ブログ
2011年4月27日

加湿器

あたたかくなってきて、雨も降ったり、ショッピングセンターの特売コーナーの目立つところには雨具が出ていたり、そろそろ梅雨の準備かな。と思います。
そろそろお役目の終わりかな。と眺めるのは、わが家加湿器。

冬の電気屋さんには色々な加湿器が並んでいて、それぞれに特徴があり結構迷いました。
予算ない・デザイン重視のものは掃除大変そう・機械で管理しているのは壊れやすそう・でかいのは保管時に邪魔・超音波、スチーム、ハイブリッド?・・・。
私には加湿器は買えない・・・
挫折しかけたそのとき、この子を発見!
加湿能力少ないですが、使い方は容器にフィルター(不織布)を入れてを水を注ぐだけ、電源は必要なし。
そんなこんなでこの冬を快適に過ごせました。
お客様へ家をお渡しするときに必ず伝えるのが、
「木の家は乾燥します。
木の吸湿性能は抜群!夏は快適に過ごせます。
その代わり、冬に乾燥しますので加湿してください。」
ということ。
身近に分かりやすいのが、床板の継ぎ目です。
↓冬の乾燥した時期の床板の様子。

↓最近の床板の様子。
継ぎ目が見えなくなりました!

木材が伸びたり、縮んだり。
傷ついたり、色が変わってきたり、足の裏で感じるぬくもりを毎日味わえるって素敵だな。
と思います。
zou

2011年4月26日

散歩道での発見。

カテゴリー: 徒然・農園

あたたかい日差しに誘われてお散歩日和の日が増えてきましたね。
そしてくしゃみをしながら、公園をてくてく。

葉っぱが落ちて、落ち葉がきれいに掃除された芝生の上で、
ふと足元を見るとイガイガしたものを発見!

鈴懸の木 (すずかけのき) の実だ!
名前は、実の姿が山伏が着る「篠懸(すずかけ)」についている房に似ていることから名づけられたそうです。
・・・だと思っていましたが、
調べてみると
楓(ふう)、または紅葉葉楓(もみじばふう)の実でした![#IMAGE|S5#]
あちゃ〜!!
いろんな人に言いながら配っていました!すみません!
面白いことに
少しだけ拾って帰ろう!と拾い出したら、もう止まらない!止まらない!
エコバックの中に詰められるだけ入れて、お宝発見した気分で大満足。

使い道はこちら!
こちらの鉄板の穴からは、草が出ていてハリネズミのようです。
思わずカメラでパシャリ。

名も知らない花々もきれいだな〜。

ちょっと前まではあまり気にしなかったふるさとの景色を目に焼きつけようとする自分に気づきました。
この景色は今の瞬間だけ。
この後はまた移ろいゆくことを楽しみにしつつ、
いつまでも美しくあって欲しいと願い、不安もわずかに感じる今日この頃。
zou

2011年4月25日

これはなんの花でしょう?

カテゴリー: 徒然・農園

早速、問題です!
これはなんの花でしょう?
バラかな?

星かな?

正解はチューリップ!

ちょっと簡単すぎましたか。
去年のチューリップの様子です。
去年と同じく、黄色のチューリップが一番先に咲いて、
他のチューリップが後を続きます。
それぞれがきれいで見ていて楽しいですね[#IMAGE|S56#]
zou

2011年4月19日

日野の家:完成!

カテゴリー: 家づくり(日野)

お待たせしました!
日野の家完成の様子です。
1階部分、南に面した開口部からは障子の和紙を通してあたたかな日差しが室内に届いています。
杉の木の色と漆喰の白のコントラストが綺麗です。

和室は、大工さんの腕の見せ所。
床の間の造作もきっちり仕上がっています。

階段からも日の光を取り入れられるように計画しています。

瓦屋根の和風の家、完成です。

お施主様大変お世話になりました!
今後ともどうぞよろしくお願いします。
スタッフ、職人一同より

2011年4月16日

春の農園

カテゴリー: 徒然・農園

芽が出てからのチューリップ情報です。
無事に花が咲きました!でもその花が咲くまでは色々事件が!
芽が出始めたその後、↓よく見てくださいね。

よく見ると・・・球根が土から出ています。なぜ!
奥のほうに見える白いものも球根です。
↓拡大するとこんな感じに!
まるまる全体が出てきており、土が減ったかな?と思い、球根を再度植えなおしたり押し込む日々が続き、
不思議でたまりませんでした。

押し込んでもまたしばらくすると出てくる・・・。
まるで自分から出ようとしているみたいとsaiさんが球根の様子を絵で描いてくれました。

なんとも力強い!
ちょっと失礼して取り出してみてようやく、根っこが押し上げていたのだと分かりました。
かぶせた土が少なかったようですね。生命力に溢れています。

その後は無事に開花!!
元気な黄色です[#IMAGE|S56#]

人参も一緒に葉が出てきています。

小さくて〜も人参♪

zou

日野の家:途中経過

カテゴリー: 家づくり(日野)

室内工事の様子をお伝えします。
↓床暖房の施工状況です。
白の部分が断熱材です。銅色の管の中を温水が流れてパネルを温めます。

2階の床は唐松です。オレンジ色に近く明るい色の木材です。
茶色の部分が外貼り断熱材のフォレストボードです。
原料はバージンパルプと杉の樹皮、そしてボード形成に必要な接着剤はコーンスターチ(トウモロコシのでんぷん糊)を使用しています。
資源を無駄なく使いきり、土にかえることのできる断熱材です。

室内側にウールブレスを充填して、石膏ボードを貼り、クロスで仕上げます。
次回は完成のご報告をします!
zou

2011年4月15日

日野の家:家づくり途中経過

カテゴリー: 家づくり(日野)

日野の家の工事経過をご報告!
瓦施工の様子です。
瓦は、三州瓦(愛知県西三河地方の粘土瓦のこと。石州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つです。)のいぶし銀を仕様としています。
本体側には板金で水が入らないように処理をしています。
施工方法は、桟瓦緊結法です。
葺き土を用いずに瓦の釘穴を利用して瓦桟に固定する方法のことです。
土が無い分屋根を軽くすることができ、桟に瓦を直接固定できるため強固なつくりとなっています。
いぶし銀は日本家屋にとても合う、落ち着いた色ですね。

屋根を室内から見るとこんな感じになっています。

現場の大工さんの様子です。
外部の足場にシートがかかっているため現場は少し暗くなっています。
とても丁寧な仕事をしてくれる大工さん達。

次回は室内の工事をお伝え致します!
zou

2011年4月13日

木造住宅のリフォーム

カテゴリー: リフォーム


一戸建ての大規模な増改築の場合建て直しなのか、リフォームなのか悩みます。
この現場では小屋組みまで全て解体して新たに赤松による小屋を組上げていきます。
外壁も当然解体してゆき、残るのは一部の外壁とサッシと基礎と外部排水管。
手壊しにより丁寧に分別され処分処理され、生かせるものは再利用し
これから無垢材によるリフォームが始まります。
gondawara

2011年4月11日

冬来たりなば春遠からじ

東京ではサクラが葉をのぞかせ始めています。
例年ならば今の季節、そわそわと浮かれているはず。
でもまだ気分は冬



ここ、舘岩の家も
そして日本の気分もまだ春は遠い
でも、少しずつ春が近づいている。
gondawara