ブログ
2021年3月17日

「クリ」の木のはなし NO.3

もう春の陽気となってきましたね。
少しばたばたしており、
ブログを更新するのを怠っておりました。

本日からまた更新したいと思います。

では、今日はおいしい実がなる「栗」のはなし。

いがいがの実がなることであまりにも有名なクリ。
家づくりにはあらゆるところでクリが登場!
建築材としてのクリの使用は縄文時代にまでさかのぼります。
有名なもので言えば、青森県青森市にある三内丸山遺跡、直径1m、高さ数十mもの巨大なクリの柱が発掘されています。
そのほかの遺跡でもたくさんのクリの柱が見つかっていて、クリが縄文時代の主要な建築材であっただろうことがうかがえます。
クリの木材は縄文時代からエクステリアに使われてきたように、耐久性がとても高いのが特徴です。
「タンニン」という苦味成分を含んだアクがあるクリの木材は、虫や菌を寄せ付けず、雨水がかかるような過酷な環境でも腐りにくいのです。
梁や大黒柱などに使われ、とくに床材としてとってもおすすめ。
落ち着いた色味とやさしい木目は、主張しすぎずやわらかなあったかい空間をつくってくれます。

◎クリのフローリング 

◎クリの鏡台

次回の木のはなしは「ブナ」の予定です。

nanala