ブログ
2012年7月28日

夏と障子

カテゴリー: 未分類

夏になると、西日が照りつける僕の席ですが、
先日設置した『障子』のおかげで、今年は至って快適です。

障子を開けた状態で感じていた熱は、閉めることによって、ほとんど感じなくなりました。
障子とガラスの間にある空気層が断熱の役割をし、冷房の効きも良くなりました。

また、和紙は光を拡散させる性質をもっているので、
強烈な日差しが穏やかになったように感じました。
夏に障子は良いですね!
yuu

2012年7月27日

お引っ越し前の完成写真

素敵な家具が続々と運び込まれているようですが、ひとまず引き渡し前の写真をご覧ください。






エコ花で制作したテーブルやテレビ台が入った写真は後日アップします。
naoi

2012年7月23日

水まわりリフォーム

カテゴリー: 未分類

マンション水まわりのリフォームです。
Before
在来の浴室をユニットバスに変えたいというご要望でした。

ユニットバスにするためには、下のように配管スペースを設けなければならないんですが、
そうすると、ドアに右上の梁が当たってきてしまうので・・・

After
出入口の位置を変え、なんとか納まりました。
壁を壊したので、一緒に洗面脱衣室もリニューアルし、清潔な水まわりになりました。


yuu

2012年7月19日

水廻りリフォーム

カテゴリー: 未分類

戸建住宅の水廻りのリフォームです。
奥に見えるのが、床・壁共にタイルで仕上げられた、
いわゆる、在来工法のお風呂です。

今回はこの浴室を解体し、既存より広めのユニットバスを設置します。
洗面脱衣所も同じく解体し、新たな空間に生まれ変わります。
木製の洗面台や腰壁があり、温もりのある空間になりました。
床はコルクタイルで仕上げています。
ユニットバスと脱衣所の床の段差も解消されて、使い勝手もよくなりました。
sato.

2012年7月18日

LCCM住宅

つくばの建築研究所にあるLCCM住宅に行ってきました。

LCCM住宅とは
住宅の建設時、運用時、廃棄時においてできるだけの省CO2 に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2 排出量も含め生涯でのCO2 収支をマイナスにする住宅として提案されたものです。

建物には大小さまざまな工夫がされています。
日中できるだけ電気を使わないように自然光を取り込む工夫

ルーバーの建具の開け閉めによって四季を通じての衣替え

空気の流れを作り出す換気塔

太陽光発電パネルや太陽光集熱対応型ヒートポンプ給湯器など、自然エネルギーを
アクティブに利用する装置も整っています。

すべてを採用するのは難しい面もありますが、今後の設計業務にも生かせそうです。
saki

2012年7月16日

大 黒 柱

ここ舘岩は日中は東京と変わらぬほど熱いけれど、明け方は毛布を手繰り寄せ縮こまるほど冷え込みます。
今日は、建主さまと大黒柱を選びに来ています。


桧、クリ、セン、ニレ、オニグルミ、トチ、サクラ、ミズキ・・・・・
通し柱の5寸~尺二寸角の中から
八寸位がちょうど良いのではと強くお勧めいたしますが・・・・・・
皆さまお越しになられる方々は、より太〜い材料にしか目がいかなくなります。
HさんもOさんもMさんもKさんも・・・・・・・・・
歴代の建主さまと同じくTさまも広げた材料の太い奴に目が釘付け
一晩ゆっくり考えてとアドバイスいたしますが
一目ぼれして頂きました。1枚目の写真の上段のクリに決定
五右衛門ぶろのあと囲炉裏で差し入れたいただいた、お酒を飲みすぎたのはいつものことでした。

珍客「??」どうも飛べないようでした。
naoi

2012年7月10日

驚きの場所で木製建具を交換してきました

カテゴリー: リフォーム

今日はよ~くある木製建具をやめてアルミサッシに帰るお話。
雨戸、ガラス戸、障子・・・古き良き日本の建具。
防火上、気密性、防水性などなどの問題からアルミサッシに取り替えるお仕事をずいぶんといたしました。
木造家屋で!!
とある場所でお客様と待ち合わせして向かったのはマンションの上層階

あらま〜おしゃれじゃない木建てで内開き戸をサッシの室内側に内建具にしてるんだと思いました。
ふ〜んなになにとバルコニーへ

え〜ガラり雨戸が木製??ということは
ここは23区内で防火地域でえ〜と・・・・新幹線も見えてるし
リニューアルしたきれいなマンションですけれど
こんなこと初めてです。
あ〜してこ〜して、手慣れたものです
あっという間にアルミサッシに交換終了


ここだけ時間が止まっていたかのような景色が、動き始めました。
もう開き戸を紐で結わなくて済みそうですね。
naoi

2012年7月9日

木製建具の出窓の工事中

思い立って縁もゆかりもない会津の山奥に居を構えて10年
雨露がしのげればそれでいいからと4間×4間の小屋をたててから
ずいぶんと変貌を遂げています。
施主の立場ではずいぶんとだらしのない
職人泣かせのことを続けています。
(最初から計画しておけば、もっと先の暮らしを、後からだと倍手間がかかる・・・・・)
そうです、また壊して何かをやり始めました。

吹き抜けに渡り廊下らしきものを、
そして光と風をと出窓を

10年目の夏は囲炉裏でBQしても2階の部屋に煙が回らなくなるかな?
今年も夏の林間学校を企画しています。
縁のあった方、これからつながる方、田舎の当たり前の暮らしを体験しませんか
かまどのご飯、五右衛門ぶろ、焚火、そば打ち、川遊び・・・
大人も子供も一緒に遊びませんか?
naoi

2012年7月7日

塗装ワークショップ

本日、塗装ワークショップを行いました。

柿渋に色んな色のベンガラを混ぜて、塗料を作ります。

調合した柿渋を木製コースターに塗ります。

色の濃淡がうまく出ていますね。

皆さん、結構むずかしい塗り方にチャレンジしてますね。

完成したコースター達です。皆さんそれぞれの個性が出てますね。

柿渋塗りは独特の匂いが克服できれば、とっても面白いです。
次回もお楽しみに!
saki

2012年7月6日

「風の通る木の家」セミナー勉強になりました。

外構の工事は進行中ですが・・・・

お迎えの準備を済ませ、一歩家の中に踏み込むと感じます。蒸し暑い日でしたが肌で感じるさわやかな空気。
自然と流れる風、明らかに湿度が外より低く感じます。

セミナーにはリビングに20名以上集まり発熱量100W×20名=2,000W。電気ストーブ1台MAX相当でしたが自然と流れる調湿された空気と日射遮蔽の効果で過ごしやすくセミナーを受けることができました。
YKKの研究員、白瀬さんのお話もとてもわかりやすく、民家の暮らしを例にとって風を生かす、光を操るお話をいただきました。「風の通る木の家」の開口部の設計アドバイスもしていただいており、健やかな風の流れる中で説得力のあるお話でした。
見学会の最後には「かえりたくな〜い」とお客様。どうぞ良い家づくりができますように。
naoi
竣工写真は後日撮影してきます。