ブログ
2018年3月30日

一色の家のこだわり

カテゴリー: 家づくり (一色)

桜の花もちらちらと落ち始め、東京ではこの週末が桜の見納めになりそうです。

桜

さて一色の家の続きです。
今回建主様が細部にわたりこだわって造作した箇所がたくさんありまして、
寝室
ゆったりとした2階の寝室。天井は屋根なりに勾配をつけ杉板で仕上げています。大きな太鼓梁(小屋梁)がより安心感をもたらしているように感じます。この部屋の掃き出し窓からは外にでれるようになっています。

物見台
これが表題にある通称『物見台』です。このスペースは建主様たってのご希望で、まずはこの景色を楽しんだり、夜は星空を眺めたり、とにかくゆったりと過ごす為のこだわりスペースなんです。気持ちよさそうで羨ましい限りです。

次のこだわりは洗面脱衣室です。
洗面台
洗面化粧台は大工の造作です。正面のモザイクタイルは建主様自ら厳選した物です。部屋全面杉板張りとする事で調湿効果が望めると思います。お仕事が忙しい建主様のランドリーコーナーも併設されていて洗濯物を干せるようにもなっています。

他にもガラスや金物など色んなこだわりを次の機会に紹介したいと思います。

2018年3月23日

外構工事前夜です!

着工から1年、傾斜地に建つ葉山の家
ポーチの洗い出しも完成し、1年間貯め込んだ仮設物をせっせと運び出しています。
片付け終わってパチリ
DSC_9674
玄関ドアの塗装、金物取り付け・・・
まだ仕事はありますがひとまず建て主さんにバトンを渡して
明日から外構工事が始まります。
私は初めての出会いですが「大地の再生」の方々が外構計画をするそうです。
「大地の再生講座 ~海と山のある町・葉山~ 住宅地の庭に小さな杜(森)の空間づくり」
講座も開催されるとのことご興味のある方は問い合わせお願いします。
DSC_9677
まだ完全に手が離れていませんが、私どもの思いのこもった建物をどう味付けしていただくか楽しみです。

naoi

2018年3月14日

木製の玄関ドア

カテゴリー: 家づくり(松戸)

今日の東京は20℃と本当に暖かい日になりました。
春はなんとなく気持ちがあがりますよね。仕事も頑張らなくちゃ!!

前回のブログで紹介した松戸の家の続きです。
桧で作った木製玄関戸が取り付きました。
玄関ドア
ガラスの欄間とドア本体のガラスから明かりが差し込み、逆に夜は内部の灯りがこぼれてほっこりした雰囲気が漂う家になると思います。ドア左側はポスト口、右側のケーブルにはレトロ風な玄関灯とインターホンが付きます。

2階の和室の塗り壁がいよいよ仕上げ作業です。
真壁造ですので、まずはきっちり養生です。仕事は何でも準備で決まると言われますが、左官仕事・塗装仕事など特に養生の丁寧さで仕上りが全く違ってしまいます。
土壁養生

土壁仕上げ

竹木舞をくんで作った土壁の和室は見た目の柔らかさもありますが、機能的にも調湿効果が高く寝室には最適だと思います。
ここに敷かれる畳も国産の減農薬ワラ床畳で安心して眠って頂けます。

次回は同じく引渡し間近の葉山の家を紹介します。

2018年3月12日

下見板張りの外壁

カテゴリー: 家づくり(松戸)

少しずつ春の訪れを感じる季節となってきました。

当社で施工中の2現場の新築工事も3月末引き渡しに向けて仕上工事真っ最中です。
松戸の新築現場は足場がとれました。
写真 2018-03外観

屋根は瓦、外壁は杉下見板張りで仕上げています。赤身勝ち杉板を無塗装で張っていますので経年変化で少しずつ灰褐色に変わっていくと思います。

内部もクロス貼りが終わりました。ウッドチップ入り壁紙の「オガファーザー」で仕上げました。2階は全室屋根勾配なりに仕上げていますので開放感があります。
写真 2018-02-28 2階広間

和室の塗り壁はまだ中塗り状態なので今週仕上げて貰います。
2階和室
来週には壁が仕上り畳が収まる予定です。

ここから現場は時間との闘いでもあります。建主様に喜んでいただけるように最後まで頑張ります!