ブログ
2019年11月27日

江戸っ子に大人気浮絵に残る今戸焼

本日は、エコ花取扱商品のご紹介をします!

\浅草 今戸焼/

皆さん今戸焼ってご存知ですか?
今戸焼とは、江戸時代から明治時代を中心に今戸やその周辺で製造販売された焼き物のこと。今戸焼職人は、瓦・日常生活道具・土人形(つちにんぎょう)・工芸品などの焼き物を製造販売していましたが、今戸焼の需要減少や今戸周辺の都市化、震災・戦災などにより、隅田川の東岸今戸人形は、陶土を練り、型に入れて成形して、乾燥したものを窯で焼き上げ、彩色を施した狐・狸・あねさま・招き猫・おかめ・福助など多くの種類が製造されるようになり、長く江戸東京の庶民に親しまれてきた郷土玩具。

そして現在、今戸焼職人さんはたった1人!!”今戸焼白井”さんは今戸唯一の職人さんで伝統を守られている。素敵な今戸焼の猫たちがエコ花で販売しております。

13685B6F-0938-427C-ADD7-9A11C4A8F4E8
火入れ猫 ¥6,000(税抜):背中に炭を入れられる猫

5FC3EF20-9822-42BE-A503-4749C3B4636F
まるしめ猫 ¥5,000(税抜):吉を招いて逃がさない縁起もの

是非、エコ花ショップへお越し下さい。

Nanata

2019年11月26日

メグスリノキ

刻み・資材置き場『舘岩の家』のメグスリノキが綺麗に紅葉してました!

278F2EAD-CB2D-4BC0-98BB-5629043335ED

メグスリノキは東北地方中部以南に自生する日本固有の樹木で、カエデの仲間ではもっとも紅葉の美しい木になります!
民間療法にて、樹皮や葉を煎じたものが眼病に効くといわれることからメグスリノキと呼ばれるようになったそうです。

537F79CF-922A-4DE5-A4FD-96BD14A40D17

nanala

2019年11月22日

ひと手間

カテゴリー: 家づくり

新築工事が順調に進んでいます
ただいま外壁の下地を施工中
杉の板を木酢液に漬けたものを使っています
黒っぽいのでわかりにくいですが
ジョイントがきれいに一直線にならないように
互い違いに張っています
合板ではなく無垢の杉板が下地となりますので
モルタルを仕上げた後下地の杉板が縮んで
モルタルが割れにくいようにひと手間かけています
写真 2019-11-18 12 44 06 (1)
そういえば昔
耐力壁ではありませんが
打ちとめている釘の本数を感心されたこともありました
隠れてしまうところですけど・・・

2019年11月20日

”酉の市“ 家内安全、商売繁盛!

カテゴリー: ご近所 未分類

昨日の暖かさが嘘のように風が吹くとすごく寒い今日はお昼に、
事務所から歩いて15分ほどの鷲神社の二の酉に参拝してお参りしてきました。

165CE589-7DC1-4320-8392-B13174C85B97

秋の終わりを告げる「酉の市」、開運出世、商売繁盛など、商人の夢を叶える粋なお祭り。今年の開催日程は11月8日、11月20日の2日間。

ED7C864A-5EF6-4469-875A-6077CA737353

酉の市は鷲神社の境内で11月の酉の日に開かれ、
開運出世や商売繁盛を願う人で大変賑わっていました。

9F20BBE5-8B7E-4512-8561-B5E95D37C3CC

縁起物の熊手を売る店が神社の周りにずらりと立ち並び、
七福神、宝船、松竹梅、千両箱などで綺麗に飾られた熊手が、
ところ狭しとばかりに並びそれもまた見所です。
「鷲神社」の隣には、酉の寺「長国寺」というお寺があり、2つの寺社のご利益が得られる最強の開運スポットとして、毎年夜遅くまで賑わっています。

8CF0371A-ABB4-4EDB-BA49-A653F858CF4F

今年も縁起担ぎに熊手を購入!!!!
\イヨォー!チャチャチャ!チャチャチャ!チャチャチャ!チャン!/
早速お店に飾りました。

nanala

2019年11月14日

紅葉!

カテゴリー: 未分類

11月に入り日光へ行く機会があったのですが、地元の方から今年の紅葉は例年から比べると50~60%くらいの色づきだと聞きました。やはりこの夏の天候不順と台風などが影響しているのではとの事でした。
それでもモミジが赤く色づいている様は、秋の深さを感じながら心から綺麗だと思いました。

日光

小学校以来かもという友人と共に「華厳の滝」にも足を運びました。

華厳の滝

台風19号直後などは、凄い水量だったようですが、この時は通常量の2t/秒の表記になっていました。外国人の観光客の方も多かったです。

今回の旅で痛感したのは、この日本ならではの風光明媚な自然や歴史ある建造物を未来へちゃんと残したいなぁと。一人一人の力はちっぽけかもしれないけれど、少しでもCO2削減を意識して暮らして、この異常気象にストップをかけたい。エコ花が作る家は、なるべく土に戻ることができる材料で、手刻みで丁寧に作ることを心掛けています。これからもそこはぶれずに頑張ろう!と思った旅となりました。

猿

最後は日光東照宮の三猿で。

oh-oh