ブログ
2016年11月30日

屋根工事開始

自宅普請中のsakiです。
屋根の瓦工事が始まりました!
地震でも瓦が落ちてこないように引掛け桟葺きの瓦を採用しています。
三州のいぶし銀瓦です。
伝統的な日本の美しい屋並みを作り上げてきた瓦屋根に惹かれて瓦に決めました。

まだまだ工事は続きます。。
saki

2016年11月22日

古都奈良Ⅱ

カテゴリー: 未分類

今朝は福島県沖で大き目な地震がありました。まだ津波や余震の心配がありますが、大きな被害がでないことを祈りたいと思います。

今日は先日書いた奈良旅行の続きで奈良時代に建立された律宗の総本山である『唐招提寺』を少しばかりご紹介させて頂きます。
%e5%94%90%e6%8b%9b%e6%8f%90%e5%af%ba%e3%80%80%e7%9f%b3

%e5%94%90%e6%8b%9b%e6%8f%90%e5%af%ba%e3%80%80%e6%9c%ac%e6%ae%bf
南大門をくぐり正面にある金堂
759年に創建され、江戸・明治に改修そして平成に10年の時をかけ大修理がなされた金堂。900年の長き歴史の凄さを味わい圧倒されます。

%e5%94%90%e6%8b%9b%e6%8f%90%e5%af%ba%e3%80%80%e5%ae%9d%e6%ae%bf
校倉・寄棟造りの宝蔵(ほうぞう)

%e5%94%90%e6%8b%9b%e6%8f%90%e5%af%ba%e3%80%80%e6%ae%bf
日本最古の校倉・寄棟造りの経蔵(きょうぞう)

%e5%94%90%e6%8b%9b%e6%8f%90%e5%af%ba
楼造り・入母屋造りの鼓楼(ころう)
現在は鑑真和上の仏舎利を奉安しているため、「舎利殿(しゃりでん)」とも呼ばれているそうです。 外観は、上下階とも扉と連子窓で構成され、縁と高欄が取り付けられており立派です。

奈良は京都とはまた違った趣があり、いかんせん奈良・鎌倉時代という時代を感じることが出来る旅になりました。

2016年11月21日

変わったホゾ

自宅普請中のsakiです。
本日は少し変わったホゾのご紹介です。正面から見ると普通のホゾのように見えますが、、
img_0147
横からみると少し上向いています。ホゾにつける破風板が重みで下がってきた時
下から見ても透いてみえない工夫のようです。
経年変化を見越した仕事に感謝です!
img_0146%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
この続きの完成形は次回アップします

saki

2016年11月14日

古都奈良へ

カテゴリー: 未分類

11月に入りすぐに同業者の友人達と奈良へ世界遺産見学の旅に行ってきました。
如何せん1泊2日の旅ゆえバタバタではありましたが、何とか行きたかった場所には行ってこれました。
奈良ホテル・唐招提寺・薬師寺・春日大社・東大寺・興福寺そして一番大変だった奈良国立博物館の正倉院展を観覧してきました。
私個人的には世界遺産ではありませんが奈良ホテルには足を運んだことがなかったので特に興味がありました。1909年から営業された木造2階建ての本館は東京駅駅舎を手掛けた東野金吾・片岡安コンビが設計で、建築には当時では破格の巨費が投じられたそうです。その建物は阪神大震災の時も躯体には大きな損傷もなく部分的な補修ですんだと聞いて明治の技術力に改めて感服させられました。
%e5%a5%88%e8%89%af%ef%be%8e%ef%be%83%ef%be%99

本館内部
%e5%a5%88%e8%89%af%ef%be%8e%ef%be%83%ef%be%994
和モダンな照明器具が

ちなみにホテルには宿泊ではなくメインダイニングの「三笠」のランチをいただきに。
%e4%b8%89%e7%ac%a0
平日なのに満席で予定よりも長居をしてしまいましたが心もお腹も堪能させて頂きました。機会があれば今度は宿泊してみたいものです。

神社仏閣では私的には唐招提寺に惹きつけられました。次の機会にご紹介できればと思います。

2016年11月11日

上棟式

自宅普請中のsakiです。
無事に棟が上がって上棟ムードたっぷりです
dsc_0073
棟梁による祝詞奏上です。
dsc_0097
その後は直来(なおらい)で参加者全員で食事をいただきました。
現場で使う厚板を使っての即席の会場です。
息子はもう床ができてる!と大騒ぎしていました。
dsc_0111
上棟式は施主と職人達が顔を合わせる貴重な機会なので、無事に執り行う事ができて本当に良かったです。
これからは屋根工事へと移ります
saki