ブログ
2019年7月18日

戸建て住宅のリフォーム

カテゴリー: 未分類

夏らしからぬ7月もあっという間に中旬を過ぎようとしています。日照時間不足が深刻で、1日も早く普通の夏を味わいたい!と願ってやみません。

 

今日は先月から着手した「さいたまの家」の改修工事を紹介したいと思います。

築40年ほど経つ一戸建て住宅の台所とダイニングをダイニングキッチンに、元畳敷きだった和室をフローリング張りの寝室にリフォームしました。

〇ダイニングから見たキッチン(解体中)

植原LD前

〇キッチンシンク裏にダイニング側から使える収納棚を造作。台所とダイニングを隔てていた下がり壁と間仕切り壁を梁補強し撤去しました。
植原LD後

〇キッチンはシンク側とコンロ側に分かれるⅡ列型の配列です。あえてオープン部分を作りゴミ箱スペースに!窓には内窓を取付!

植原キッチン

 

〇和室 6帖

植原和前

〇窓には障子の代わりに断熱タイプのLow-E複層ガラスを入れた内窓を取付。天井は杉の羽目板張り、床は厚み30mmの杉板を張り、床下には羊毛断熱材ウールブレスを敷き込みました。

植原和後

壁はシラス壁、中霧島ライトで仕上げました。杉の30mm分の調湿性能+シラスの持つ調湿性能で施主様から部屋の空気感が変わってとても居心地が良いと喜んで頂きました。

住みながら一部屋ごとのリフォーム工事でした。施主様のご協力もあり予定より工期も短縮できたので私共も嬉しく思います。

段差も無くなったリニューアルされた家で季節を感じながらも快適に過ごしていただけたらと願っています。

 

oh-oh

2019年7月8日

第1回リフォームセミナー開催!!

カテゴリー: 未分類

ちょっと前になりますが、、、

6月30日にリフォームセミナーを開催しました!

写真 2019-06-27 13 58 36

開催場所は、弊社工場2階の自然素材体感ルーム!

弊社で使用している自然素材を実際に観て触って、

良さを感じて欲しいと思い弊社工場2階をリフォームをし4月27日にオープンしました。

小さなスペースではありますが、造作のキッチンの展示もしております。

 

さてさて話を戻しますが、

今回は水廻りのリフォームについての講座になります。

写真 2019-06-27 13 59 58

水廻りは特に経年劣化が気になるヶ所になるかと思います。

リフォームを検討する際、何から考えればいいのかわからなかったり、

どんな風に進めて行くのかなど、質疑を交えながら1時間半程度のセミナーになります。

これから定期的にセミナーを開催したいと思っております。

 

次回、7月20日(土)10;00~ 

「第2回 水廻りリフォーム講座」 自然体感ルームにて 開催

 

現在リフォームをご検討中の方、今後リフォームを考えている方、

是非この機会にセミナーにご参加ください。

参加ご希望の方は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

 

ご参加、お待ちしております。

 

nanala

 

 

 

 

 

2019年6月27日

築14年目のメンテナンス

カテゴリー: 未分類

エコ花の建て主様のご依頼で敷居のレール交換(摩耗のため)、玄関ドアー調整、そして問題のセンダン救出

竣工当時の外観

DSC08805

角地の角に建てたヒノキの丸太の右となりひょろりと元々生えていた正体不明な木

10年もすると恐ろしいほどの速度で大きく育ち

あまりにも息苦しそうとご連絡いただきました

DSCN8857

正体不明な木はその後センダンの木と判明

14年目のセンダンはコンクリートで絞められて苦しそう

今回、影響のある範囲を斫ることにしました

DSCN6550

DSCN6551

センダンに傷をつけないよう慎重に進めて、無事に完了しました

建て主様から

「センダンの木もようやく解放されたような、何かホッとしたような感じがしております。(笑)

本当にありがとうございました。」

とうれしいお便りをいただきました

 

 

 

 

2019年6月12日

昭和の家の玄関

カテゴリー: 未分類

以前建て替え工事でお世話になりましたお施主様の隣接したご実家のご相談を受けました。

ご高齢のご主人のため、防犯面も強化、バリアフリー、ヒートショック対策のため外部開口部品の交換をいたしました。

 

DSC_1697

公道からアップダウンの激しいアプローチ、冬場の寒い玄関

ご主人の思い入れのある玄関の構えでしたが、電気錠付きの断熱性の高い引き戸に交換いたします。

DSC_1488

当然住まいながらの工事ですので、その日のうちにきちんと戸締りの出来るように段取ります。

DSC_1608

今回は3か所の開口部品の交換をしました。

DSC_1698

掃き出しは雨戸から電動シャッターに代わりました。

ご主人が何度も上げたり下げたりしながら、「これは楽だ~」とつぶやいていらっしゃったのが印象的でした。

DSC_1701

2019年5月15日

茶室会水庵

先日出掛けた帰りに小金井市にある「江戸東京たてもの園」に立ち寄りました!初めて行ったのですが、じっくり見学すほど時間がなく足早にぐるっと見学してきました。個人的には“前川國男邸”に興味があり写真も撮りたかったのですが、とにかく人が多くて内部は撮影を諦めました。

昭和17年に建てられた前川邸。外観は切妻屋根、外壁は縦板張りの和風建築。

前川邸

内部写真がありませんが、シンプルなデザインだけど今でも住みたいと思えるモダンな作りでした。

そして知識もなく行ったのですが小さな茶室が目に留まりました。宗徧流の茶人、山岸会水が大正期頃新潟県長岡市に建てた茶室「会水庵」。昭和32年に劇作家の宇野信夫によって西荻窪に移築されたとの事。

会水庵外

 

私的に目がいったのが樋も・・・竹製です!

会水庵軒

 

内部は本畳三枚と台目畳一枚からなる三畳台目からなる小間の茶室。赤松皮付き丸太の床柱。

会水庵内

小さいけれど、とても凛としています。

 

こうして古い建物を移築して後世に残していける素晴らしい事です。私達も少しでも長く残していける建物を作っていきたいですね。

また次回、今度はもう少しゆっくり見学しに行きたいと思います。そしてデ・ラランデ邸でコーヒーをいただきたいです!

 

oh-oh

2019年5月6日

着々と進む新築現場!

カテゴリー: 未分類

先月の良き日に上棟しました新築現場が、着々と進行しています。

上棟当日、屋根垂木まで進み
建前

この後屋根の野地板を張り透湿防水シートを貼って雨に備え、順次筋交いや金物補強で建物を固めていきます。
ルーフィング 金物

そしてこの連休前には羊毛断熱材ウールブレスが充填されました!
ウールブレス天井

連休明けからはサッシの取付もはじまります。令和という時代になりましたが、当社は変わらずに「人にも環境にも優しい家づくり」を続けて参ります。

 

oh-oh

2019年4月12日

デッキの作り変え!

カテゴリー: リフォーム

4月10日に東京でも八王子などで雪が降り、さすがに都心では雨でしたが本当に寒い一日でした。来週はどうやら20℃をキープしてくれる陽気のようでほっとしています。

先日、以前大規模リフォームをさせて頂いた施主様から、デッキが一部腐ってきたので見に来て欲しいとご相談を受け伺ったところ、表面はしっかり塗装してあるので気が付きにくいのですが、ガッツリ傷んでいました。

施工前
酷いところはガムテープが貼ってありました。
アップ
この状態では補修という訳にはいかないので、そっくり作り変える事になりました。

先ずは解体撤去です。
解体
壊してみると他にも数箇所腐っているところがあり、時期的には結構ギリギリのタイミングだったと思いました。
形状も大きさも既存通りの復元が希望でしたのでオール桧材で造作し、その後既存色で塗装しました。
途中
デッキ材
完成後実際にお使いになっているところを写真に撮らせていただきました。
完成後
最初に載せている写真とぱっと見、見分けがつきにくい感じですよね。違いが解る箇所としては階段の左側のおさまりです。以前は左右とも桁おさまりだったのですが、雨が抜けづらいので階段板を延ばして桁なしのおさまりに変更しました。ご主人も「こっちの方が良いね!雨も溜まらないし。」と喜んで頂きました。奥様にも「毎日のように使いますが、安定感があって使い心地が良い。」と好評でした。

oh-oh

2019年4月3日

木戸を新しく!!

カテゴリー: 未分類

4月に入りましたが花冷えの日が続いています。
花見をする気にならないのは私だけでしょうか。

今日は玄関前の木戸を新しく交換してきた現場を紹介します。

交換前はだいぶ年季が入っており、下框などは特に傷んでいました。
2019-04-03 16.07.54

今度は柱・桁は桧材、木戸は杉の柾目材を使用し、無塗装で経年変化を楽しんで頂こうと思います。
2019-04-03 16.09.23
2019-04-03 16.33.21
引き戸の開閉もスムーズになり、木戸の高さも少し高くしました。
外部の木製建具をおさめた時に「塗装はした方が良いのですか?」と質問をうけるのですが、当社の考え方としては基本的に無塗装でとお答えしています。一度塗装しますと塗膜表面が劣化してしまい、かえって気になってしまいます。仏閣じゃありませんが、自然の時間の流れによる変化を楽しんでいただければと思います。

Oh-Oh

2019年3月21日

造作家具

長年使いなれた食器棚でしたが、
台所周りの電化製品のスペースを確保するため
新しく製作をご用命いただきました
DSCN4011
DSC_5829
震災の時はずいぶんと揺れたため
建具は引違に
吊戸棚も使いやすい高さで設置しました
カウンターはヒノキ
キャビネット、建具はスギ
マンション14階 設置工事2時間

naoi

2019年3月13日

水屋庇工事

カテゴリー: 未分類

本殿、客殿改修、庫裏新築 2002年竣工して
水屋の増設箇所が朽ち
新装することになりました
DSC02012
事前に仮組を行いましたので現地の作業は最低限の加工だけです
DSC_5722
DSC_5723
作業は順調に進み午後にはかたちになりました
DSC_5743

naoi