ブログ
2020年10月19日

田園の家 床暖房工事

カテゴリー: 未分類

すっかり季節が秋へと変わり朝は寒いくらいになりました。

そうそう、現場の進捗報告の前に、先日当社の資材置き場がある『舘岩』で昔からお世話になっている芳賀さんから自家栽培した『舞茸』を送っていただきました。段ボール箱一杯に立派な舞茸が!!早速スタッフで分けて持ち帰り、私はバターで炒めていただいてみたら、もう歯ごたえが買った舞茸とは違っていて本当に美味しかったです。天ぷらやホイル焼きどんな食べ方をしても美味しいと思います。芳賀さんありがとうございました。

 

田園の家は着々と進んでいます。根太を掛けその間に羊毛断熱材の      「ウールブレス」を敷き込みます。

タカラスタンダードのホーローシステムバスの施工も行われています。

1日で組み立て終了。天井も壁面もホーローパネル製なので、丈夫で何より掃除が楽なのがタカラ製の良いところ!

田園の家は1階のLDには富士環境システムの低温式床暖房「うららAL」を敷設します。

羊毛断熱材を根太間に充填した上にアルミパネルを敷いていきます。パネルの真ん中に付いている熱伝導率が優れている銅管をお湯が流れることによってパネル全体が温まり、無垢の栗床材を暖めてくれて輻射式暖房で足元から部屋全体がゆっくり暖まります。頭寒足熱、体に優しい暖房方式です。床暖房の心地よさ  おススメです!

 

2020年10月7日

御殿場東山旧岸邸

菅義偉総理大臣になって早3週間が経とうとしていますが、今日は前総理安倍さんの祖父にあたる岸信介さんの晩年過ごした御殿場の『東山旧岸邸』をご紹介しようと思います。

近代数寄屋建築で有名な「吉田五十八」設計、1944年に岸信介氏の自邸として建てられたそうです。

玄関

玄関ホール

家具も吉田五十八さんの監修による当時の物と説明を受けました。暖房は全館セントラルヒーティングでカウンター下などに組み込まれています。

この玄関ホールの照明器具も五十八さんがデザインし特注で作らせたもの。

何と言っても圧巻は食堂かと!晩年岸信介氏はここで多くの写経を書き上げたそうです。

まるで絵画のような素晴らしさ!

吉田五十八さんは当時は珍しかった建材も積極的に利用し、サッシもオーダーで引き込みタイプや大型サイズを作らせたそうです。

フルオープンで庭を堪能できる作り。サッシと雪見障子用の敷居で約40cm。

肝心な和室は他の見学者の方達がおり、人が写っていない部屋の全貌がわかる写真が撮れなかったので残念なのですが、吊束を廃止し欄間をオープンにして部屋の広がりを持たせるという斬新な手法が使われていました。襖の鴨居上部がぬけているのが判る写真がこれしか無く・・・。柱や枠材などの角が全て面を取ってあり細かい仕事がしてありました。

最後に岩城亘太郎作庭の池泉回廊式庭園でしめようと思います。この写真では伝えきれませんが建物からみるこの庭は素晴らしかったです。

2020年10月2日

田園の家 瓦工事その後

カテゴリー: 田園の家

あっという間に10月に入りました。

田園の家は順調に進んでいます。

防水シートを張り瓦桟を取付いざ瓦を所定の位置に仮置き。圧巻の量です。

天気に翻弄されたものの、無事に和瓦が葺かれました。棟にはカエズ鬼瓦が。

内部はサッシが取り付き、床の下地工事中です。田園の家の大黒柱「ニレ」が 威風堂々と棟まで伸びています。真っすぐ素直な7m材は中々手に入らない貴重な木材です。構造的にはもちろん視覚的にも家を力強く守ってくれています。

次回はもっと進んだ現場をご紹介したいと思います!