ブログ
2017年2月3日

オリジナル木製キッチン

カテゴリー: 家具づくり

今日は節分です。家に帰ったら今なにかと話題の恵方巻を食べようと考えています。子供の頃は豆まきが好きでしたが、自分は現実派なので自宅では掃除が・・・面倒で豆はまきません。

タイトルにありますように今回は当社で造作した木製キッチンを何点かご紹介したいと思います。
その前にちょっと一言。よく「木で作ってもらうと高くなりますよね?」と聞かれるのですが、私達は「作り方次第ではシステムキッチンより安くする事も可能です。」とお答えしています。比較するキッチンによるのですが、当社では『合板を使わない!』というポリシーがありますので、メーカーのキッチンと言ってもタカラスタンダード製のホーローキッチンをお薦めしています。そのタカラのキッチンと比較しまして、引出しの数を極力減らし、カウンター下部をオープンとし棚板だけとか、ワゴンを使うとか工夫して頂ければお安く作ることができるのです。逆に自分の使い勝手の良いように、至れり尽くせりのキッチンを作ることも可能です。それでは施工例を。


ステンレスカウンター奥行を98㎝とたっぷり広くし、ガスコンロ周りは65cm。広い部分はLD側から使うオープン棚としたキッチンです。背面の収納も使い勝手の良いように造作しました。
カウンター:ステンレスヘアライン仕上げ  木材:桧・杉  建具:杉

北原 キッチン
天板が天然の石で通称「桜御影石」と言います。奥行1mの天板としました。奥のガスコンロ周りは奥行65cmで高さも少し低く作っています。そうする事で深さのある鍋や炒め物などがやり易くなります。1mのカウンター部はLD側から棚を使えるようにしています。背面の収納も使い勝手の良いように造作しました。
カウンター:御影石  木材:桧・杉  建具:杉+ポリカ

岡本キッチン
シンプルなI型キッチンです。ステンレスヘアライン天板で天板前とガスコンロ脇は50角のタイル仕上げ。キッチン背面と脇の家事スペースも使い勝手を考え収納を造り付けました。キッチン下部はオープンにしゴミ箱入れに使うスぺースです。
カウンター:ステンレスヘアライン仕上げ  木材:桧・杉  建具:杉+ガラス

今日ご紹介した中では最後の事例が流し下をオープンにし、シンプルな形状ですので比較的安価に造作できる見本です。
あまり作り込まない方が可変性にもつながり暮らしやすいのではと思います。

既製品ではない自分だけのオリジナルキッチン、大切に使っていただけるのでは?という私達の想いものせて造っています。
新築だけではなくリフォームでも対応させていただきますのでお問い合せ下さい。

2016年8月30日

収納BOX

カテゴリー: 家具づくり 未分類

エコ花でA4が入って重ねたり並べたりして使える収納BOXを作りました。

DSC_0010

◎扉付BOX・・・・・¥9,000-(税別)
  W370(内寸330)×H370(内寸330)×D296(内寸287)+扉厚19mm
DSC_0008
◎背板付きBOX・・・¥6,000-(税別)
  W370(内寸330)×H370(内寸330)×D296(内寸287)
DSC_0013
◎背板なしBOX・・・¥4,000-(税別)
  W370(内寸330)×H370(内寸330)×D296
DSC_0011

単独で使ってもよいですが、必要に応じて重ねたり並べたりできると本当に便利です!材料は杉無垢板で扉だけは杉の剥ぎ合せ材です。カラーオイル塗料で着色するとまた表情が変わります。リボス社カルデットがお薦めです。

2016年7月28日

クリの木の鏡台

カテゴリー: 家具づくり

DSCN9141
エコ花では国産無垢の木材の家具作りも行っています。
写真は自然乾燥8年のクリの木の原盤
102
鏡は設置した壁面に固定する予定
101
鏡の裏板、引き出しの底板のみ杉ですが、それ以外は全てクリの木で製作しました

2015年10月5日

キッチン収納

カテゴリー: 家具づくり

神無月に入りすっかり秋の気配を感じるようになりました。朝方の冷え込みがきつくなってきましたので風邪には要注意です!
さて今日は当社で作った『キッチン背面収納』をご紹介したいと思います。
先日リフォームを行ったお客様から「熱い鍋なんかをそのまま置けるように天板にタイルを張った収納を作って欲しい」とリクエストを頂きました。収納の扉は場所をとらないように引違いで、タイルは白一色とかではなくちょっと工夫して欲しいとの事でした。

当社の工房で製作途中。オール国産の杉材です。

引違い戸:杉框戸  天板:タイル張り

茶道を嗜んでいらっしゃるお客様に合うようにちょっと和っぽい風情を取り入れてみました!
テレビボードや勉強机、ベットなどもご希望に合わせて作らせて頂いています。ただし本業が家づくりですので製作にお時間を頂かないと作れませんので、その辺をご理解頂いた上でご注文頂ければ幸いです。
oh-oh

2015年9月8日

キッチン収納

カテゴリー: 家具づくり

雨ばかりで何となく憂うつな気分に・・・青空の偉大さを感じずにはいられないこの頃です。
今日は先日リフォームをしていただいたS様邸に納品させて頂いた「飛騨産業」の家具を紹介したいと思います。
国産の無垢材を使って改修するので部屋に置く家具も一新されたいとの話がありました。無垢材を使った家具を多く扱っている飛騨産業をご紹介させて頂きショールームに行って実物をみていただきました。数あるシリーズの中で「森のことば」というナラ材の節あり板を使ったシリーズに決まりました。私も個人的に好きなシリーズです。
飛騨産業さんいわく、『通常一本の丸太から家具として使用されるのは10%から15%。しかし素晴らしい樹木の個性を楽しみつつ、資源の活用を図れるなら、こんな良いことはありません。2001年、当社は高度な匠の技を基に、「節」を主役とした家具づくりに挑みました。』
キャビネット

ベンチ

椅子

栗無垢フローリングや当社で作った栃のダイニングテーブルも相性抜群!何といっても無垢材の良さは年数の経過による変化も楽しめる事です。なが〜く使って頂けると私達も嬉しいです。
oh-oh

2014年5月22日

カテゴリー: 家具づくり

先日知人から子供さん(今度高校生)の使う「机」を作って欲しいと依頼されました。
当初は予算の関係もあり、材料は杉になるかなという下話はしていたのですが、やはり机の天板としては杉は柔らかすぎるので、社長秘蔵の堅木から選んで頂けることに!
今回は「キハダ」という広葉樹を使って剥ぎ合せます。キハダの特徴は樹皮は昔から生薬(胃腸薬)として使われ、木材の特徴としては木目がはっきりしていて心材と辺材との色の差が大きいといわれています。

剥ぎ合せ中。同じ「キハダ」なのに全然木目も色も違っています。
はたして仕上がりはどうなるのでしょうか?


子供さんの希望で引き出しも付けました。
これが無塗装の状態です。この後ご本人の希望もあり着色すると!


リボス社のカルデット、オーク色とチーク色を重ね塗りしています。
天板の色の差も気にならなくなりちょうど良い感じに!
さっそく仕上がりを画像でみてもらったところ、大変喜んで頂きました。
当社ではオーダーの家具もお受けしています。
お気軽にご相談くださいませ。
oh-oh

2013年1月8日

いすづくり

カテゴリー: 家具づくり

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年一発目は去年の石塚えみこさんの「いすづくり教室」でつくった
子供用の椅子の紹介です。
テーブルに合わせた長めの脚で、成長にしたがって脚を切っていく予定です。

子供を乗せてみると、始めはおそるおそるでした。。。

鼻水が垂れているのはご愛嬌ですが、慣れてくると食事もスムーズです。

素人仕事で安定が少し悪いので、もう少し子供が成長してから
脚を切って、本格的に使いたいと思います。
saki

2012年11月3日

椅子

カテゴリー: 家具づくり

なんと『霜月』をむかえてしまいました。
文字通り霜が降る月の意味であり、気温もぐっと下がり事務所も寒いです。
男性スタッフのsatoさんはとても冷え性らしく、今日も「足先が冷たくて・・・」と申しております。
世の中に冷え性の男性って多いのですかね?私の友人・知人にあまりおらず、satoさんが珍しい体質なのでは?と言ったら、「そんな事はないはずです。」と!はたして真実は?
今日の本題は「椅子」です。
当社では無垢の1枚板や剥ぎ合せでテーブルを作ります。
椅子はというと、studio YE’sの石塚えみこさんのものを主に扱っております。

あとこの度「飛騨産業」さんのナラ無垢材にオイルフィニッシュ塗装で仕上げた椅子を納めることに!

施主様と一緒にショールームに行き座り心地を確かめながら選んだのですが、当初座面は布張りが良いのではという見解でした。でもいざ座ってみると、座面を立体的に仕上げた木の座面が本当にしっくりきて「木が良いね」という事に。材種はナラ材なのでずっしりと重いです。注文生産品なのでオーダーしてから30日間かかりますが、仕上がって現場に納めるのが楽しみです。                                           
oh-oh

2012年10月27日

テーブル納品

カテゴリー: 家具づくり

いつも椅子作り教室でお世話になっている、石塚えみこさんの
テーブルとベンチを納品しました!
カシの木との事ですが、木目が面白いですね。

こちらはなんと、ベンチがお子様のテーブルに早がわりです!
お子様の椅子も勿論、石塚さんの作品です。
こんな使い方もあるのかと驚きです。

無垢の家具が入るとそれだけでも部屋全体の雰囲気が変わりますので
テーブル、椅子等をまだお買いになってない方は是非!!
saki