ブログ
2019年3月21日

造作家具

長年使いなれた食器棚でしたが、
台所周りの電化製品のスペースを確保するため
新しく製作をご用命いただきました
DSCN4011
DSC_5829
震災の時はずいぶんと揺れたため
建具は引違に
吊戸棚も使いやすい高さで設置しました
カウンターはヒノキ
キャビネット、建具はスギ
マンション14階 設置工事2時間

naoi

2019年3月13日

水屋庇工事

カテゴリー: 未分類

本殿、客殿改修、庫裏新築 2002年竣工して
水屋の増設箇所が朽ち
新装することになりました
DSC02012
事前に仮組を行いましたので現地の作業は最低限の加工だけです
DSC_5722
DSC_5723
作業は順調に進み午後にはかたちになりました
DSC_5743

naoi

2019年3月12日

左官の仕事

カテゴリー: 未分類

工場2階のスペースにリフォーム、新築をお考えの方の参考になればと
ちょっとしたお部屋をつくっています
サクラの大黒柱を建てて
DSC_1026
大きな梁型で仕切られる空間はキッチンをイメージし
ダイニングテーブルの配置はどうしましょうかと
お客様のことならちゃっちゃとご提案が続くのですが
手前のこととなると相変わらずの体たらく
1月末からの着手でしたがやっとここまでたどり着きました
写真 2019-03-12 9 46 33
左官下地が完成したところ
これから上塗りの工程です
ですが、下地の仕事が美しいので
このままでいいよと実のところいつも思っています

naoi

2019年3月2日

発酵

カテゴリー: 未分類

ちょっと前に仕込みました!
2年ぶりの味噌づくり

DSC_3902
ゆであがった大豆をつぶします。
DSC_3914
塩と麹を加えてよく混ぜます。
DSC_3917
団子にします。
DSC_3948
容器に隙間なく詰め込みます。
DSC_3949
抗菌のため塩を振ります。
DSC_3951
ラップで密着して
DSC_3952
塩の重りを載せて仕込み終了

茨城でWさん直伝された味噌づくり
子供たちにも伝わっていくことを願いながら仕込みました。

naoi

2019年3月1日

約30年ありがとう・・・

カテゴリー: リフォーム

本日から3月がstart!
もう今年始まって3ヶ月経ったのかと、
時の流れの速さにびっくりです。

さてさて本題に入ります。
祖母宅で約30年使用していた洗面化粧台がついに水漏れを起こして交換することになりました。
洗面台の隣に流し台があるちょっと不思議なつくりになっています。

■Before
写真 2019-02-04 9 33 59

■After
写真 2019-02-14 16 16 20

流し台の給排水を利用し
2階にあった洗濯機を3階にもってきました。
これで重い洗濯物をもって階段を上り下りしなくてすみ、
84歳の祖母も安心して洗濯ができるようになりました~!

nanala

2019年2月21日

無垢材フローリング補修方法!

弊社では、合板材を一切使用しない家づくりをしています。
床材にはヒノキ、杉、栗などの樹種を使用し、
オイル塗装で仕上げています。
考え方としては油を染み込ませることによって木の表面を保護し、
触り心地は損なわれず、油によって汚れや染み込みを防ぎます。

杉材は柔らかく素足で歩いた時温かみがあります。
その一方柔らかい為傷もつきやすいです。

今回、杉フローリングの補修を行いました。
凹んでしまった部分に濡れた布を一晩置いておくだけで凹み部分がほぼ元通りになります!
特に針葉樹のような柔らかい床材には有効な方法です。

2_before

さらに凹みひどい場合は、
濡れた布の上からアイロンでおさえると木が膨らみ目立たなくなります。

s-DSC_4240

2_after

アイロンを広範囲にかけてしまうと木目がけば立ってしまう場合がありますので、
その際は、ヤスリを木目方向にかけて上げ最後にオイル塗装をして仕上げてあげるときれいに仕上がります。

nanala

2019年2月15日

マンション浴室リフォーム!

カテゴリー: リフォーム 未分類

7年前にキッチンをリフォームをさせて頂いたお客様から、
次は浴室のリフォームをとお声がけいただき先日工事に行ってきました!

浴室の場合は昔のものに比べ断熱性能や水栓が節水タイプや、
バス換気乾燥機など機能が充実しています。

弊社では、タカラスタンダードさんの商品を使用することが多く、
タカラスタンダードさんのユニットバスの壁パネルはホーローで出来ておりお掃除などしやすくなっています。
また、マグネットを使った収納がオプションで選ぶことができ、
通常だと固定してしまい移動できないタオルかけなど、
マグネット型のものを選べば好きなところに取り付けられます。
マグネットが付くホーローの壁ならではかと思います!!

今回はユニットバス交換工事だった為、
3日間の工事期間で完了しました。

s-IMG_3707

1日目 解体作業

s-DSC_1068

2日目 ユニットバス組立

s-DSC_1078

3日目 大工工事(出入口枠材・羽目板)/配管結び/電気工事

s-DSC_1077

壁を杉の羽目板にした為、雰囲気が明るい空間になりました。

nanala

2019年2月7日

エコ花に初めての・・・!!

カテゴリー: 未分類

今週末はまたまた(既に何度か耳にしてきたフレーズですが)今季最強の寒波が日本にやってくるようです。
もしかしたら土曜日は東京でも雪が降るかもしれません。最高気温も3℃の予報です。当社には関係ありませんが、世の中的には三連休の方も多いと思います。お出かけ予定の方はくれぐれもご注意を。

今日の話題は、エコ花に初めての『モデルルーム』となるスペースが誕生する事になったことです!
今まで資材置き場や木工教室などに利用していた工房の2階に、当社の標準的な仕様である国産の無垢材を使った打合せ兼モデルルームを作っています。
 着工前
2019-01-17 10.02.13
今回は特に杉材をふんだんに使用しています。杉は高い空隙率のため、熱や音や湿度などを吸収してくれる高温多湿な日本の風土に最適な材料なのです。
 工事途中 天井:杉羽目板 床:30mm厚杉板 
      断熱材:ウールブレス(羊毛)
2019-01-29 14.06.53

この後壁は塗り壁と部分的に杉羽目板張りを予定しています。
木の香り(フィトンチッッド)のするスペースでお客様に安らいでいただきながら打合せできる日を我々スタッフも楽しみにしています。

皆さんも是非遊びに来てください。
完成までまた報告させていただきます!

oh-oh

2019年1月28日

外部階段のかけ替え

カテゴリー: 未分類

我社で新築工事をしていただいたI様、18年経過しまして外階段の木製踏み板が傷んできたので交換したいとご依頼いただきました。
IMG_2016
当時使った材料は『赤松』。踏み板に割れが見受けられます。18年ご苦労様でした。
早速板を撤去するところからです。
IMG_2276
大工さんが地べたに寝転んで裏側からビスを外していきます。全部外すと鉄骨製の骨組みだけに。
IMG_2279

今度新しい踏み板は『桧』です。厚みは45mmほど。
IMG_2297
色が交互に違って見えるのは、Iさん自ら一段置きに保護用塗料を塗布されている途中の写真です。

今度は何年もってくれるでしょうか。

階段の交換と共に外部木製パーゴラも直しました。
IMG_2027
IMG_2275

家を守って行くためには定期的な点検と補修は必須です。特に木製の外部バルコニーやデッキなど雨のかかる場所は傷んでしまいます。傷んでる場合は部分的補修で済む場合もありますので、あまりひどくなる前にご相談下さい。

oh-oh

2019年1月25日

調湿性能の高い「杉」材を使って!

カテゴリー: リフォーム

インフルエンザが猛威をふるっているようですが、お陰様で我社はまだ誰もかかっておりません。しかし、こういった話題を出した後に直ぐに話題通りのことが起こるといった現象はおこりがちなので、もしかしたら近いうちに犠牲者がでるかもしれません(笑)

今日は冬に悩みの種になる「結露」の心配を少しでも軽減する為におススメな方法を書きたいと思います。
外部気温が下がった寒い日に室内を暖房器具で温めると、窓ガラスやサッシ枠がびしょびしょになってしまうという現象がおこります。その結露対策としてサッシを樹脂複層サッシへ変えたり、内窓を付けたりということが良いという話は皆さんも聞いた事があると思います。あと他に良く相談を受けるのが、押入れや収納の内部がカビがでて匂いもカビ臭くて困るという事です。
押入内部は合板が張られている事が多くほとんど吸放湿性が無い為に、内部にたまった湿気の逃げ場がなくカビが発生してしまい易いのです。
そこで我社一押しの素材は何といっても『杉』材です。杉は香りもよく調湿機能が大変高いので、押入や収納内部のそもそも通気のしにくい場所には打って付けの材料です。
収納棚

収納たんす

1間半の押入れの床・壁・天井に杉板を張り、一部は杉棚板を取付け、残りは洋服掛けと引出しも杉材で造作しました。これで大切な洋服をしまって頂いてもカビ臭くなるような事はないと思います。ちなみに部屋の掃き出しサッシ内側に樹脂製の内窓取付工事も行いました。これで改修前の結露状況とは全然違った環境になりました。

玄関収納も
収納玄関前JPG
収納玄関後

箱も扉も『杉』材で作りました。階段材、階段の壁面も杉板です。
これから如月、冬本番です。家の中が結露で悩んでいる方、国産の杉材を使ってリフォームを考えてみませんか。価格的にもおススメです。

oh-oh