ブログ
2020年7月6日

無垢フローリングの快適さ!

カテゴリー: リフォーム

九州で大雨による甚大な被害がおきてしまい、自然の恐ろしさを改めて痛感しております。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は先日リフォームを行った築20年の木造住宅を紹介します。

このお宅は水廻り以外はカーペットが張られているお宅でした。

カーペットを撤去し、下張りのフエルトも撤去し始めるところ

カーペットは足触りが柔らかく足音なども響きにくいという利点があります。ただ難点としては掃除がしにくくダニなどの温床になってしまうことが!!

そこで今回は広めのリビングダイニングを『栗』無垢フローリングに張り替えました。

20帖ほどのLDK!大工も張り甲斐があります。巾木も無垢の木(杉)を張っています。

見た目の印象も明るくなったのですが、やはり部屋の空気感が変わります。無垢の木は調湿性能が高いので、この時期のように外の湿度が100%に近い状態の時でも室内はエアコンなど入れなくても60%台を保ってくれるようです。(洗濯物など干したり、使い方によってはその限りでない場合もあります。)

人が感じる不快さは温度よりも湿度が関係してくるので調湿効果が高い無垢材は現代日本に最適です!仕上げはクリアーなオイル塗装!家族が集うリビングダイニングが快適空間になれば必然的に家族みんなで過ごす時間も増えそうです。