ブログ
2019年1月28日

外部階段のかけ替え

カテゴリー: 未分類

我社で新築工事をしていただいたI様、18年経過しまして外階段の木製踏み板が傷んできたので交換したいとご依頼いただきました。
IMG_2016
当時使った材料は『赤松』。踏み板に割れが見受けられます。18年ご苦労様でした。
早速板を撤去するところからです。
IMG_2276
大工さんが地べたに寝転んで裏側からビスを外していきます。全部外すと鉄骨製の骨組みだけに。
IMG_2279

今度新しい踏み板は『桧』です。厚みは45mmほど。
IMG_2297
色が交互に違って見えるのは、Iさん自ら一段置きに保護用塗料を塗布されている途中の写真です。

今度は何年もってくれるでしょうか。

階段の交換と共に外部木製パーゴラも直しました。
IMG_2027
IMG_2275

家を守って行くためには定期的な点検と補修は必須です。特に木製の外部バルコニーやデッキなど雨のかかる場所は傷んでしまいます。傷んでる場合は部分的補修で済む場合もありますので、あまりひどくなる前にご相談下さい。

oh-oh

2019年1月25日

調湿性能の高い「杉」材を使って!

カテゴリー: リフォーム

インフルエンザが猛威をふるっているようですが、お陰様で我社はまだ誰もかかっておりません。しかし、こういった話題を出した後に直ぐに話題通りのことが起こるといった現象はおこりがちなので、もしかしたら近いうちに犠牲者がでるかもしれません(笑)

今日は冬に悩みの種になる「結露」の心配を少しでも軽減する為におススメな方法を書きたいと思います。
外部気温が下がった寒い日に室内を暖房器具で温めると、窓ガラスやサッシ枠がびしょびしょになってしまうという現象がおこります。その結露対策としてサッシを樹脂複層サッシへ変えたり、内窓を付けたりということが良いという話は皆さんも聞いた事があると思います。あと他に良く相談を受けるのが、押入れや収納の内部がカビがでて匂いもカビ臭くて困るという事です。
押入内部は合板が張られている事が多くほとんど吸放湿性が無い為に、内部にたまった湿気の逃げ場がなくカビが発生してしまい易いのです。
そこで我社一押しの素材は何といっても『杉』材です。杉は香りもよく調湿機能が大変高いので、押入や収納内部のそもそも通気のしにくい場所には打って付けの材料です。
収納棚

収納たんす

1間半の押入れの床・壁・天井に杉板を張り、一部は杉棚板を取付け、残りは洋服掛けと引出しも杉材で造作しました。これで大切な洋服をしまって頂いてもカビ臭くなるような事はないと思います。ちなみに部屋の掃き出しサッシ内側に樹脂製の内窓取付工事も行いました。これで改修前の結露状況とは全然違った環境になりました。

玄関収納も
収納玄関前JPG
収納玄関後

箱も扉も『杉』材で作りました。階段材、階段の壁面も杉板です。
これから如月、冬本番です。家の中が結露で悩んでいる方、国産の杉材を使ってリフォームを考えてみませんか。価格的にもおススメです。

oh-oh

2019年1月24日

15年間お疲れ様でした。

カテゴリー: リフォーム 未分類

新築をお手伝いさせて頂いたお客様から、
新築を建て15年が経ち…
バルコニー改修工事のご依頼をうけ先日工事をしてきました。

【before】
P1170907

【after】
DSC_0948

2019年1月9日

新年のご挨拶!

カテゴリー: 未分類

2019年を迎え早9日が経ちました。
新年のご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

エコロジーライフ花では、昨年も色々なお仕事をさせて頂きましたが、例年になくリフォーム工事が多かった印象があります。
リフォーム工事と言っても仮住まいに引っ越していただき行う全面リフォームから、住みながら行う水廻りを中心とした工事など多岐にわたります。
もちろんエコロジーライフ花では、リフォームであっても国産の無垢材を適材適所たっぷり使用し工事を行います。
昨年行った事例です。
改修前
閉鎖的なダイニングキッチンを

改修後
一部間仕切りを取り払ってオープンで使いやすい空間へ!

工事期間中、当社の大工や直井が現場で作業や打合せをしている姿をみてくれていた施主さんのお嬢さんからこんなお手紙を頂戴しました。
IMG_2656

嬉しいお手紙、ありがとうございました。

本年も少しでも皆様に喜んでいただける仕事をして参りたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

エコロジーライフ花  スタッフ一同

2018年12月21日

パッコン

カテゴリー: 未分類

夏の暑いころから改修工事で出入りしたお宅

本日締めくくりの工事で内窓工事を済ませました

12か所の窓にすべて断熱ペアガラス仕様の内窓を設置

初めてユニットバスにも!

写真 2018-12-21 15 12 49

プラ製のサッシ枠の下地補強をすませ内窓をとりつけました

冬場の冷気、窓の結露などを軽減してくれるでしょう

補助金申請のための竣工写真を撮り終え外に出ると

DSCN3864

屋根工事の折に取り付けしたパッコンが!

毎回、使い方のユニークさにホっといたします

naoi

2018年12月19日

実験をしてみる

カテゴリー: 未分類

12月の初旬に木の住まいについてのお話をするため実験をしました
IMG_3635
密閉容器にヒノキと杉の木端を入れて密着しないようにプラ蓋を敷き
その上にパンを置いてあります
左からヒノキ+パン、スギ+パン、パンのみ
DSCN3734
2週間経過
出来すぎの結果にスタッフから
何か仕込んだでしょうと疑惑を向けられましたが
そのような手の込んだことができるわけもなく
「パンを入れ替えてるとか、食品サンプルだとか・・・」
当の本人が一番びっくりした実験でした

naoi

2018年12月17日

木のお風呂

カテゴリー: 未分類

木のお風呂を修理したいとお問い合わせをいただきました
10年使用したヒバの柾目で造られたお風呂
底板の腐食が進み、水漏れが止まらない
引上げた浴槽
P1180073
底板の隅が黒ずんでます
P1180071
底板の小口が真っ黒です
P1180078
10年も使用していると徐々に痛み出し、比例して水漏れの量が多くなります
今回は底板をそっくり交換します
底板除去
側板の腐食は軽微なのでお掃除をして接合の準備をします
板目方向の変更
最後に側板を磨いて
DSC_0657
無事に取り付け終わり、水張りの試験を確認して納めてまいりました
無垢の木で造られたものは
部品が生産されなくなったから
修理できなくなるようなことはありません
職人がいくらでも直せます
この浴槽も今まで通りの使い方ならまた10年働いてくれるでしょう

naoi

2018年12月12日

世田谷のリフォーム現場

カテゴリー: 家づくり リフォーム

6月下旬から始まりもうすぐ半年経過となります
住まいながらの全面リフォーム
2階に住まいながら1階を最初にリフォームして
現在は1階に住まいながら2階のリフォームを進めています
既存の梁を化粧梁にするために入れ替えるつもりでしたが
どうしても小屋梁3本の入れ替えが難しく
化粧板でくるむ作戦に変更しました
P1170897
小屋束を外し杉板で化粧を施し
入れ替えられる構造材は新しい材料で
補強入替を済ませました
昨年くりこまで伐採した杉の柱、タイコ梁なども
必要箇所に設置が進んでいます
P1180180
造作家具の納まりの検討中

naoi

2018年11月28日

カテゴリー: 未分類

打合せの為須賀川に行きました
12月2日のお話会の打合せの為です
打合せの場所は板倉の家で、独自に耐力壁の認定を取得されたとの事
とても感銘を受けました
また、オリジナルでステン流しカウンターを造作されている加工精度にもおどろきました
DSC_3130
KUMIKO展示場で打合せを終えて舘岩の家に向かいました
DSC_3133
DSC_3144
DSC_3252
道々の秋を満喫しつつ気候が変化していくのを体感していますと
IMG_3639
煙出しのかやぶき屋根に雪が積もっていました
秋から冬への道中でもありました

naoi

2018年11月20日

秋の椅子づくり教室開催しました!!

エコ花で人気の椅子づくり教室!
今回も多くのお客様にご参加いただきました。

講師は、
Studio Y.E’S 石塚さん!

石塚先生

毎回初めて工具を触る方が多くご参加いただきますが、
石塚さんやスタッフがフォローしながら作業を進め、
皆さん無事に椅子を完成させました!!!

椅子のパーツ

座面と脚をやすりで磨き、
脚を取付と単純そうで案外難しい椅子づくり。。。。。

作業風景2

自分の好きな形に座面をカットしやすりで磨く作業をしているうちに、
愛着がわきこだわりが出てきます。

作業風景

椅子をづくりで使用する木材は、
国産無垢材の材料を使用しています。
傷がついたらやすりで削ったり手を加え、
長く使い続けることができるのが無垢材の良さだと思います。

完成

作る人により味わいが変わる椅子。
長く可愛がっていただければ幸いです。

また、来年も開催を予定しております。
今回ご参加できなかった方は是非ご参加ください。

nanala