ブログ
2018年4月11日

椅子づくり教室 -初夏-

カテゴリー: 未分類

初めまして。
四月からエコ花スタッフに仲間入りしましたnanalaです。
これから、たくさんブログを更新していきたいと思いますので、
宜しくお願いします!

さて本日は、
Studio Y.E’S 石塚さんの椅子づくり教室-初夏-のご案内です(^^)/

blog_import_56703c6a62051

【日程】 6月9日(土) 10:00-17:00
【費用】 ¥11,000/脚(材料費・保険料込)
【定員】 10名 定員に達し次第受付終了
(※刃物、電動工具を用いるため小さなお子様の参加は原則不可とさせていただきます)

講師はStudio Y.E’Sの木工家・石塚えみこさん。
面白く、分かりやすく、道具の使い方からお教えしますので、
初めての方でも大丈夫です。
みんなでワイワイ、あれこれ悩みながら手を動かしましょう。
材料を切るところから、仕上げのオイル塗装まで一日で製作します。
その日のうちに、椅子をお持ち帰りいただけます。

※基本的に作品は「一人掛け椅子」を制作して頂きます。
※椅子以外の家具の制作については、対応しかねます。
 ご理解のほどお願いいたします。
※当日はスムーズな進行のため、開始10分前にお集まりください。
※汚れても良い服装、動きやすい靴をご用意下さい。

〈お申込みについて〉
電話、メール、ファックスなどで受け付けております。
・お名前、年齢、お電話番号(当日連絡の取れる番号)、住所をご連絡下さい。
弊社担当より折り返し、受付けのご連絡をさせて頂きます。
尚、料金はお申し込み後一週間以内のお振込みをお願い致します。
キャンセル待ちのお客様もいらっしゃいます為、ご都合が悪くなった場合には早めにご連絡いただきますようお願い申し上げます。

皆様の参加心よりお待ちしております♪

nanala

2018年4月9日

スタッフ紹介!

カテゴリー: 未分類

我がエコ花に4月より新しいスタッフが入りました。
早速頑張ってくれています。

まずは社長が見本を。
写真 社長

社長から「お腹に力をしっかり入れて!」と激がとび、
美樹さん

2tトラックに改修現場で使う梁や柱などの構造材をたっぷりと積み、この後二人は現場に向かい大工と共に今度は荷下ろしです。材料は重さだけではなく長さがあるので、慣れないとバランスを取るのも大変です。頑張っていきましょう。

当社の扱っている材料は、トレサビティのはっきりしている国産の無垢材のみとなっています。主に桧は岐阜より、杉材は宮城県栗駒より仕入れています。防腐剤など塗布されていない安心材料です。ちなみに当社から材料を削ってでた「おが粉」は東京農業大学馬術部にあげているのですが、敷き藁かわりに使うそうです。馬にとっても安心なので、喜んで貰っていると思います。

2018年1月31日

時の流れ

カテゴリー: 未分類

寒さが骨身にしみる今年の1月が終わろうとしています。残念なお話ですが2月も寒い予報がでています。何とか元気に乗り越え春を迎えたいものです。春よ来い!

今日はちょっと嬉しいお話を書こうと思います。
平成25年に当社で新築工事をさせて頂いた建主様から年賀状をいただきました。そこには建築当時まだ2歳だったお子さんが1年生になられた報告と、幼稚園卒園式で将来の夢をいう件で『大工さん!』と答えましたと書いてありました。
当時担当の一人だった私は何だか嬉しくてぐっときてしまいました。建築中は母子で毎日のように現場にお茶を差し入れてくださり、良く現場に足を運んで頂いた事覚えています。2歳のお子さんが「とうりょう」と棟梁大工を呼んでくれていました。その時の事が今回の夢に繋がっているとしたら本当に嬉しく思います。
懐かしい写真で、ご自身達で寝室の壁を塗られているところです。
ヒロキ塗り壁

こんな小さかったけど、もう1年生なんですね。家の大黒柱の『栗』に今度6本目の線が引かれるそうです。
大黒柱

中学、高校と進めば夢も変わってくるでしょうが、一瞬でも私達の仕事が夢と言ってもらえて嬉しかったです。
それにしても時の経つ早さを感じます。

oh-oh

2018年1月12日

新年のご挨拶

カテゴリー: ご近所 未分類

大変おそくなりましたが新年初ブログとなります。
本年もよろしくお願いいたします。

仕事始めからあっという間に一週間が過ぎようとしています。時の経つのが早すぎてついてゆけない今日この頃。そうは言っても時は待ってくれませんので、重い腰をあげて今日はご近所の『今戸神社』へお参りに行ってきました。外は快晴ですが頬にあたる風が冷たくてめげそうになりましたが、綺麗にみえたスカイツリーに導かれ七福神の一神の福禄寿の神様である今戸神社に到着。
スカイツリー
今戸神社門

縁結びの神様として有名なこともあり、カップルの方や女性の方がお参りしていました。
神社境内

私は今年の運だめしに「おみくじ」を引いてみました。
おみくじ
そしたらなんと・・・『大吉』が。
おみくじ大吉
社長に言ったら「おみくじ全部大吉なんだよ!」と言われましたが(笑)嬉しいものです。仕事運も順調に物事すすむとありますので今年も頑張ります。

oh-oh

2017年6月26日

上棟式!

先日ブログでもうすぐ葉山で上棟予定の現場材料をUPしましたが、先週末に無事棟があがりました!

写真 2017-06-23 11 53 11

写真 2017-06-23 11 51 53

DSCN6117
↑丸2日間で屋根の垂木がかかりました。このアングルだとこの土地がかなりの傾斜地だと解っていただけると思います。

P1150672
3日目に大屋根の野地板を張り防水紙を貼ったところで午後から五色の旗と破魔矢を飾って上棟式です。

P1150691

IMG_0453
今回墨付け・刻みを行った平田棟梁が心を込めて祝詞をあげました。

IMG_0460
上棟式のあと直会の場をご用意いただきました。西日を浴びながら皆良い表情での記念写真です。
ありがとうございました。

2017年6月23日

城郭建築

カテゴリー: 未分類

↓このお城は
白石城
『白石城』です。明治維新まで260余年間伊達氏家臣片倉家の居城でしたが、明治7年に解体されてしまいました。
この天守閣は平成7年に史実に忠実に復元されたものです。戦後復元された城郭建築は初めてらしいです。

白石城天守閣は城主が住まいとしていたものではなく、武器等の保管場所で戦闘状況になった場合用に1階には石落しなども作られています。
↓この写真の3階は白石城内部
広さ畳30畳ほど。再現の際は昔ながらの工法を用い補強金物は使わず、木材は檜が吉野檜、化粧材は青森ヒバ、山陰地方の松丸太、赤杉とすべて国産材で造られているそうです。耐用年数は250年を想定。壁は当地方の土壁と同じ造りで、土塗りを何度も繰り返し漆喰で仕上げてあり、厚さは21~24cmあり日本古来の耐火建築となっているそうです。
高欄から外を眺めますと、奥には蔵王連峰も。蔵王連峰

5月に福島に里帰りした時に白石まで足を延ばしてきたのですが、お城好きの家人も喜んでいました。250年はどうかと思いますが、当社が造る国産材手刻みの家も100年位は使って頂きたいと考えて造っています。もちろん手直しは必要です。ただ今までの住宅のように25年~30年位で建て替えしなければならないような家造りは考え直さなければいけない時代になったと思います。

2017年6月9日

新築現場進行中!

カテゴリー: 未分類

4月中旬に上棟しました現場が順調に進んでいます!
なかなかブログにアップせずにおる中・・・(反省)、基礎配筋検査をクリアし、
IMG_0596

金物検査をクリアーし(残念ながら良い写真がなく筋交いプレートが辛うじて写っています。)
IMG_1955
先日防水検査も終了しました。現在は室内の断熱材を充填中です!当社では羊毛断熱材のウールブレスを使用しています。大工さんが柱間に隙間なく綺麗に充填してくれています。DSC_0417

2階はこれからです。屋根は200mm厚、壁は100mm厚です。ロールで入荷するのですが、結構嵩張ります。
DSC_0427
全て充填し終われば断熱検査を受け、あとは最後の完了検査のみとなります。
自分達のチェックのみではなく第三者の確認を受けるという事は、建主様の安心材料の一つになると思います。

2017年5月31日

リフォーム後の暮らし方

カテゴリー: 未分類

昨年都内で大規模リフォームをさせて頂いたお宅に、約10か月ぶりくらいでお邪魔してきました。奥様しかいらっしゃらなかったのですが、その時のリフォームでご主人たってのご希望である「趣味の部屋」と言いましょうか、「趣味の基地」と言いましょうか、そういった特別な空間を造らせて頂きました。それは鉄道模型を走らせる、そして常時飾っておく為のロフト部屋です。私もこの業界に長く携わっているのですが、鉄道模型のレール幅がいくつだからロフトの手摺りはこの位置はNGとか、ケーブルを通す穴の位置なども事細かく打合せをしたのは初めての経験でした。
そして今回電車が飾られて、本当に毎日走らせたり眺めたりと楽しんでいらっしゃる様子を見聞きし私も嬉しくなりました。

改修前リビング
IMG_2389

改修後リビング
IMG_1982
IMG_1983 (2)

前に据え付けてあったカウンター収納を撤去し、下部は収納でその上に床板を張りロフト空間を作りました。出入り口の位置も変更しとっても雰囲気のある空間に仕上がったし、何よりとても綺麗に素敵に暮らしておられていて作った側としてはとても嬉しかったです。

奥様のお話ですとご主人は予定のない時は梯子のステップから何時間でも電車模型を眺めていらっしゃるそうです。
ちょっとした補修を承ったので今度伺う時はご主人のいらっしゃる時に直に感想をお聞きしてこようと思います。

2017年5月26日

福島に工場がありますが大丈夫ですか?

カテゴリー: 未分類

と質問されることが多いです。
先週末のセミナーでも同じ質問を受けました。
そういえば、新築の問い合わせのお客様にも・・・
皆さん家づくりの材料に対して放射能のことを心配されます。
写真 2017-05-15 8 37 32
ここがどこかと申しますと
〒967-0344 福島県南会津郡南会津町上ノ原269
フォークリフトが走れるものですから、
大きくて長い材料を墨付け刻みをするときは泊まり込みで作業しています。
ここで貯木しているのは主に広葉樹を天日乾燥しています。
近在の材料も、東京の材料も、宮城、岩手の材料も時間をかけて蓄えています。
家づくりの材料の針葉樹(杉、ヒノキ)は親しくさせていただいている宮城のくりこまくんえんさんの杉、赤松を取寄せて使っています。
採材、乾燥にこだわり、薬剤処理をしない材料を求めた結果です。
ヒノキは暖かい地方(主に東濃)から取寄せています。
数字にこだわるわけではありませんが、福島の工場で(2017.04.22撮影)
DSCN6065
0.057(他の場所0.055~0.065)
東京の工場で(2017.05.11)
DSCN6078
0.059(他の場所0.055~0.065)
同一の測定機による数値は前後しますがほぼ同じといってよいと思います。

北の材料はちょっと・・・・
お求めに応じて西日本の材料のみの対応をすることが多くなる中で、
くりこまくんえんでの材料の放射能測定でも計測できない(ゼロ値)のですけれど、
雰囲気と言いましょうか、疑わしきは・・・・
くりこまに肩入れ続けてきただけに内心複雑な心境です。

誰に不満をぶつければよいやら
風評というやつは・・・・

naoi

2017年5月9日

墨付け刻み in 舘岩

カテゴリー: 家づくり 未分類

写真 2017-04-22 12 04 28
4月22日に準備に小屋に行ったのですが・・・・
墨付け予定の材料を保管しているところが雪、雪、雪
このままでは構造材を手運びする事態になってしまうので
せっせと雪かき
写真 2017-04-30 16 31 43
連休前には太陽も手伝ってくれて
なんとか片付きました。
中旬から栗駒から運び入れた材料と共に墨付けを開始する予定です。

naoi