ブログ
2006年2月7日

佐原の町をご紹介

“佐原の家”がある千葉県佐原市の町をご紹介します。
佐原市内を流れる小野川沿いなどは、江戸時代・明治時代の名残がある古い町並みが残されています。木造の町家のほかに、土蔵、洋風建築などの伝統的な建造物も数多く建っていてさまざまな時代の表情が入り交ざった町並み。これらの町並みは平成8年12月10日に、文化庁から「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けています。(関東地方では初めての指定地区だそうです。平成8年に関東初とはなんだか意外ですね!)

↑の写真の一番右にうつっているお店は、創業も建築も安政2年(1855年)「中村屋商店」さんと言って、荒物や雑貨、畳を扱ってきた商店だそうです。変形した敷地に建つため、主屋の柱が五角形なんだとか。

↑こちらは「小堀屋本店」さんと言う蕎麦屋さん。天明2年(1782年)創業でいまも変わらず営業中。建物は明治23年に建てられています。
その他にも、自分の足で全国を測量して歩き、日本で最初の実測日本地図をつくりあげた「伊能忠敬」の旧宅を記念館にした建物や、「よろい戸」という戸締りの方式が残っている160年間ちかく修復をしていない佃煮の製造販売店、大正3年(1914年)に建てられたレンガを使った二階建ての洋館「旧三菱銀行佐原支店」(現在は三菱館という呼び名です)など、数々の重要な伝統的建造物が大切に残されています。
“佐原の家”も石場建てに通し貫+竹木舞下地+土壁、金物を使わない高度な木組みでの建て方という、日本の伝統技術を大切にした昔ながらの住宅。何百年という古い町並みを残した佐原の町に溶け込んで、これからも永く建ちつづけてくれるでしょう。
ちなみに佐原の家はお施主さんが日々手を入れ続けてどんどん姿を変えています。その様子もぜひこちらからご覧ください!
 
★★★

2006年2月6日

那須高原の家 竹を切ってきました

カテゴリー: 家づくり2006〜2007

「那須高原の家」の竹木舞の材料を、佐原の家の裏山でいただいてきました。

この竹を割って使います。割り方は、節をなたで叩き割りながら鉄棒のようなものをグッグッと押し込み、めりめりとさいていきます。こんな感じです

それにしても自宅の裏に竹やぶなんて!春には毎年ちゃっかり竹の子掘りにお邪魔しているエコ花一同です。
去年入れた佐原の家のペレットストーブも元気に動いていました。

ペレットはいちどに15kgくらい入るようで、4時間くらいもつそうです。南部鉄瓶でお湯を沸かしていました。雰囲気ばっちりです!やっぱりストーブは実際の温度はもちろん、見た目のあたたかさがうれしいですよね。
★★★

2006年2月3日

今日は節分です

カテゴリー: 徒然・農園

今年は2月3日が節分だそうです。今年は、というのはその年によって日にちが違うそうなんです。そういえばいままでも2月2日だったり4日だったりしたような気が・・・
というわけで少し調べてみました。
節分とは、それぞれの季節の始まりをあわらす立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言うそうです。「季節を分ける」ということから「節分」という名前がつきましたが、特に立春が1年のはじまり(終わり、という説もあるそうですが)といわれることから立春の前日の節分が全国的に「節分の日」として知られています。ちなみに来年も2月3日。つまり2月4日が立春です。
豆まきは中国から渡ってきた行事だそうで、家の内と外にその家の主か年男が「鬼は外、福は内」と掛け声をかけながら豆をまきます。掛け声は全国各地でいろんなバリエーションがあり、エコ花ご近所の“入谷鬼子母神”(真源寺)では「福は内、悪魔外」と言い「鬼は外」とは言わないそうです。
まいた豆は拾って、自分の年の数、もしくは年の数+1粒をたべると1年病気をしないという言い伝えがあります。(ちなみに私は小さいころ豆まきの豆が大好きで、拾って年の数を食べたあと、残りの豆をえんえん食べていましたが・・意味がない?!)
豆は煎り豆が良いそうです。生の豆をまいて拾い忘れたとき、それが根をはって芽が出るとよくないことが起こると言う云われもあるとか。でも最近の家庭では豆のほかにもチョコレートや飴といったお菓子をまいているところもあるそうですね。ちなみになんでまくのが豆かというと、穀物や果実には「邪気を追い払う霊力」があると考えられているから、とのこと。
それともうひとつ、節分の日におこなう行事として「恵方巻き」という巻き寿司を、恵方の方向を向いて目を閉じて願い事を思い浮かべながらかぶりつく、というのがあるそうです。これは私は最近コンビニでやたらと“節分に恵方巻き!”と書いてあるのを見て知りました。もともと関西の風習だったものが最近になって関東に入ってきたようです。
これは“福を巻き込み、縁を切らない”という意味合いがあるとか。

日本のさまざまな風習はどれも奥が深いですね。でもつづいている風習はこの先もなくならないよう、格式ばってこだわらなくても楽しんでやっていくことが大切ですよね。

2006年2月2日

建具の塗装をしてます

カテゴリー: 家具づくり

おととい作った浴室入口の框扉をオイルフィニッシュで塗装しています。

エコ花では、特別に色をつけたいとき以外はこのオイルフィニッシュをつかって木製品やフローリングの仕上げをします。オイルフィニッシュはアトリエベルさんが作っている亜麻仁油を主成分とした自然系塗料。写真のように刷毛で塗ってしみこんだら、木が吸い込みきれなかった油をウエスですり込むように拭き取ります。
こちらがオイルフィニッシュ
塗り方のコツは、あまりたぷたぷに塗らないこと。厚塗りをしても、木が吸い込める塗料の量は決まっているので結局拭き取る方が多くなってしまいます。仕上がりは木を水で濡らしたような濡れ色。無塗装のときよりも木目が引き立ってうつくしいので、自分で塗っていてたまにきれーいと感動しちゃいます(笑)。ペンキなどと違って刷毛のあとや塗りむらなどがあまり出ないので、はじめてでも簡単に扱えますよ。
★★★

2006年2月1日

日本の木を使おう! vol.4

カテゴリー: 山の話・木の話

あいだが空いてしまいましたが“日本の木を使おう!”の最終章です。
すこしでも 出来ること
森のため、地球環境のため、何かわずかでも出来ることはないか、ここにいくつかあげてみます。
とにかく、国産材をえらぶ
木製品を買うとき、家をつくるとき、材料に国産材をえらべば、その分森が活性化します。さらに国産材は目の届く範囲で製材されるため、薬剤処理が行われていないかなど実際に足を運んで確かめることもできます。国産材をつかって家を建てたとき、お施主さんがつかった柱の本数分の植林をする、“山への恩返し”も行われています。
間伐材をえらぶ
間伐材を用いた製品を表示する間伐材マークのついている製品をえらぶことは、森を守る上で大きな役目を果たします。ちなみにエコロジーライフ花で採用している飛騨フォレストの桧チップの畳床は、桧の間伐材を利用しています。

自分の住む土地、地球環境を守るという当然のことも、人間の利害や勝手で壊しています。一方で長年保全の運動をされている方もいて、ここ数年でその数が少しずつ増えていっているように思われます。小さな力でも集まれば大きな影響力になることを信じて、少しずつ行動をおこし、地球をいつまでも健康に保っていければと願っています。
-おわり-
★★★