ブログ
2006年3月25日

土手の伊勢屋の天ぷら

カテゴリー: ご近所

日本堤に勤めて4年以上、ついに念願の「土手の伊勢屋」の天丼を食べました!(いつも食べに行こうとすると水曜の定休日で、何度も食べそびれていましたが・・あっくんさん、お先にいただいちゃいました!)
伊勢屋さんはエコ花のならび、土手通りを浅草方面へ100mほどいった吉原大門信号のすぐ近くにある、明治22年創業、110年以上つづく老舗江戸前天ぷら屋です。いままで何十回というくらいテレビや雑誌に取り上げられていて、平日も人がたくさんならぶ有名店。


伊勢屋さんは昭和初期に建てられた木造の建てもので、黒々と光る杉板張りの外壁が目を引きます。磨りガラスもさまざまな模様で味があります。
「土手の」という屋号は、むかし吉原の遊郭の周囲に堀がめぐらされていて、その土手沿いにたくさんの店が並んでいたことからつけたそうです。もともと天ぷらっていうのは屋台で売るものだったそうで、いまもその名残で土手どおりに面して出窓が残っています。
ちなみにとなりはこれまた超有名店の、桜肉の中江さんです。次はこちらもレポートします!

さて肝心な天丼ですが・・・

うわさにはかねがね聞いていましたが、ボリューム満点!!アナゴはどんぶりからおおきくはみ出ています。気づいたらはじっこがお茶に浸かっていたくらい、はみ出てます。味は意外にあっさり?!ごま油で揚げた衣は黒くて重たそうですが、見た目ほどくどくなく、アナゴもふわふわでした☆(天ぷらというと白い衣で塩をつけて食べるのが主流なようですが、白い衣は関西風。江戸前・関東風はごま油であげた黒い衣だそうです。)
しかし申し訳ないとは思いつつ、途中でギブアップ。私残してしまいました・・。女性は2人で1つで充分なくらいです。笑
tama
★★★

2006年3月24日

舘岩研修レポート2

舘岩の家には囲炉裏と自在鉤があります。

囲炉裏は耳にすることもある名詞ですが、自在鉤ってそんなに名前を知られていないかも?と思ったので、今日は自在鉤をご紹介。
自在鉤は鉄瓶を掛けたり鍋を掛けて鍋物や汁を作ったりします。自在鉤のなまえは、長さを自由に変えられることからつけられたそうです。ではどうやって長さを変えるのでしょう??
自在鉤はヒモと、その先につながってる木片で長さが変えられるんです。ヒモと木片を調節して、鉄瓶などを吊るせる先端のまがった棒部分(鉤です)の長さが自由に上下します。

ヒモの名前は猿緒、木片は小猿って言うそうです。小猿を引っ張ってるから猿緒!!小猿のしっぽを引っ張って調節です♪
ちなみに格子状なのは火棚といいます。むかしはここに雪でしめったノミなんかを乗っけて、煙でいぶして乾かしたそうですよ。(そういえば「北の国から」の山小屋が火事になったのも、この火棚にジャンパーをひっかけてて燃えちゃったせいでしたね。)
tama
★★★

2006年3月23日

舘岩研修レポート1

エコ花の刻み場のある南会津の舘岩村へ、3月20日から2泊3日の研修に行ってきました。現地で撮った写真を携帯電話からちょこちょこアップしてましたが、あらためて研修をレポート!
まずは1日目。
舘岩村はちょうどこの日、田島町、伊南村、南郷村と合併して福島県南会津町に生まれ変わりました。(どこでも合併が進んでますねぇ。覚えきれません・・)舘岩村は村内にひとつしか信号がない人口約2300人の村です。その唯一の信号も、小学生の勉強のために取り付けてあります。ちなみに舘岩村の1/26の広さの台東区が人口16万人。舘岩は人より獣のほうが多いみたいです。
お昼過ぎに事務所を出発して、首都圏を抜ければ東北道はスイスイ。でもやっぱり舘岩まではまるまる3時間はかかります。なにしろ山道が長い!ICを降りてから1時間半くらい、峠を越え谷を越えてやっと舘岩村に入ります。
ICを降りたときはこう

だったのに、峠を越えて舘岩に近づくと・・・

こう!!天気予報で雪とは言ってたけど、春だしねと思って油断してたらとんでもなかったです。でもお正月に比べたら半分以下の量らしいですよ。
そんな雪の中まっすぐ民宿ますやへ。民宿ますやの主人はエコ花でおなじみ大工の将雄さんなんです。到着すると舘岩在住の橘棟梁と木漆工芸家の藤原さんもお呼びして、早速ごちそう!


特産品の山菜と手作り豆腐、味のしみこんだ煮物、岩魚のおつくり、そして将雄さんが打ってくれたそば。このおそばが最高においしいっ!!おかずでお腹いっぱいなのに、盛りそば1枚分くらいたいらげました。舘岩にお寄りの際はぜひご賞味ください。笑
ちなみに木漆工芸家の藤原さんは、5月末に東京まできてくださりエコ花の工房で木彫りの講座を開いてくれます!!木のかたまりから彫刻刀1つでのうつわ作り体験と、藤原さんのおもしろトークが聞けますよ☆近日中にHPで詳細をお知らせします。ご興味のある方はぜひエコ花HPから児玉までお問合せくださいね。
tama
★★★

2006年3月22日

舘岩研修3


スタッフ一同、東京に帰ってまいりました。
今回の舘岩は本当に春なのかっというほどの雪でした。
今日はオグラ木材さんで製材を見学し、那須高原の家の現場を見て帰ってきました。
明日からまた舘岩研修のレポートを書きます。
お楽しみに!!
tama
★★★

2006年3月21日

舘岩研修2




今日も舘岩はしんしんと雪が降っております。
しんしんというかもうぼとぼとです。
檜枝岐の歌舞伎舞台の入り口は、雪が積もりすぎて頭をさげないと鳥居がくぐれません。
お昼ごはんはハガマで炊いたごはんと味噌汁とぜんまい。
tamaとnecoで炊いたごはんは水加減も炊き加減もばっちり!!
さー今晩はどれだけ雪が降るんでしょうか。
tama

2006年3月20日

舘岩研修




今日からあさってまでお店はお休みをいただいて、スタッフみんなで舘岩研修です。
雪!吹雪いております…気温は氷点下です。
将雄さんがうってくれた蕎麦や山菜や手作り豆腐をお腹いっぱいいただいて
舘岩の家に帰ってからまずすることはお風呂を沸かすこと。
雪のなか薪を燃やしてあたためた、ヒバの香りいっぱいの五右衛門風呂で芯からあったまりました!
ほかほかのままいろりとストーブを囲んで、将雄さんお手製のどぶろくをすすっております。ぜいたく〜♪
明日は全員で刻み場の整頓、そして檜枝岐など舘岩村を見学してまわります。
tama

2006年3月17日

東浅草の家:筋かいが…

カテゴリー: リフォーム

下の記事でtamaさんも紹介している東浅草の現場でのこと。
既存の壁を解体をしたところ、なんと筋かいが途中で切断されていました。
〝筋かい〟とは柱と梁で四角形に囲まれた軸組に対角線状に入った材の事をいいます。途中で切られてしまっては構造としてなんの威力も発揮しません。
どうやら新築時、風呂釜の設置のため筋交いを見事に切ってしまったようです。分からないから良いでは済まされない事です。
悲しい事ですが、こういった事はリフォームの現場では多々あるのが現状なんです…。
今回の工事では補強の為、筋かいを既存ものもとは逆に入れました。端部はしっかり筋かい金物で固定してありますのでご安心を!

今日現在も工事は進行中です。後日また現場の状況を報告します!!
neco

東浅草の家:耳つき木摺り

カテゴリー: リフォーム

necoさん担当の今月あたまから始まっているご近所「東浅草の家」現場で、tama的におもしろかったこと。

築30年の古いお宅、木摺が耳つき!直井に聞いたらちょっと昔の家はみんなそうだったらしいのですが、初めて見ました。
20cmとかの小径木を製材したときに出る端っこをそのまま、耳も落とさずに木摺りに利用していたそうです。きのうの話とつづいて、木材の有効利用ですね!すばらしいですっ。仕上げてしまえばなにも見えなくなる部分ではあるけど、四角い材料より味があってなんか私は好きです。気になります。しかもこの方が耳とかばさばさしてて、土壁ならふつうの木摺りよりくっつきやすそうに思うんですけど・・?!
tama
★★★

2006年3月16日

世田谷1の家:16分の1?!

カテゴリー: 家づくり2006〜2007

健作棟梁が「世田谷の家」の木取りをしてます。
栗のタイコから階段材にする材料を取っているのですが、こんな大きな材料から

        これ×2丁

しか取れません。推定樹齢100〜130年くらいの目のつんだ栗から、たったこれだけです。もちろん残りの端材は捨てたりしませんが、欲しい材料は1つにつき2丁しか取れませんでした。
丸太から製材し、必要な材料を良質なものにこだわって木取り加工すると、経験上広葉樹などの小径木では1/16の材料しかものづくりに使えません。どういうことかというと、まず丸太を製材すると体積の2分の1の割合で使いづらい部分(端っこなど)が出ます。製材した板を良材・節あり・くされあり・虫食いありなどと選別し、良材のみ選ぶと体積の2分の1の割合で使えないものが出てくる、そこから使う寸法に木取りをするとまた立米2分の1の割合で使えない部分が出てくる、木取った板を必要な厚みに削るとまた立米2分の1の割合で使えない部分が出てくる・・・つまり1/2×1/2×1/2×1/2=1/16の割合で、ものを作れる材料が生まれるということ。
ややこしい話ですが、加工工程のたびにその体積の2分の1が材料として使えない部分となってしまう、という話です。
つくるもものの大きさ=必要な材料の大きさにもよりますけれど(極端な例ですが)直径40cm×長さ2mの丸太から材料になる板を削り出すと、直径10cm×長さ50cm分しか有効に使えないということ!節などのない良質な材料を取ると残りの15/16部分は材料として使われない、なんてこともあり得るということです。
そんなのは何十年何百年もいきてきた木を使わせていただくのに申し訳ない。
製材などの過程でどうしても使いようがない部分(樹皮のすぐそばなど)は仕方がないにしても、端っこの小さな材料や節の多い部分も有効に使うべきです。エコ花では小さな材料はたとえば小物や建具のつまみに、節があったりくされがあっても見えない部分に使用したり、あえて味として生かしたりして活用します。
あるものをできるかぎり有効に使うことは、木のためにも環境のためにも、コスト的にもうれしいこと。
精一杯の有効利用は木についてだけでなく、あらゆる場面ですすめたい考え方です!!
tama
★★★

2006年3月15日

サクラ咲く・・・

カテゴリー: 山の話・木の話

なんだか月曜日から真冬みたいに寒いですけど、今日高知県でサクラの開花宣言がありました。エコ花のお店の花壇でもウワミズザクラが芽吹いてますよ!

草花が芽吹くとうきうきします。あ〜春ですねぇ☆
ところで桜ってなんでさくらと呼ばれてるのか知っていますか?語源についてはどうやらいろんな言われがあるようですよ。
・古事記に登場する、神社の祭神である木花開耶姫(このはなさくやひめ)の「さくや」からきているという説。
・花が咲くという意味の総称、「咲きくらむ」からきているという説。
・麗らかに咲くという意味ので「咲麗=さきうら」が変換してきているという説。
・早苗の「さ」、穀物の霊を表す接頭語の「くら」、神霊が鎮座する場所をしめしている=「さ+くら」で、穀霊の集まるよりしろを表しているという説。
一般に桜と言われているものは、“バラ科サクラ亜科のサクラ亜属”に属するものだそうです。ウメ、アンズ、モモ、スモモなどもサクラ亜科だそうですよ。桜の種類は自生するもの、園芸されている品種ふくめて現在は約300種類もあるんだとか!しかも桜好きな日本人はまだまだ新種の桜を開発していて、年々種類増えているそうです。
それにしても桜ほど、日本中で咲くのが待たれている花はないような気がしますよね。毎年各地でいつ桜は咲くのかと期待していて、早くから開花予想があって。咲いたらみんないっせいにシート持参で、花を囲んでわいわい宴会する人たちでにぎわいます。愛されているお花ですね。やっぱりぱっと咲いてぱっと散る、そのはかなさが魅力なんでしょうか。
私も桜が咲いている間は、夜近所へ毎日のようにお花見に行ってしまいます。東京近郊でしかまだ桜を見たことがないのですが、町田市小山田桜台の尾根緑道を車でゆっくり走るのはおすすめです。一面ピンクのトンネルは、つい運転しながら口をあけて見とれちゃいます。
先日引っ越した先はすぐ裏手の緑道が桜並木。今年も毎夜ビールとシートをもってお花見に行かなければ!笑
流し前カウンターDATA:
天板-ヤマザクラ
建具框-ケンポナシ
鏡板-ヤマザクラ
tama