ブログ
2021年1月22日

田園の家 吹き抜け階段完成しました!

階段が完成しました~。

節のない(無地)ひのき材!!

吹抜けの空間に存在感抜群。

 

 

 

 

 

 

 

見惚れちゃうほど、

とても素敵なヒノキの階段です!

 

田園の家は着々と工事が進んでいます。

竣工まで内部造作と細かい作業が多くなってきますので、

またご紹介していきます!

 

nanala

2021年1月14日

田園の家 吹き抜け階段工事をしています。

高いところで8mある開放感ある吹き抜け

2階へつながる階段!

 

大工が丁寧に加工したヒノキのささら桁

 

段板の加工工程

45度の面取り!ノミの角度を45度で当てられるよう、

治具を作り加工を進めていきます。

手すり棒のたつ部分の加工

差し込み部分の加工

差し口を落とす時、ノミで叩いた際に割れないように小口を固定

いざ、ささら桁へ設置

数ミリでも厚ければ入らず

叩いて調整をして

やっとのことで一段完成する。

手間がかかるが、

存在感抜群の階段になるだろう。

完成したらまたアップします!

お楽しみに〜。

 

 

nanala

 

2021年1月11日

営業時間のお知らせ。

カテゴリー: お知らせ 未分類

平素よりエコ花shopをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて政府から「緊急事態宣言」が発生された事を受け、当面の間エコ花shopは、営業日はSNS等でお知らせしました日程のみとさせて頂きます。

また直井建築工房では在宅ワークに伴い現在電話等設備を整えている状況により電話がつながりにくい状況となっております。

間お問い合わせの方は下記リンクよりお願い致します。

お問い合わせはこちら

電話等の設備が整いましたらお知らせいたします。

お手数おかけしますが、宜しくお願い申し上げます。

 

令和3年1月11日

エコロジーライフ花

有限会社直井建築工房

2021年1月7日

新年、あけましておめでとうございます。

カテゴリー: 未分類

旧年中は格別なご高配を賜り、

まことに有難く厚く御礼申し上げます。

本年もより一層のご支援を賜りますよう

心よりお願い申し上げます。

 

直井建築工房は、

本日より営業を開始いたします。

 

寒い日が続いております、

どうぞお身体ご自愛ください。

令和3年1月7日 スタッフ一同

2020年12月17日

ユニットバスが・・・大変身!!

カテゴリー: リフォーム 未分類

寒波到来中。日本海側、北関東では大雪にみまわれており車が動けなくなったり大変なことになっています。寒波は週末まで続くらしいので皆様ご注意下さい。

今日は我社とゆかりのある知人が、セルフビルドで面白いことをやってのけたと報告があったので紹介したいと思います。

2000年に建てた自宅のユニットバスに無垢の木を張って温泉気分を味わいたいとの話があり、私的には「えっ??」と思ったのですが、なんと

普通の樹脂製ユニットバスがなんということでしょう!!浴槽のへりに木を廻し、排水のボタンまで付いています。サッシ周りも木を取付目隠し風な板もポイントに。腰上の壁も照明やリモコンをちゃんと再取付し見切りを取付きっちり仕上げています。大工ではないので持っている自分の道具でここまで仕上げるのは大変だったはず。

『よく頑張りました!!』

ケロリンの黄色い桶、すごく懐かしいです。昔必ず銭湯に置いてましたよね。 これからの寒い冬でも入りたくなる素敵なお風呂になりました。

 

2020年12月4日

田園の家!木工事~玄関框~

カテゴリー: 田園の家

今年は特に感じるのですが、あっという間に師走を迎えてしまいました。何か損した気持ちがしてしまうのはコロナのせいですかね・・・。

だいぶ間があいてしまいましたが、「田園の家」は順調に進んでおります。先日は東京の工房で加工した『ケヤキ』の玄関框と『サクラ』の式台が現場に取付けられました。ケヤキの杢目はやはり綺麗で風格を感じます。

皆が出入りする玄関先なので傷が付かないように早速養生。

1階では杉の荒床が張られ、天井下地(野縁)組みも進んでいます。エコ花では下地である荒床も合板を使いません。

田園の家の1階床仕上げ材は主に『栗』ですが、仕上げに節ありの杉材を選ぶ施主様もいるので、その時は荒床を張った時点で現場に来られると「これが節ありの杉ですか?」と質問されたことがあります。「いえいえこれは下地ですので!」と。下地まで無垢材を使用することで家の調湿性、通気性を妨げることがないので室内環境がUPし結露の心配も無用です。

現場は進んでいきます!

 

2020年10月19日

田園の家 床暖房工事

カテゴリー: 未分類

すっかり季節が秋へと変わり朝は寒いくらいになりました。

そうそう、現場の進捗報告の前に、先日当社の資材置き場がある『舘岩』で昔からお世話になっている芳賀さんから自家栽培した『舞茸』を送っていただきました。段ボール箱一杯に立派な舞茸が!!早速スタッフで分けて持ち帰り、私はバターで炒めていただいてみたら、もう歯ごたえが買った舞茸とは違っていて本当に美味しかったです。天ぷらやホイル焼きどんな食べ方をしても美味しいと思います。芳賀さんありがとうございました。

 

田園の家は着々と進んでいます。根太を掛けその間に羊毛断熱材の      「ウールブレス」を敷き込みます。

タカラスタンダードのホーローシステムバスの施工も行われています。

1日で組み立て終了。天井も壁面もホーローパネル製なので、丈夫で何より掃除が楽なのがタカラ製の良いところ!

田園の家は1階のLDには富士環境システムの低温式床暖房「うららAL」を敷設します。

羊毛断熱材を根太間に充填した上にアルミパネルを敷いていきます。パネルの真ん中に付いている熱伝導率が優れている銅管をお湯が流れることによってパネル全体が温まり、無垢の栗床材を暖めてくれて輻射式暖房で足元から部屋全体がゆっくり暖まります。頭寒足熱、体に優しい暖房方式です。床暖房の心地よさ  おススメです!

 

2020年10月7日

御殿場東山旧岸邸

菅義偉総理大臣になって早3週間が経とうとしていますが、今日は前総理安倍さんの祖父にあたる岸信介さんの晩年過ごした御殿場の『東山旧岸邸』をご紹介しようと思います。

近代数寄屋建築で有名な「吉田五十八」設計、1944年に岸信介氏の自邸として建てられたそうです。

玄関

玄関ホール

家具も吉田五十八さんの監修による当時の物と説明を受けました。暖房は全館セントラルヒーティングでカウンター下などに組み込まれています。

この玄関ホールの照明器具も五十八さんがデザインし特注で作らせたもの。

何と言っても圧巻は食堂かと!晩年岸信介氏はここで多くの写経を書き上げたそうです。

まるで絵画のような素晴らしさ!

吉田五十八さんは当時は珍しかった建材も積極的に利用し、サッシもオーダーで引き込みタイプや大型サイズを作らせたそうです。

フルオープンで庭を堪能できる作り。サッシと雪見障子用の敷居で約40cm。

肝心な和室は他の見学者の方達がおり、人が写っていない部屋の全貌がわかる写真が撮れなかったので残念なのですが、吊束を廃止し欄間をオープンにして部屋の広がりを持たせるという斬新な手法が使われていました。襖の鴨居上部がぬけているのが判る写真がこれしか無く・・・。柱や枠材などの角が全て面を取ってあり細かい仕事がしてありました。

最後に岩城亘太郎作庭の池泉回廊式庭園でしめようと思います。この写真では伝えきれませんが建物からみるこの庭は素晴らしかったです。