ブログ
2017年12月28日

仕事納め

カテゴリー: 家づくり

松戸の家
荒壁部分、塗り終わり
写真 2017-12-27 14 48 51
仕上側、取り忘れた!
写真 2017-12-27 14 52 15
葉山の家
例の丸窓、造作完成
DSCN6718
松戸に比べ荒壁の乾き具合が格段に速い
DSCN6722
年始からの外壁仕上げを待つ
DSCN6716

年賀状もプリンターと格闘してやっと終わり
工場の掃除も終わり
年内は今日で仕事納め
年始1月8日月曜日が仕事始めです
皆様よいお年を!

naoi

2017年12月26日

丸窓

カテゴリー: 家づくり (一色)

木の仕事で丸く加工するとしても、角を丸くするぐらいで木を円にすることは滅多に行いません。
今回は直径600mmの丸窓の枠
3mm厚に加工した杉板を煮る
写真 2017-09-28 17 35 03
工場で試行錯誤しながら一応の完成(2個目にしてまあまあ丸くなった?)
ところが
現場に持ち込むと親方から簡単に却下(底板付ければ、これでお盆が2個になった)
業を煮やした親方自ら加工を始めました(はいはいすいませんね!私の2日がお盆2個)
DSCN6707

DSCN6709

DSCN6712
私のバームクーヘン作戦ではなく、杉板ももっと薄くしてかつら剥きの逆進行バージョンで開始
完成を待たずして現場を離れましたので次回の完成品を楽しみに!
DSCN6704
造作が完成しましたので塗り残った荒壁もこれで完成
DSCN6710
あ~早く足場を外したい
DSCN6711

naoi

2017年12月20日

竹木舞

今年の12月は例年より寒くて体調が追い付いていきません。しかしまだ冬の入り口かと思うと一層・・・しんどく思ってしまいますが何とか頑張っていきたいと思います。

今日は松戸の家の様子をお伝えします!
土壁で仕上げる和室の左官下地工事が始まりました。
P1160333
P1160334
間柱・筋交いそして羊毛断熱材のウールブレスが充填された壁に間渡し竹が取り付きました。
この後木舞を組んでいきます。
写真 2017-12-19 13 25 55

写真 2017-12-19 13 26 06
細く丸い間渡し竹にシュロ縄で木舞竹がきっちりと編まれています。この後の工程もまたお伝えする予定です。
あと上記写真に写っている棟木(屋根の頂上部)は建主さんが栗駒山で伐倒し製材した木材です。ずっと目に触れる構造材なので何かの折に思い出して頂けたらと密かに願っています。

oh-oh

2017年12月1日

今年の熊手

カテゴリー: ご近所

昨日は浅草鷲神社の『酉の市』に行き、毎年恒例の熊手を買って商売繫盛を願ってきました。今年は12年に一度の酉年、そして三の酉だったせいもあるのか、お参りの列がピタッと動かず境内に入るのに凄く並びました。
お酉さん

頑張って手にした今年の熊手は
熊手アップ
鶴、おかめ、鯛や小判など目出度い物のオンパレード。商売繫盛!!
早速エコ花の定位置に飾りました。
熊手JPG

今日はもう一つ『お箸』の話しを。
先日あるお客様から電話をいただき、「お宅のお店に丸い箸は置いてますか?」との問い合わせでした。よくよくお話を聞くと、ご友人が2か月ほど前に当店で丸い箸を購入されたとの事。ここで私は慌ててお店に確認に。確かにありました。
箸
写真では解りにくいかもしれませんが、お箸の上から口に入る先端まで角がなく丸みがあるんです。そのことをお伝えしたらなんと埼玉県和光市から電車を乗り継いでお箸を買いに来て下さいました。
このお箸は福島県南会津で木彫りの器やお箸などの作品を作っている漆職人でもある藤原啓祐さんの物です。お客様は箸の角ばったところが手の指に当たって気になって、ずっと丸いお箸を探しておられたとの事。「全部丸い箸って本当に無いんです。」と仰ってました。藤原さんの作る物は優しい手触りなので今回のお客様にぴったりでした。
朱色のこの箸は完売してしまったのでまた藤原さんにお願いする予定です。
和光からありがとうございました。