ブログ
2017年10月3日

竹摺・荒壁

カテゴリー: 家づくり (一色)

4寸の柱、4倍のたすき掛けの筋かいの組み合わせの壁
竹小舞の土壁では柱のチリがとれません
そこで
DSCN6290

DSCN6292
木摺より気持ち間隔をあけて竹摺りです
DSCN6287
今回はチリ寸法が厳しいので私は手を出せません
DSCN6396
次の現場は一部土壁
片筋交いなので、竹小舞を掻く予定です

naoi

2017年6月26日

上棟式!

先日ブログでもうすぐ葉山で上棟予定の現場材料をUPしましたが、先週末に無事棟があがりました!

写真 2017-06-23 11 53 11

写真 2017-06-23 11 51 53

DSCN6117
↑丸2日間で屋根の垂木がかかりました。このアングルだとこの土地がかなりの傾斜地だと解っていただけると思います。

P1150672
3日目に大屋根の野地板を張り防水紙を貼ったところで午後から五色の旗と破魔矢を飾って上棟式です。

P1150691

IMG_0453
今回墨付け・刻みを行った平田棟梁が心を込めて祝詞をあげました。

IMG_0460
上棟式のあと直会の場をご用意いただきました。西日を浴びながら皆良い表情での記念写真です。
ありがとうございました。

2017年6月16日

もうすぐ上棟!

来週葉山で上棟予定の材料が養生紙に包まれ運搬の時を待っております。
化粧材
工房の中には昨日まで小屋梁の仮組みをしていた太鼓梁の材料が。
小屋梁板図

今までも何度も申し上げてきましたが、当社では全て『手刻み』で構造材を刻んでいます。材料のくせを見極め適材適所使っていきます。この梁の仕口(渡りあご)もこんな風に。
小屋梁仕口
光つけが大変ですが棟梁の腕の見せ所です。きっちり仮組みできていたので、建前当日もバッチリですよね棟梁。

梅雨の時期ですが、来週天気が崩れないように祈りたいと思います!