ブログ
2020年9月4日

田園の家 瓦工事が始まりました。

カテゴリー: 田園の家

暑い日が続いておりますが、田園の家は着々と進んでおります。

本日から瓦の工事が始まりました!!

トラックいっぱいに瓦が納品いたしました。

通常機械で下ろしますが現場状況により今回はせっせと手で瓦を下すことに…

1パレット430枚の瓦が梱包されています。

これ何かご存知ですか?

天秤といってフックが付いており、

そこに瓦を引掛けて運んでいきます。

全部で40kg!!!!

器用にトラックから運んでいました。

暑いので水分補給をこまめにとって頑張ってます!!

 

nanala

2020年8月21日

屋根裏を有効活用!壁の向こうに書斎…

カテゴリー: リフォーム 未分類

20年お付き合いのあるお客様から、屋根裏スペースを有効利用して書庫を作りたいとご依頼がありました。

この空間に床を張り、天井を作り、そして本棚を作っていきます。

      壁面を最大限に利用して沢山の本棚が出来上がりました。      最後に栗フローリングにオイルを塗っていきます。

早速本が収まりました。傾斜天井部まで無駄にせず三角形の本棚に!

市販の合板で作られた棚と違って30mmほどの厚みがある杉無垢板で棚を作り、背中部分やその他天井や壁面まで杉羽目板材で作った部屋なので、調湿効果が期待できます。大切な本の保管にはもってこいのお部屋となりました。

2020年8月19日

田園の家 祝上棟!!

カテゴリー: 田園の家

先月末、田園の家がめでたく上棟しました!!

前面道路が4mと広くないので、車の通行などを考慮し今回はトラッククレーンでの作業となりました。

棟梁を先頭に大工、鳶さんと協力し手刻みした構造材を1本1本組み上げていきます。

吹抜けに見えてくるちょうな掛けした太鼓梁の2本目を掛けています。

柱は4寸角の桧材、梁は燻煙乾燥した杉材を使用。エコ花の標準仕様です。天気も何とかもってくれ2日がかりの作業となりましたが無事棟があがりました。

建主さんの想いを大切にこの後も現場を進めて参ります!!

 

oh-oh

2020年8月6日

吾唯足ることを知る!

間もなくお盆休みになりますが、今年に限っては帰省もままならない休みとなってしまいそうです。ましてや旅行も難しいので休みはどうしようかと家で考えていた時に携帯の写真を見ながらふと思い出したことが・・!

私は京都が好きで度々訪れているのですが、その中で主人と行った石庭で有名な『龍安寺』

日本の侘び寂びを感じる石庭も素晴らしかったのですが、私達が心打たれたのが『蹲踞』に書かれた文字「吾唯足知

「ワレタダタルコトヲシル」と読み、簡単に言えば足りることを知り、自分にとって大切なものを見極めることは大切であると。仏教の神髄の言葉らしいです。

今こんな時だからこそ「吾唯足ることをしる」この言葉を大切に、出来ないことが多い毎日だけど、だからこそ一日を大切に自分と他人にも優しくなれたらと思った真夏日でした。

 

oh-oh

2020年8月4日

自然素材体感ルーム!①

梅雨が明けた途端に・・・真夏の暑さが身体にこたえます。

今日は何度かエコ花ブログに登場したこともありますが、当社工房2階につくった『自然素材体感ルーム!』を改めて紹介したいと思います。

天井:杉羽目板張り  壁:正面=卵漆喰塗り・左側・梁=漆喰仕上げ    床:杉無節フローリング

テレビボード:天板=ヒメコマツ 他赤松  机:桧  ベンチ:キリ天井:杉羽目板張り  壁:正面=本漆喰堅押さえ・梁=漆喰仕上げ    床:杉無節フローリング

テーブル:天板=ケンポナシ  オープン棚:杉

吸放湿性、保温性に優れた杉材を天井・床に張ることによって暖かみのある空間に仕上がっています。また壁は主に漆喰を塗っています。一部キッチン側にはオガファーザーというウッドチップ入り紙クロスが張ってあるので、質感の違いなども感じていただけます。

自然素材の持つ良さは人間の五感で感じていただくことが一番です。昔から自然界に存在している無垢の木や漆喰で作られた空間の居心地の良さ、優しさに実際に触れてみて下さい。

体感ご希望の方はエコ花までお気軽にお問い合せ下さい。お待ちしています。

 

oh-oh

2020年7月29日

なんで木だらけの家なの?

カテゴリー: リフォーム

2011年に当社で新築を建てさせてもらった建主様からお声をかけていただき、個室へのエアコン取付工事と2階バルコニー面の大きなサッシ外部に目隠しと暑さ防止のために『アウターシェード』取付工事を行いました。

真下にまっすぐおろす使い方

バルコニー手摺りに斜めにバンド留めする使い方

写真は外から撮っているのでシェードの色が黒っぽく濃く見えると思いますが、室内からみると黒い網戸がもう少し濃くなったような感じで全く圧迫感のようなものは無かったです。今年は記録的な長梅雨ですが8月に入れば熱い熱い毎日になりそうなので、大活躍してくれること間違いなし!!建主様にも満足していただけました。

そうそう、職人が作業している時に奥様から楽しいお話を聞かせていただきました。建主様には高校1年生と小学校4年生の男の子がいらっしゃるのですが、そのお友達が家に遊びに来ると中に『なんでこのお家は木だらけなの?』と何とも答えに窮する子供らしい質問をされる事があるそうです。

引き渡し時のLDK。大きな梁にはちょうなという大工道具で『なぐり加工』が 施されています。

このお部屋をみてお子さんのお友達は不思議がっていたそうです。マンション住まいのお子さんにとっては初めて見る“無垢の木”は迫力を感じたのでは?と思いました。奥様も「なんで?と言われても・・・う~ん。」と笑っていました。帰り際には「住んでいて、ここが調子悪いとか直して欲しいとか本当になくて、気持ちよく過ごせてます。」とおっしゃって下さいました。エコ花スタッフとして嬉しい一言でした。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

oh-oh

2020年7月23日

田園の家!!新築工事①

カテゴリー: 田園の家

5月より本格的に刻みが始まった『田園の家』が上棟を今月末に控え、いよいよ現場に構造材が運び込まれ上棟日に向け準備に入りました。

ここまでの現場の様子を紹介していきます。

まず現場では「基礎工事」から着手。当社の標準仕様はベタ基礎です建物床下一面を鉄筋コンクリートで支える基礎なので、不同沈下などに影響されにくく、地面からの湿気があがってくることを防止してくれる役割も担っています。  根伐りを行い砕石で地固めし、防湿シートを敷設したら決められた太さの鉄筋で配筋作業。

基礎全景

この後基礎配筋検査を受け無事クリアーし次はコンクリート打設という流れとなります。

コンクリートの養生期間中。このあと型枠をばらしたら基礎工事は完了となります。残念ながらこの後の写真が・・・。続く

 

oh-oh

2020年7月16日

エコ花の標準仕様!②床材

カテゴリー: エコ花の標準仕様

エコ花の標準仕様の第二弾です。

エコ花のつくる家は『国産の無垢材』を使用しています。出所、管理状況等がはっきりとわかる防腐剤など使っていない材料だけ使用するためです。その中で家の表面に使う「床材」を紹介したいと思います。

まずは日本で一番供給されている『杉フローリング節あり』です。特性はとても足触りの優しい木材で、逆にいえば柔らかいだけにキズは付きやすいといえます。また杉は空気層を持った材料で吸放湿性が高い材料です。湿度の高いことが多い今の季節、湿度を吸湿してくれ部屋の湿度を下げてくれます。価格的にも供給量が多いこともあり一番値ごろ感がある木材といえます。

次は『桧フローリング上小』です。杉と同じ針葉樹ですが、比べると杉より硬さがあり何ともいえない芳香がずいぶん長い間にわたり香ります。桧風呂というくらいですから水にも強く、当社では構造材として見えなくなる部分でも、土台、根太、柱など桧材を使います。造作の浴室の場合腰上の壁や天井にも桧材を使っています。

今度は一転広葉樹の『栗フローリング』です。栗はタンニンという成分が含まれており、やはり水などに強く昔は土台にも使われていました。今は山から取れなくなってしまい、そんな土台に使うような贅沢は難しくなってしまいました。エコ花では椅子を使うリビング・ダイニングそして低温式床暖房を敷設する部屋には栗をおすすめしています。堅木なので狂いも少ない材料です。

無垢材もそれぞれ特性がありますので、適材適所また建主様の生活スタイルやお好みに合わせて一緒に選んでいます!!

 

oh-oh

2020年7月14日

洗面台をリニューアル!

カテゴリー: リフォーム

2015年に当社で新築をしたお客様からご相談をいただきました。

木製洗面化粧台のカウンターの一部(奥側)が使用すると水で濡れるので黒くカビがでてしまうというお悩みでした。

引渡し当時の洗面台です。

5年ほど使用し黒ずみが・・・。

そのこと以外はとっても気に入って頂いている洗面台なので、今回は問題の箇所に御影石を施してみました。

浄水器の『シーガルフォー』置場もバッチリ!水撥ねしても掃除も楽になりました。

これからも末永く使用していただければ嬉しく思います。

 

oh-oh

2020年7月10日

エコ花の標準仕様!①水廻り

カテゴリー: エコ花の標準仕様

今日は、エコ花で使う「標準仕様」の中から水廻り製品をご紹介したいと思います。

当社では会社設立当初よりなるべく化学物質を少なくし自然由来の素材や製品を使って新築やリフォームを行ってきています。

そうは言っても全ての化学物質を排除する事は不可能で、特に水廻り設備機器類は水漏れを起こすわけにはいかないので、どうしても合板や樹脂製品を使わざるを得ないのです。そんな中我々の味方は『タカラスタンダード』の『ホーロー』製品です。タカラのキッチンや洗面台は、箱の中身も(背板、側板や底板)鋼板製なので、水に強いし掃除も楽チンです!他のメーカーはほとんどが中身は合板製ですので、年数が経ってくると部分的に腐ってきたり、割れてきたり、掃除しても綺麗にならなかったりしてしまう訳です。

紹介するプランはフラット対面型でサイズは2m45cm。加熱器もIHヒーターなので掃除が楽です。

天板カウンターはアクリル人造大理石で奥行が1mあり背面は引戸収納になっています。ダイニング側から使うたっぷり収納。

お料理中もリビングに集う家族と語りながら、そして家族も一緒にキッチンに入れるようにレイアウトされています。

 

洗面台も同じくホーロー製です。巾90cm三面鏡タイプ。シンプルですが収納力もたっぷりです。

 

最後に紹介するのは、『システムバス』です。

壁、天井ともホーローパネル、床はステンレス板に特殊コーティングされた磁器タイルが張られています。いずれも丈夫で、基本のお掃除はお風呂を上がる際にシャワーで流して出ればOKといわれています。タカラスタンダードのホーローは本当に頑丈なので、ワイヤーブラシでこすっても傷がつきません。という事は長い年月使い続けても傷も汚れも目立たないのです。

エコ花の施主の皆さまには、まずは『タカラスタンダード』のショールームで体感して頂きプランを決めています。新築の時だけでなくリフォームの際も是非実物をみて触ってから決めることをお薦めしています。私達も新製品がでたりするとショールームで実物を確かめています!

まずはエコ花標準仕様第一弾お届けしました。

 

oh-oh