ブログ
2018年2月21日

リフォームの解体工事

カテゴリー: リフォーム

一戸建てのリフォームが始まっています。
毎回のことですが、解体された廃棄物は産業廃棄物として処理されることになるのです。
そしてその廃棄物の量と処分費に愕然とします。
DSCN6840
9坪(18帖)程度の内装解体(浴室含む)ですが、3Tダンプ満載で2台搬出しました。
特に重量のかさむ石膏ボード!新しいものを購入するより処分費のほうが数倍高額です。
DSCN6845
夢の島に運ばれて行きましたが、限りある処分場のことを考えると、
せめて長い時間愛される家にしなくてはと思う次第です。

naoi

2018年2月5日

リフォーム後の暮らし

最初のリフォームは30年前
床をコルクの二重張り、壁天井は壁紙
それから
梁下を藁入りの漆喰で塗り
それから
オガファーザーで壁を張り替え
それから
リボスのデュブロンで塗装して・・・・
DSCN6824
サクラの無垢板のTVボードをつくり
トチの天板の丸テーブルもつくり
DSCN6825
杉の無垢板で食器棚もつくり
DSCN6826
はては時計も作っていただき
・・・・
現在に至ります。

naoi

2018年1月31日

時の流れ

カテゴリー: 未分類

寒さが骨身にしみる今年の1月が終わろうとしています。残念なお話ですが2月も寒い予報がでています。何とか元気に乗り越え春を迎えたいものです。春よ来い!

今日はちょっと嬉しいお話を書こうと思います。
平成25年に当社で新築工事をさせて頂いた建主様から年賀状をいただきました。そこには建築当時まだ2歳だったお子さんが1年生になられた報告と、幼稚園卒園式で将来の夢をいう件で『大工さん!』と答えましたと書いてありました。
当時担当の一人だった私は何だか嬉しくてぐっときてしまいました。建築中は母子で毎日のように現場にお茶を差し入れてくださり、良く現場に足を運んで頂いた事覚えています。2歳のお子さんが「とうりょう」と棟梁大工を呼んでくれていました。その時の事が今回の夢に繋がっているとしたら本当に嬉しく思います。
懐かしい写真で、ご自身達で寝室の壁を塗られているところです。
ヒロキ塗り壁

こんな小さかったけど、もう1年生なんですね。家の大黒柱の『栗』に今度6本目の線が引かれるそうです。
大黒柱

中学、高校と進めば夢も変わってくるでしょうが、一瞬でも私達の仕事が夢と言ってもらえて嬉しかったです。
それにしても時の経つ早さを感じます。

oh-oh

2018年1月15日

仕上前の現場

建て主様との今年最初の現場打合せ
大工仕事も先の見え始めた現場で
細かな寸法や、仕上げの確認をしています。
DSCN6751
2階の洗面室での洗濯洗剤の置き場所を検討しています。
和室、寝室は荒壁から中塗り作業に移ろうとしています。
DSCN6749
DSCN6756
親方は、階段仕事に集中しています。
DSCN6748
外壁も左官仕事が進み始めました。
DSCN6754
naoi

2018年1月12日

新年のご挨拶

カテゴリー: ご近所 未分類

大変おそくなりましたが新年初ブログとなります。
本年もよろしくお願いいたします。

仕事始めからあっという間に一週間が過ぎようとしています。時の経つのが早すぎてついてゆけない今日この頃。そうは言っても時は待ってくれませんので、重い腰をあげて今日はご近所の『今戸神社』へお参りに行ってきました。外は快晴ですが頬にあたる風が冷たくてめげそうになりましたが、綺麗にみえたスカイツリーに導かれ七福神の一神の福禄寿の神様である今戸神社に到着。
スカイツリー
今戸神社門

縁結びの神様として有名なこともあり、カップルの方や女性の方がお参りしていました。
神社境内

私は今年の運だめしに「おみくじ」を引いてみました。
おみくじ
そしたらなんと・・・『大吉』が。
おみくじ大吉
社長に言ったら「おみくじ全部大吉なんだよ!」と言われましたが(笑)嬉しいものです。仕事運も順調に物事すすむとありますので今年も頑張ります。

oh-oh

2017年12月28日

仕事納め

カテゴリー: 家づくり

松戸の家
荒壁部分、塗り終わり
写真 2017-12-27 14 48 51
仕上側、取り忘れた!
写真 2017-12-27 14 52 15
葉山の家
例の丸窓、造作完成
DSCN6718
松戸に比べ荒壁の乾き具合が格段に速い
DSCN6722
年始からの外壁仕上げを待つ
DSCN6716

年賀状もプリンターと格闘してやっと終わり
工場の掃除も終わり
年内は今日で仕事納め
年始1月8日月曜日が仕事始めです
皆様よいお年を!

naoi

2017年12月26日

丸窓

カテゴリー: 家づくり (一色)

木の仕事で丸く加工するとしても、角を丸くするぐらいで木を円にすることは滅多に行いません。
今回は直径600mmの丸窓の枠
3mm厚に加工した杉板を煮る
写真 2017-09-28 17 35 03
工場で試行錯誤しながら一応の完成(2個目にしてまあまあ丸くなった?)
ところが
現場に持ち込むと親方から簡単に却下(底板付ければ、これでお盆が2個になった)
業を煮やした親方自ら加工を始めました(はいはいすいませんね!私の2日がお盆2個)
DSCN6707

DSCN6709

DSCN6712
私のバームクーヘン作戦ではなく、杉板ももっと薄くしてかつら剥きの逆進行バージョンで開始
完成を待たずして現場を離れましたので次回の完成品を楽しみに!
DSCN6704
造作が完成しましたので塗り残った荒壁もこれで完成
DSCN6710
あ~早く足場を外したい
DSCN6711

naoi

2017年12月20日

竹木舞

今年の12月は例年より寒くて体調が追い付いていきません。しかしまだ冬の入り口かと思うと一層・・・しんどく思ってしまいますが何とか頑張っていきたいと思います。

今日は松戸の家の様子をお伝えします!
土壁で仕上げる和室の左官下地工事が始まりました。
P1160333
P1160334
間柱・筋交いそして羊毛断熱材のウールブレスが充填された壁に間渡し竹が取り付きました。
この後木舞を組んでいきます。
写真 2017-12-19 13 25 55

写真 2017-12-19 13 26 06
細く丸い間渡し竹にシュロ縄で木舞竹がきっちりと編まれています。この後の工程もまたお伝えする予定です。
あと上記写真に写っている棟木(屋根の頂上部)は建主さんが栗駒山で伐倒し製材した木材です。ずっと目に触れる構造材なので何かの折に思い出して頂けたらと密かに願っています。

oh-oh

2017年12月1日

今年の熊手

カテゴリー: ご近所

昨日は浅草鷲神社の『酉の市』に行き、毎年恒例の熊手を買って商売繫盛を願ってきました。今年は12年に一度の酉年、そして三の酉だったせいもあるのか、お参りの列がピタッと動かず境内に入るのに凄く並びました。
お酉さん

頑張って手にした今年の熊手は
熊手アップ
鶴、おかめ、鯛や小判など目出度い物のオンパレード。商売繫盛!!
早速エコ花の定位置に飾りました。
熊手JPG

今日はもう一つ『お箸』の話しを。
先日あるお客様から電話をいただき、「お宅のお店に丸い箸は置いてますか?」との問い合わせでした。よくよくお話を聞くと、ご友人が2か月ほど前に当店で丸い箸を購入されたとの事。ここで私は慌ててお店に確認に。確かにありました。
箸
写真では解りにくいかもしれませんが、お箸の上から口に入る先端まで角がなく丸みがあるんです。そのことをお伝えしたらなんと埼玉県和光市から電車を乗り継いでお箸を買いに来て下さいました。
このお箸は福島県南会津で木彫りの器やお箸などの作品を作っている漆職人でもある藤原啓祐さんの物です。お客様は箸の角ばったところが手の指に当たって気になって、ずっと丸いお箸を探しておられたとの事。「全部丸い箸って本当に無いんです。」と仰ってました。藤原さんの作る物は優しい手触りなので今回のお客様にぴったりでした。
朱色のこの箸は完売してしまったのでまた藤原さんにお願いする予定です。
和光からありがとうございました。

2017年11月28日

上棟しました!

カテゴリー: 家づくり(松戸)

松戸の家が先日、無事上棟となりました。
今回は天候に左右され基礎工事が着手出来ず、なかなかのドキドキ感でしたが、現場が始まってからは順調に進み配筋検査も無事通過し、一気に土台敷きまで進めました。
基礎工事
配筋検査中
配筋検査
配筋全景
型枠が外れました。今回も誤差が殆どない素晴らしい基礎です。
型枠バレ

そして上棟日!今回の一番大きな梁は1尺3寸(39cm)。
1階上棟
1日目に棟まで上がりました。この材料は先日建主さんが栗駒で伐倒し製材した想い出の材です。棟梁が心を込めて刻みました。
棟上げ
翌日の祭日に水矢と五色の旗を飾り「上棟式」が執り行われ、竣工後の建物の無事を願いました。
上棟

スタッフ一同竣工まで一丸となり頑張って参ります。

現在スタッフを募集しています。
お問い合わせください。
募集内容へ・・・・・・・・・・・・・・・