ブログ
2020年7月16日

エコ花の標準仕様!②床材

カテゴリー: エコ花の標準仕様

エコ花の標準仕様の第二弾です。

エコ花のつくる家は『国産の無垢材』を使用しています。出所、管理状況等がはっきりとわかる防腐剤など使っていない材料だけ使用するためです。その中で家の表面に使う「床材」を紹介したいと思います。

まずは日本で一番供給されている『杉フローリング節あり』です。特性はとても足触りの優しい木材で、逆にいえば柔らかいだけにキズは付きやすいといえます。また杉は空気層を持った材料で吸放湿性が高い材料です。湿度の高いことが多い今の季節、湿度を吸湿してくれ部屋の湿度を下げてくれます。価格的にも供給量が多いこともあり一番値ごろ感がある木材といえます。

次は『桧フローリング上小』です。杉と同じ針葉樹ですが、比べると杉より硬さがあり何ともいえない芳香がずいぶん長い間にわたり香ります。桧風呂というくらいですから水にも強く、当社では構造材として見えなくなる部分でも、土台、根太、柱など桧材を使います。造作の浴室の場合腰上の壁や天井にも桧材を使っています。

今度は一転広葉樹の『栗フローリング』です。栗はタンニンという成分が含まれており、やはり水などに強く昔は土台にも使われていました。今は山から取れなくなってしまい、そんな土台に使うような贅沢は難しくなってしまいました。エコ花では椅子を使うリビング・ダイニングそして低温式床暖房を敷設する部屋には栗をおすすめしています。堅木なので狂いも少ない材料です。

無垢材もそれぞれ特性がありますので、適材適所また建主様の生活スタイルやお好みに合わせて一緒に選んでいます!!

 

oh-oh