ブログ
2005年11月22日

酉の市

カテゴリー: 徒然・農園

毎年恒例、浅草の酉の市にスタッフそろって行ってきました!
今回は二の酉へ。

19時ごろに行ってみると、
今年は酉年だからか、例年ではありえない人の数!!
お賽銭にたどり着くのに2時間以上かかるのでは・・というくらい。
こんなに寒いのに人から湯気?熱気?がたっていました。
(写真ではあまりよくわかりませんが・・)

酉の市といえば、年の瀬。
今年ももうあとわずかです。

栗駒山の森林教室 vol.4

カテゴリー: 森林教室

【2日目】 -杉の伐倒編-

この冬都内で上棟されるご一家のために、栗駒木材さんが特別に杉の木を一本伐倒させてくれることに!みんなで長ぐつにヘルメットのいでたちで、川を越え谷を越えて(?)国有林の中の伐倒現場をめざします。

川の中をざぶざぶと歩いていると、サワガニ!かわいいねーと手のひらにのせていたら横から現地の人(栗駒木材のスタッフさんたち)が「うまそうだな!」「揚げるといいよ」って・・・!
山の人はほんと身近にたくさんの食料がありますよね。そこは東京の人間とはまるで違って、本当に自然とともに暮らしていてヒトとして正しい姿だなーといつもうらやましく思います。
(脱線しますが・・舘岩にいるうちの大工さんから聞いた話ですが、真冬に道路の両脇が3mの雪になる季節に、雪の上を走っていて道路に落ちてきたウサギがいたら、迷わずブレーキじゃなくアクセルを踏むとか!持ち帰っておいしくいただくそうです。ものすごく印象的な話です。)

たどり着いた伐倒現場は、60度くらいに見えるものすごい急斜面。その中のまっすぐと伸びた杉を伐倒します。きこりの人がチェーンソーを入れていく音と、伐倒作業に加わったご主人が追い口を打つ音が交互に鳴ります。思った方向に木が倒れて、地面に打ちつけられる音もさることながら、倒れるときのメリメリメリメリッという音も衝撃!!私は小さなお子さんと200m以上遠くからながめていたのですが、思わず2人でわーっと言ってしまうくらい。
作業を終えて降りきたご夫婦の表情は達成感でいっぱい。おつかれさまでした!
この杉が新しい家のどこかに使われるのを早くみたいですね。
-つづく-
書き手:スタッフ玉

2005年11月18日

世田谷1の家:地鎮祭がありました

カテゴリー: 家づくり2006〜2007


この秋都内で新築をされるお客さまの
地鎮祭が行われました。
すがすがしいお天気の中、お施主さんご夫婦と、
直井とうちの建具職人岩谷、鳶職人の今井建設さんが参列し、
神主さんをお招きして、工事の無事を祈りました。
いよいよ年内には上棟の予定。
栗駒の森林教室で伐倒した杉の木も使われます。
(話が前後してしまいますが、栗駒での伐倒のようすは“栗駒山の森林教室vol.4でお伝えします!)
新築のようすもこのブログでどんどんお知らせしていきますので
楽しみにしていてくださいね。

2005年11月17日

栗駒山の森林教室 vol.3

カテゴリー: 森林教室

【2日目】 -厳しい冬の力編-

クロベの森をでて、澄んだ川の水をみんなで手ですくって味わったあと、「ちょっと奥行ってみよう」という佐藤さんについていくと小さな川に渡した短い橋が。
ガードレールの柱はあるのに、柵がありません。
これは栗駒の大雪のちからでそっくり落とされてしまったそうです。
そういえば来る道々にあったカーブミラーも柱があるのに肝心のミラーがなかったかも・・
聞くとこれも全部雪が積もって重みでもげてしまうそうです。
(栗駒木材の大場社長は、熊が光りものを集める趣味があって持って行ってしまうと言い張っていましたが・・現実は雪の仕業みたいです。)
東京で生まれ育ってきた私には想像もできない雪の威力に、ただ驚くばかり。
移動の途中とおった民家では、保存食の寒だいこんをつくっていました。
寒だいこんとはだいこんを外に干して冷凍乾燥させたもの。
(詳しく言うとそんな簡単なものではないようですが・・)
カリカリとした歯ざわりに、だいこんのうまみが凝縮されていてとてもおいしいそうです。
厳しい寒さがなければできないという保存野菜なんですね。
秋の栗駒で、冬の栗駒の厳しさを垣間見たひとときでした。
-つづく-

2005年11月16日

栗駒山の森林教室 vol.2

カテゴリー: 森林教室

【2日目】 -クロベの巨木編-
伐倒見学と散策、栗駒木材さんの工場見学でした。
「栗駒の山を守る会会長」佐藤充雄さんに連れられてまずは“クロベ”の巨木見学。
クロベとは、地名ではなく“ネズコ”の別名。
クロベは氷河期からの生き残りといわれていて、今回見学した巨木はなんと推定樹齢1000年から5000年!
1000年は確実だというから、あたまが上がりません。
もうすぐ日本一の巨木に認定されるとか。
幹に耳を当てると、まるで人間の心臓が鳴るように
水の流れる音がします。
生まれたときからずっと同じ場所で、静かに佇んでいる木も
当たり前だけどやっぱり生きてるんだよねと実感します。

巨木の足元にはたくさんのクロベの芽が。
この赤ちゃんたちも何千年と生きていくのでしょうか・・。
-つづく-

2005年11月8日

栗駒山の森林教室 vol.1

カテゴリー: 森林教室

11月3日・4日の日程で、紅葉真っ盛りの東北宮城県に森林教室へいってきました。

これから新築をされるお客さま、エコロジー活動仲間のみなさん、それにエコロジーライフ花スタッフなど総勢11名でのにぎやかな旅。今回は秋の山の散策のほかに、杉の伐倒、栗駒木材の製材所やチップ工場の見学、栗駒のブナ林の水をつかってミネラルウォーターを出している会社の工場見学などもりだくさんの内容でした。

【 1日目 】
当初の予定では、まずブナ林を歩いて、そこからつくられるきれいな水がこんな風に利用されてるんですよ!という流れで工場を見学する予定が、都合で急遽予定変更。
まずはミネラルウォーターの工場見学からになりました。
ミネラルウォーターの発売を企画した会社が、日本国内の3ヶ所の水に目をつけたうち、そのままでとても口当たりがよくおいしいと、評価の1番高かった栗駒の水を採用することに決めたそうです。
ミネラルウォーターは通常、湧き水を加熱殺菌しペットボトルに詰めることがほとんどだそうですが、栗駒の水の場合は“非加熱無菌充填”が特徴。
湧き出る水そのままがとにかくおいしいため、ゴミや塵を除去するのみの製造方法で製品化しているとのこと。
実際に1人1本ずついただきましたが、まるみがある口当たりの本当においしい水でした。
これも日本の山を守ってくれている方たちのお陰ですね。
(“日本の山を守ってくれている方たち”についてはまた後日書きます!)

宿泊は“ランプの宿『湯栄館』”。
その名のとおり電気がないためランプのみの明かりで過ごす宿です。
車を停めて山道を歩くこと20分、ようやく赤い屋根の湯栄館が見えます。
本当の山奥なので、夜窓の外は漆黒の闇。
ランプの下でとる食事は雰囲気があって、みなさまなんだかお酒もすすんでいい気分?!
食事は山菜中心の彩り豊かなメニュー。
その中ではじめて“水の実”という山菜に出会いました。
ボールチェーンの特大サイズのような見た目で食べるとムカゴに似たシャキシャキ感、すこしネバネバとしてとても好み。
おみやげに持って帰ると家でも好評でした。
満腹になって、満天の星を眺めながらの露天風呂は最高!
(だったそうです。私は内湯のみで・・・。内湯もよかったですよ!)

2005年11月7日

はじめまして

カテゴリー: 徒然・農園


エコロジーライフ花のブログをはじめてみました!
エコロジーライフ花での日々のできごと、スタッフが感じることなど
不定期にお届けする予定です。
まだはじめたばかりで不慣れですが、見守っていただければと思っています。
どうぞよろしくお願いします!