ブログ
2011年11月30日

完成見学会のお知らせ!!in足立区

「こどもたちと育つ家」足立区
12月10日(土)1時〜3時
先日は構造見学会にお越しくださりありがとうございます。
今回は完成見学会のお知らせです。
完成見学会は、’暮らし’を実感できる貴重な機会です[#IMAGE|S58#]
仕上がりの雰囲気も味わえ、自然素材でつくった家を
まさに’体感’できます。
羊毛断熱材で囲まれ、冬場もほっこりした暖かさ。
通気層により外気の流れをつくり、室内の蒸気を放出すように工夫した、さらっとした空気。
無垢材の木のにおいに包まれるリビング。
やわらかい日差しが降りそそぐ吹き抜け。
[#IMAGE|S72#]心地良い、空間に是非お越し下さい[#IMAGE|S72#]
ご家族1世帯にちょうど良い延べ床約34坪のおうちです。
リビングからは、施主様が切り倒した思い出がぎっしり詰まった太鼓梁が見えてきます。
家の中心に見えてくる迫力ある太鼓梁、南に面する吹き抜け、ご家族の明るい声が聞こえてきそうです[#IMAGE|S1#]

私たちは【国産無垢木材にこだわる家づくり】をしています。
また、身体に害の無いものを求めて標準仕様としているため、
施工している職人はもちろん、
このような見学会のときにも空気は新鮮です。
毎日を過ごす空間となる、【すまい】。
お子様の成長の場であったり、家族の団欒の場であったり、
そんな空間を創造する【すまい】が何でつくられているのか。
’素直なエコ花の家づくり’を見ていただきたいな!
その気持ちでいっぱいです[#IMAGE|S56#]
※見学会の参加費はいただいておりません。
※見学会後の無理な営業等はしておりません。
みなさまお誘い合わせのうえぜひご参加下さい。
お申し込みはこちらからどうぞ!

※ご参加のお申込みをいただきましたら、現場へのご案内図をお送りするためにご連絡先をお伺いいたします。
ご参加お待ちしております。
zou

2011年11月29日

玄関庇のコーナー⑥

カテゴリー: 家づくり

なんと!
玄関庇コーナーは⑥で一旦終了します。
本日のはエコ花の施工例ではない庇たち。
↓根津美術館の通路部分。
美術館へのウキウキ感が湧き出るような、
気分が静かになっていくような、
美術館へ入るまでの心の準備体操的な空間ですね。

↓明治初年の建物です。
板を配置しているので垂木が無く、桁も腕木も細く簡素なつくりが素敵です。
明治村に移築保存してある幸田露伴の住宅、蝸牛庵です。

↓もはや庇ではないですが・・・。
アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計され、大正12年(1923)4年間の大工事の後に完成した帝国ホテルの中央玄関部部分です。
こちらも現在明治村に移築保存されています。
立派なホテルの’顔’ですね。

↓下屋の屋根と店先の庇が一体しています。
川越の蔵の町に多いつくりです。
瓦の重厚さに負けないくらい垂木もどっしりしています。

↓庇は木や石だけではないですね。
色のチョイスが素晴らしい!

紹介しきれなかった庇さん達ごめんなさい。
また違うコーナーも開催したいですね〜。
zou

2011年11月28日

玄関庇のコーナー⑤

カテゴリー: 家づくり

今回はエコ花施工だけど、設計は他社の設計事務所さんの庇たちをご紹介!
↓ガルバリウム板金の庇、瓦棒は丸面で仕上げいます。
大工さんも板金屋さんもひと工夫の加工をしました。
優しい印象ですね。

↓外壁に接する側板部分を広くしていないので、すっきりしたデザインの庇です。
’線’が強調されてシンプルですが、凛としたたたずまいです。

↓外壁と同じ色の庇です。
庇の存在感を消すことで、玄関戸が生き生きして見えますね。
↓こちらは、近所で見かけた玄関庇です。
庇の上には2階エアコンの室外機を載せています。
おぉ働き者庇さんでしたか!

zou

2011年11月26日

玄関庇のコーナー④

カテゴリー: 家づくり

まいどおなじみになりました、みんなの玄関庇コーナー!
わ〜わ〜[#IMAGE|S58#]
みなさまからのコメントがわんさか・・・ではなく、なぜかエコ花スタッフが、
わ〜わ〜[#IMAGE|S58#]現場当てクイズとして楽しんでいるコーナーとなりました(笑)
そして、「ここも載せて」とのご要望もいただきましたので
今回は分類分けせずに番外編として一つ一つご紹介します。
↓横に長い庇は、外壁とセットにデザインされています。
門や目隠し、ポストやインターホンの壁、外壁など盛りだくさんの機能してついているものの、一体感がありますね。

↓バルコニー+縁側に囲まれた働き者庇!
しかも、柱と腕木の両方が使われています。
玄関上部分は腕木にして、入口の出入りが楽々に!
縁側部分は柱で支えることで、庇の出を十分に確保することができました。

↓現場監督が、「この庇は立派だぞ!」と鼻息荒く紹介してくれた庇さん。
実は、この現場に限らず、今まで紹介してきた庇達に対して、監督さん達紹介されてにんまり顔なんです。
どのすまいも大切な宝物!

↓駐輪場もかねている庇です。
瓦が海の波のようですね。

↓庇の反対からも腕木が出ていて、少し珍しい形となりました。
ガルバリウム板金の外壁から出ている木部は目を引きますね。

次は⑤をお楽しみに!
zou

2011年11月25日

玄関庇のコーナー③

カテゴリー: 家づくり

玄関庇紹介も③に突入!
まだまだ続く、みんなの庇コーナー!
↓玄関庇を柱で支えているパターンをいくつかご紹介!
こちらは純和風の庇。
丸太の桁(垂木を支える横架材)・柱がやさしい印象ですね。
屋根の厚みを薄くして軽やかに見せているところもポイントです。

↓柱を立てています。
玄関の奥行きを出したいときは、柱を立てるのが有効です。
持ち出しの庇の場合、自重や積載荷重(雪など)の関係でのばせる寸法が限られてきます。
柱の有無で、庇部分が建築面積に算入されるか否かが変わってきます。

↓玄関外に広々空間が確保できました。
カッパを脱いだり、雨の日にとても役立ちそうですね。

↓柱と腕木の組み合わせ。
自然の曲線を生かした腕木材が家の顔を彩っています。

↓びっくり!庇紹介コーナーなのに、庇が無いパターンの紹介です。
ちょうど2階の床下にある玄関のため、庇がなくても大丈夫!
まさに一石二鳥。

↓こちらも同じく庇が無いですが、
外壁との取り合いの部分を雨仕舞いのため、少し外壁よりも外に出しています。
その部分が庇に見えますね。

まだまだ続く庇コーナー!④もお楽しみに!
zou
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。

2011年11月24日

木のある暮らしセミナー「人とすまいと木と自然」

カテゴリー: お知らせ

昨日開催した、木のある暮らしセミナー「人とすまいと木と自然」
にご参加くださったみなさま、大変ありがとうございました。
前半は、家の作り手からの視線でエコ花の直井のお話から。
日本の家づくりの移り変わり、今後の家づくりとは。
合板の家と自然素材の家について。
材料や生活、世界の家づくり・・・。
リフォーム工事で剥がした壁の中が真っ黒カビだらけの写真に
聞き手からは「ヒェー」の声があがったり。
家の材料だけではなく、身のまわりの生活用品のなかにある化学物質の話に、みんな自然と’うんうん’とうなづいて話しに没頭!

後半は、山を育てている栗駒木材の大場さんからのお話です。
木を育てる→山を育てる→地域を活性化させる→日本が豊かになる→
地球と共生するということ。
生き物と向き合う仕事をしているしているからこそ、その生活から遠ざかっている都会の人と自然のあり方に、率直な議題と要望を投げかけてくれました。
被災地である宮城の状況の話では、
それをただ悲観するわけではなく
「’今’何ができるのか。」を考え行動に移す大場さんの生き方や
広い視野で未来を見据える考え方に、
引き込まれあっという間に時間が過ぎてしまいました。

話し手も聞き手も一体になり、熱中してしまい
最後のほうは、時間が足りないくらいに!
講師の直井さん、大場さん、充実した講義をありがとうございました。
↓おまけ写真!

エコ花スタッフの会場準備中のなごやか風景ショット[#IMAGE|S58#]
あんまりにも仲良しな感じがほほえましかったので、思わずパシャリ!
zou
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。

2011年11月23日

玄関庇のコーナー②

カテゴリー: 家づくり

はてさて玄関庇コーナー②です。
早速ご紹介!
↓前回とは一風変わって、腕木や垂木が見えない庇です。
なぜなら・・・、庇下に照明が取り付いているから!
ダウンライトを設置しているため、庇下にふところが必要となります。
洋風な感じがしますね。

↓こちらも垂木無しのすっきり庇!
バルコニーと玄関とシャッターサッシとが絡んでおり、
現場監督が、納まり検討でかなり悩んだそうです。

↓玄関ではありませんが、おかんの家の勝手口もすっきり庇です。
勾配があるため、↑の例よりも横材が大きく見えますね。

↓家の間口いっぱいが庇のおうち。
掃き出しのサッシ・玄関・土間、
すべての入口の庇をまかなっており、
さらにバルコニーを支えている働き者庇です。

↓こちらも働き者さん!
縁側・玄関の雨よけ、バルコニーを支える床としての機能を発揮しています。
たくさん並んだ垂木が見えてかわいらしいですね。

↓下屋の屋根を伸ばして、
玄関庇としたおうちです。
瓦屋根となっています。

色々な庇がありますね。
これらの庇のデザインは、
・必要とされる機能
・設置する場所
・規模や支える荷重よる部材の検討
・その家の雰囲気に合うものかどうか
などを考慮して決めていきます。
それぞれデザインが異なるのは
世界でひとつのすまいだからなんですね[#IMAGE|S56#]
③へ続きます。
zou
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。

2011年11月22日

玄関庇のコーナー!①

カテゴリー: 家づくり

本日からしばらく、玄関庇のコーナーを開催します[#IMAGE|S72#]!わ〜わ〜!
簡単に説明しますと、ただひたすら玄関庇を紹介していくというコーナーです。(びっくり、題名そのまま!)
拡大した写真であったりするため、画像が粗いものもあります。
↓おかんの家、垂木(屋根材を支える、等間隔に並んでいる部材)を
猿頬面取りの加工で仕上げています。
猿頬面取りって?とよく見えないので気になる方は、
さらに下の写真で要チェック!

↓こちらは垂木ではなく、腕木(右下の壁から出ている部材)を
猿頬面取りの加工で仕上げています。
四角の部材の2つの角を斜めに加工しています。お猿さんの顔のような面のとり方ということですね。
細さを見せることで、シャープな感じになります。

↓装飾がなくすっきりした、機能美を生かした形です。
庇が横に長く、小さめの垂木の並びが軽やかに見えます。

↓招き屋根の形状をしています。
切妻屋根の片方の傾斜が短いものです。招く手の形のようです。
「への字」屋根と呼ばないところが粋なのでしょうね。
雨仕舞いの関係から、このような形にしました。

↓立派な腕木が屋根を支えています。
部材が大きいと、やわらかさ・ふくよかさの印象が強くなりますね。

↓下屋の屋根との納まり上、
引き戸の出入り口部分のみに庇を設置しました。
入隅にあるため、腕木が1本です。
白っぽい外壁・ドア・照明の中にあると「木の家」という印象が出ますね。

②もお楽しみに!
zou
●木のある暮らしセミナー「人とすまいと木と自然」申込み受付中!
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。

2011年11月20日

紅葉

カテゴリー: 徒然・農園

ようやく寒くなってきました。
昼と夜の寒暖の差が激しいほど綺麗な紅葉になるとの事ですが、
今年はどうでしょうか。


すべて紅色もきれいですが、
緑や黄色や色んな色が混じっている変わり目の時期が、お気に入りです。
zou
●木のある暮らしセミナー「人とすまいと木と自然」申込み受付中!
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。

2011年11月19日

農園拡大中!

カテゴリー: 徒然・農園

やった〜!!ただいまshop前のzou農園拡大中!
作業員さんも2人GET!
耕す機械もGETしました!
歩道を占領し、車道までいただきました[#IMAGE|S58#]
みなさん、農園を増やしてくれてありがとう[#IMAGE|S56#]
土が大事なのよ!土が!

・・・ではなく、道路工事の作業中でした。
一緒に喜んでくださった方々、すみません。
工事の方々、一瞬だけでも夢を見させてくれてありがとう[#IMAGE|S56#]
zou
●木のある暮らしセミナー「人とすまいと木と自然」申込み受付中!
●ただいま構造見学会も受付中!お気軽にご連絡下さい。