からくんえんガマ、製材風景まで見学。
くんえん窯の前には、この冬からはじまるHさんの家の材料がありましたよ!
Hさんご夫妻と、駒五郎さん、直井と4人でパチリ☆

しかし1時間かけて工場内をまわるはずが、またもや時間が押しまくり!!
競歩で敷地内を見学し、駆け足で新幹線の駅へ向かった一行なのであります。笑
嵐のようにみなさんが新幹線へ乗るのを見送ると、
エコ花の4人は駒五郎さんに連れられて、仙台にある住まいの風工房さんの「将監モデルハウス」を見学させていただきました!

(あっタオルを首に巻いたうちの社長が写っちゃった!笑)
こちらのモデルハウスは田中敏溥さんの設計、住まいの風工房さん施工の家です。
う〜〜〜ん。デティールまで本当に勉強になります。
線という線が計算されつくされてて、ウツクシイ!!
そしてこだわりっぷりが本当に細部まであって、ひたすらヘェ〜!うわぁ〜!と繰り返すtamaでありました。
tamaは個人的にここのキッチンがかなり好き☆

そして、仙台駅で本場の牛タンを食べて、お腹も心も満腹で、新幹線にゆられながら帰路に着いたのでありました。
何回いっても新しい楽しさのある森林教室、何度入ってもおもしろいゆたかな森、
やっぱり自然とともにあるのが、いちばん人間らしく、心もゆたかになる気がします。
今回も非常に勉強させていただきました!
そしていつも住まいの風工房のみなさんにはお世話になります。
ありがとうございました。
また春の森林教室が楽しみ!!☆
―おわり―
tama

2006年11月28日

お酉さん

カテゴリー: ご近所




今年は三の酉まであるおかげか、去年よりスムーズにお賽銭を投げられました。
お酉さんの熊手は毎年どんどん大きくしないといけません。
エコ花は今年は七福神のいる熊手を買って商売繁盛をお祈りしました。
ちなみにお酉さんといえばtamaはベビーカステラ!!

おいし〜☆
tama

酉の市 三の酉

カテゴリー: ご近所


今日は酉の市です。
去年のくまでを持って、いざ浅草鷲神社へ出発!
tama

2006年11月25日

ニューアイテム

カテゴリー: お知らせ

エコ花のショップに、新しい商品が入ってきましたよー☆


くすのき線香、手作りリップクリームや、海綿、泥の“ガスール”などなど
女性にうれしいアイテムが盛りだくさんです!!

オーガニックコットンのウサちゃんもいます☆
tamaはリップクリームと海綿をねらってます。ウフ
tama

2006年11月22日

秋のくりこま森林教室6

カテゴリー: 森林教室

山を降りたら、ランチ会場のブルーシートのはじっこに、きのこが山盛り。

すべて駒五郎さんやしろちゃんが、前日山で採ってきたやつだそう!
へぇ〜さすが山を熟知してる人が採ると、こんなにたくさんの種類と量があつまるんだー。
さっそして!そのブルーシートに座って、森林教室恒例になってる“風工房さんお手製のあったかランチ”をいただきます!
今回は具沢山のきのこ汁〜☆
(※また写真撮り忘れました・・汗)
気持ちのいい青空の下、山歩きしてくたびれた足をすこし休めて、次の目的地へ。
風工房さん施工で今年竣工した「土川の家」を見学させていただきました。


風工房さんも栗駒の木々をふんだんに使った家づくりをしています。
木材以外もエコ花とかなり近い材料をつかっているのに、設計者、作り手が違うと、こんなにも雰囲気が違う!
土川の家の設計は吉田桂二さんです。
間取りはもちろん、手摺や枠材のデティールのデザイン、扉の厚み、カウンターの高さなどなど、どれをとっても普段見ているエコ花の建物とは違って、とても新鮮で勉強になりました。
しかしnecoさんと2人、スケール片手に1階をじっくり見すぎて、2階に登る前に集合の声が!!
慌てて2階を駆けめぐり、おかげでろくに写真も撮れませんでした・・・トホホ
-つづく-
tama

2006年11月21日

エコ花というお店

カテゴリー: 徒然・農園

エコ花リニューアル以来、お客様のご来店が増え、ありがたいことでございます。
最近初めてご来店いただいたのに、すでにリピーターになってくださった方。
「いい店なんだから。私これ使ってるのヨ」と、自慢げに友達をつれてきてくださる方。
恥ずかしそうに入ってきて、店内を遠慮がちに見ているので、声をかけてみたら、
嬉しそうにお話を始める方。
足が不自由なのに、杖をついて、「テレビで見て木が懐かしくて来てみたくなった」と、
遠くから来てくださる方。
小学生の女の子、限られたおこずかいで、木っ端やヒノキのチップを買いに来てくれて、
「前はここで木を切って何か作っていたのを、ずっと見ていて、入ってみたかったけど
入れなかったの」と勇気を出して話てくれたり。
木杓子や櫛、ちゃぶ台を見て「あらー懐かしいわねえ、昔はねえ・・、」と
どのようにその道具を使っていたのか教えて下さる方。
実に色々なお客様がいらっしゃいます。
こちらが手作りのものたちの物語、自然素材についてのお話をすると
お客様のお顔がパッと輝くのが分かります。
そしてお客様からも貴重なお話を聞かせて頂くこともよくあります。
エコ花のこだわりが伝わった時、「看板娘の醍醐味って、コレや!」と思います。
(注:「娘」という歳ではありませんが・笑)
作り手、使い手、伝え手の輪が出来た時。
その輪がさらに広がった時。
エコ花のこだわりに携われたことを幸せに思える時です。
そして、夏の暑い中、お店を大工さん、職人さん、エコ花スタッフで
汗ダラダラかきながらがんばって作ってよかった!
自然と人の和。
人と人の和。
最近、大切なことって、それだけなのかも、と感じます。
エコ花のお店は大切なものを繋ぐ空間でありたいと思います。
KAYO

とある下町の風景

カテゴリー: ご近所

エコ花の近所の郵便局へおつかいに行くと、必ず通る場所。
その名も「廿(二十)世紀浴場」


なんて壮大な名前!内部は詳細不明。入ってみたいけど、こわいような・・・・
郵便局の目の前の路地。

下町三ノ輪にも高層マンションが乱立する今日このごろ、
(↑うしろに大きなマンションが写ってます。見えるかな?)
まだこういう路地が昔のまんま残ってます。


木製サッシの玄関引き戸で、物干しも木製。
tama的には、ピカピカの新築マンションよりも、こっちの方が魅力を感じますなー☆
tama

2006年11月17日

秋のくりこま森林教室5

カテゴリー: 森林教室

キノコ以外にも、山には楽しいことがたくさん!

あちこち寄り道しながら、わいわいガヤガヤ一行は進みます。
こちらは垂直ににょっきり曲がった枝!
なんでこんな生え方したんだろ?摩訶不思議です。

ガッツポーズに見えるのはあたしだけ?躍動感ある木ですねー

名前を忘れてしまったキノコ。
それにしても生えたあとの穴がグロい・・・!!

まつぼっくりを撮ってるnecoさんを撮ってみました。

新しい命も芽吹いてます。

そして散策のあとはキノコ汁♪
お腹すいた〜〜と、駆け足で山を降りる一行です。

-つづく-
tama

2006年11月16日

木っ端のゆくえ

カテゴリー: 徒然・農園

エコ花の刻み場からは、毎日いろんな木っ端が出てきます。
塊だったり、薄い板だったり、積み木みたいに小さくて三角や四角のもの。
時々刻み場に潜入しては、木っ端を拾い集めているKAYOを見て、大工さんは
「そんなの欲しいっていう人いるの?」と聞きます。
家の材料としては使えなくなってしまった端っこの木。
それを木っ端コーナーに置いておくと、第二の使い手としてご近所さんが
家に連れ帰ってくれます。
必要な長さにカットした紐を持ってきて、木っ端に当ててサイズを確かめたり、
板を組み合わせて唸ってみたり、匂いを嗅いだり。

その使い道は皆さん色々で、おもしろいので、尋ねるようにしています。
「雨よけに」
「植木をならべるのに」
「モノ入れ籠の下におけば、通気になるから」
「子供の積み木にちょうどいい」
「小物入れを作るの」と小学生の女の子。
ある時はお母さんが「これを85.5センチに切ってください」とおっしゃるので、
用途を聞いてみると、「子供が押入れを開けてはイタズラするから、
開かないようにしたいんです」と真剣です。
またある時は、おじさん二人が木っ端コーナーで真剣に語り合っているので
声をかけると、お一方は木で切文字を作るお商売の方、もうお一方は昔、
和食の料理人だった方。「おれの木のこだわり度」を競い合っておられました(笑)
こうして、皆さん一生懸命考えて木っ端を連れ帰ってくれるので、
最後の最後まで端っこでも木は自分の使命を果たすことができます。
続々と木っ端を連れ帰る人たちを見て、大工さんが、
「今度、いい木の端が出たら、持ってくるよ」と言ってくれるようになりました♪
KAYOも木っ端でこんなもの作ってみました。
↓お店カウンター用「お勘定」ボード

↓お店入り口「商い中」看板

KAYO