ブログ
2020年7月29日

なんで木だらけの家なの?

カテゴリー: リフォーム

2011年に当社で新築を建てさせてもらった建主様からお声をかけていただき、個室へのエアコン取付工事と2階バルコニー面の大きなサッシ外部に目隠しと暑さ防止のために『アウターシェード』取付工事を行いました。

真下にまっすぐおろす使い方

バルコニー手摺りに斜めにバンド留めする使い方

写真は外から撮っているのでシェードの色が黒っぽく濃く見えると思いますが、室内からみると黒い網戸がもう少し濃くなったような感じで全く圧迫感のようなものは無かったです。今年は記録的な長梅雨ですが8月に入れば熱い熱い毎日になりそうなので、大活躍してくれること間違いなし!!建主様にも満足していただけました。

そうそう、職人が作業している時に奥様から楽しいお話を聞かせていただきました。建主様には高校1年生と小学校4年生の男の子がいらっしゃるのですが、そのお友達が家に遊びに来ると中に『なんでこのお家は木だらけなの?』と何とも答えに窮する子供らしい質問をされる事があるそうです。

引き渡し時のLDK。大きな梁にはちょうなという大工道具で『なぐり加工』が 施されています。

このお部屋をみてお子さんのお友達は不思議がっていたそうです。マンション住まいのお子さんにとっては初めて見る“無垢の木”は迫力を感じたのでは?と思いました。奥様も「なんで?と言われても・・・う~ん。」と笑っていました。帰り際には「住んでいて、ここが調子悪いとか直して欲しいとか本当になくて、気持ちよく過ごせてます。」とおっしゃって下さいました。エコ花スタッフとして嬉しい一言でした。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

oh-oh

2020年7月23日

田園の家!!新築工事①

カテゴリー: 田園の家

5月より本格的に刻みが始まった『田園の家』が上棟を今月末に控え、いよいよ現場に構造材が運び込まれ上棟日に向け準備に入りました。

ここまでの現場の様子を紹介していきます。

まず現場では「基礎工事」から着手。当社の標準仕様はベタ基礎です建物床下一面を鉄筋コンクリートで支える基礎なので、不同沈下などに影響されにくく、地面からの湿気があがってくることを防止してくれる役割も担っています。  根伐りを行い砕石で地固めし、防湿シートを敷設したら決められた太さの鉄筋で配筋作業。

基礎全景

この後基礎配筋検査を受け無事クリアーし次はコンクリート打設という流れとなります。

コンクリートの養生期間中。このあと型枠をばらしたら基礎工事は完了となります。残念ながらこの後の写真が・・・。続く

 

oh-oh

2020年7月16日

エコ花の標準仕様!②床材

カテゴリー: エコ花の標準仕様

エコ花の標準仕様の第二弾です。

エコ花のつくる家は『国産の無垢材』を使用しています。出所、管理状況等がはっきりとわかる防腐剤など使っていない材料だけ使用するためです。その中で家の表面に使う「床材」を紹介したいと思います。

まずは日本で一番供給されている『杉フローリング節あり』です。特性はとても足触りの優しい木材で、逆にいえば柔らかいだけにキズは付きやすいといえます。また杉は空気層を持った材料で吸放湿性が高い材料です。湿度の高いことが多い今の季節、湿度を吸湿してくれ部屋の湿度を下げてくれます。価格的にも供給量が多いこともあり一番値ごろ感がある木材といえます。

次は『桧フローリング上小』です。杉と同じ針葉樹ですが、比べると杉より硬さがあり何ともいえない芳香がずいぶん長い間にわたり香ります。桧風呂というくらいですから水にも強く、当社では構造材として見えなくなる部分でも、土台、根太、柱など桧材を使います。造作の浴室の場合腰上の壁や天井にも桧材を使っています。

今度は一転広葉樹の『栗フローリング』です。栗はタンニンという成分が含まれており、やはり水などに強く昔は土台にも使われていました。今は山から取れなくなってしまい、そんな土台に使うような贅沢は難しくなってしまいました。エコ花では椅子を使うリビング・ダイニングそして低温式床暖房を敷設する部屋には栗をおすすめしています。堅木なので狂いも少ない材料です。

無垢材もそれぞれ特性がありますので、適材適所また建主様の生活スタイルやお好みに合わせて一緒に選んでいます!!

 

oh-oh

2020年7月14日

洗面台をリニューアル!

カテゴリー: リフォーム

2015年に当社で新築をしたお客様からご相談をいただきました。

木製洗面化粧台のカウンターの一部(奥側)が使用すると水で濡れるので黒くカビがでてしまうというお悩みでした。

引渡し当時の洗面台です。

5年ほど使用し黒ずみが・・・。

そのこと以外はとっても気に入って頂いている洗面台なので、今回は問題の箇所に御影石を施してみました。

浄水器の『シーガルフォー』置場もバッチリ!水撥ねしても掃除も楽になりました。

これからも末永く使用していただければ嬉しく思います。

 

oh-oh

2020年7月10日

エコ花の標準仕様!①水廻り

カテゴリー: エコ花の標準仕様

今日は、エコ花で使う「標準仕様」の中から水廻り製品をご紹介したいと思います。

当社では会社設立当初よりなるべく化学物質を少なくし自然由来の素材や製品を使って新築やリフォームを行ってきています。

そうは言っても全ての化学物質を排除する事は不可能で、特に水廻り設備機器類は水漏れを起こすわけにはいかないので、どうしても合板や樹脂製品を使わざるを得ないのです。そんな中我々の味方は『タカラスタンダード』の『ホーロー』製品です。タカラのキッチンや洗面台は、箱の中身も(背板、側板や底板)鋼板製なので、水に強いし掃除も楽チンです!他のメーカーはほとんどが中身は合板製ですので、年数が経ってくると部分的に腐ってきたり、割れてきたり、掃除しても綺麗にならなかったりしてしまう訳です。

紹介するプランはフラット対面型でサイズは2m45cm。加熱器もIHヒーターなので掃除が楽です。

天板カウンターはアクリル人造大理石で奥行が1mあり背面は引戸収納になっています。ダイニング側から使うたっぷり収納。

お料理中もリビングに集う家族と語りながら、そして家族も一緒にキッチンに入れるようにレイアウトされています。

 

洗面台も同じくホーロー製です。巾90cm三面鏡タイプ。シンプルですが収納力もたっぷりです。

 

最後に紹介するのは、『システムバス』です。

壁、天井ともホーローパネル、床はステンレス板に特殊コーティングされた磁器タイルが張られています。いずれも丈夫で、基本のお掃除はお風呂を上がる際にシャワーで流して出ればOKといわれています。タカラスタンダードのホーローは本当に頑丈なので、ワイヤーブラシでこすっても傷がつきません。という事は長い年月使い続けても傷も汚れも目立たないのです。

エコ花の施主の皆さまには、まずは『タカラスタンダード』のショールームで体感して頂きプランを決めています。新築の時だけでなくリフォームの際も是非実物をみて触ってから決めることをお薦めしています。私達も新製品がでたりするとショールームで実物を確かめています!

まずはエコ花標準仕様第一弾お届けしました。

 

oh-oh

 

2020年7月6日

無垢フローリングの快適さ!

カテゴリー: リフォーム

九州で大雨による甚大な被害がおきてしまい、自然の恐ろしさを改めて痛感しております。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は先日リフォームを行った築20年の木造住宅を紹介します。

このお宅は水廻り以外はカーペットが張られているお宅でした。

カーペットを撤去し、下張りのフエルトも撤去し始めるところ

カーペットは足触りが柔らかく足音なども響きにくいという利点があります。ただ難点としては掃除がしにくくダニなどの温床になってしまうことが!!

そこで今回は広めのリビングダイニングを『栗』無垢フローリングに張り替えました。

20帖ほどのLDK!大工も張り甲斐があります。巾木も無垢の木(杉)を張っています。

見た目の印象も明るくなったのですが、やはり部屋の空気感が変わります。無垢の木は調湿性能が高いので、この時期のように外の湿度が100%に近い状態の時でも室内はエアコンなど入れなくても60%台を保ってくれるようです。(洗濯物など干したり、使い方によってはその限りでない場合もあります。)

人が感じる不快さは温度よりも湿度が関係してくるので調湿効果が高い無垢材は現代日本に最適です!仕上げはクリアーなオイル塗装!家族が集うリビングダイニングが快適空間になれば必然的に家族みんなで過ごす時間も増えそうです。

2020年7月2日

もう8年も!!

カテゴリー: 家づくり (一色)

元エコ花スタッフだった「かよさん」から素敵な便りが届きました。

かよさんは2012年に国産の杉を沢山使ったマイホームを当社で作り海の近くに引越しました!その頃まだお子さんは小学生でした。


2012年当時
日当たりの良いシンプルだけど居心地の良いお家です。

そして2020年、現在透かし折り紙の仕事をしていて『婦人画報8月号』に取材され掲載された時の画像を送ってくれました。

素敵な透かし折り紙の作品とともに当時と変わらない快適空間!大切に暮らしてくれていて私達もすごく嬉しい。
これからも子供達の成長とともに家もますます良い味わいになっていくと思います!!

次回はどんなお知らせが届くかこれからもかよさんの活躍を楽しみにしています。ありがとー!

oh-oh

2020年7月1日

在宅勤務用に机を制作しました。

在宅勤務が増える中、

近所に住む1K暮らしの友人から、

在宅勤務にあたって机が欲しいと依頼がありました。

1Kの場合、ベット・テレビボード・洋服ラック・収納棚など置いてしまうと、

スペースが限られてしまいます。

今回は、空いているスペースに合わせオーダーメイドで製作しました。

天板寸法は奥450mm×幅900mm 脚は60角

材はオニグルミを使用しました。

 

①天板を必要寸法に継ぎ合わせ削る

 

②ホゾ穴を掘る

 

 

③脚をつけて塗装して完成

 

 

早々にお届け…

 

 

サイズもぴったり!

椅子はリメイクしてプレゼント

 

仕事も捗ったようで何よりです。

 

新しい生活スタイルにも少し慣れていかないとですね。

 

nanala