ブログ
2021年9月19日

休日はエコ花で販売中PAXNATURON洗濯槽&排水パイプクリーナーを使ってお掃除しました!!

カテゴリー: staffの休日

パックスナチュロンは自然由来成分を使用し、環境や肌への優しさにこだわっている洗剤です。ヘアケア、ボディーケア、ハンドケア etc といろいろな商品を販売しています。エコ花ショップでも一部の商品を店頭で販売しています。

 

今回は洗濯槽&排水パイプクリーナーを使って洗濯機の掃除をしました。

①粉末の為、事前に40度程度のお湯で溶かしす。

※洗濯機でお湯が出る場合は不要

②溶かしたものを洗濯槽満水まで入れていきます。

③洗いを7分した後4時間程度放置します。

④放置後、標準コースで洗濯機を回して終了です!

 

スッキリしました〜。

 

nanala

2021年9月18日

路地の家1階の天井下地と荒床、全部の窓枠取付が終了しました。

1階の天井下地と荒床が終わりました。

荒床とはフローリング材の下地材として根太の上に張っていく材料です。

一般的には合板材を使用する場合が多いが、

エコ花は合板材を使用しない家づくりをしています。

みえない所もしっかりと国産無垢材を使用します。

杉荒床(本実加工突付)厚さ15mmの材料を使い、耐震強度のため斜め45°の角度にして打ち付けています。

また窓枠の取付も終了しました。

傷がつかないよう化粧枠の取付後は養生をします。

 

着々と現場は進んでいます!!

明日は日曜日なので現場はお休みです。

また来週もがんばりましょう。

 

nanala

2021年9月16日

大工さん制作のとあるものを取り付けて来ました!!

先日のブログ ↓↓↓↓↓

https://ecohana.com/今日の工場は、大工さんがとあるものを製作中で.html#top

 

とあるものはこちら、

ダウンライトを埋め込む BOXでした〜!

館岩の家に取り付けてきました。

真ん中は電球がない為消えていますが…

いい感じにおさまりました。

 

 

\おまけは館岩の家にある燻製機で燻製した魚チーズささみ/

 

 

nanala

2021年9月14日

1928年…上棟!!事務所のビルが建つ前の家。

事務所のビルが建つ前の家の写真がてきました!

\1928年(昭和参年)上棟/

工場を片付けるとこんな物まで↓↓↓↓

完成した写真↓↓↓↓↓

並びの中江さん(桜鍋)いせやさん(天丼)と共に空襲にも耐え

時代とともに窓は木製からアルミサッシへ↓↓↓↓

約52年後の1980年(昭和55年)に建て替えられ現在の建物が建ちました。

 

nanala

 

 

 

 

 

 

2021年9月12日

旧風間家住宅「丙申堂」:特徴的な石置屋根

随分前に行った山形県鶴岡市にある旧風間家住宅「丙申堂」のご紹介!

鶴岡城下で庄内藩の御用商人として呉服屋を営み

幕末には鶴岡第一の豪商となった風間家

「丙申堂」は明治29年に風間家の住居兼営業の拠点として建築され

約4万個の石が置かれた石置屋根

主屋を中心に4つの蔵や広大な板の間と大黒柱など

豪商の面影が残った施設です。

 

国重要文化財とされています。

 

nanala

2021年9月10日

約12年前お引き渡しした物件のバルコニー工事をしました。

エコ花のつくる家は、家の中はもちろんのこと外部デッキやバルコニーにも国産無垢材をふんだんに使用します。

外部デッキやバルコニーには桧材を使います。

直接雨がかかるところは定期的なメンテナンスが必要になります。

アルミの既製品とは違い雨や風により水の乾きが悪い部分の床板は弱っていきます。

特に庇などがなく直接雨がかかる床板は傷みやすいです。

また木材の色合いは年月が経つにつれ変色します。

状況にもよりますがお引き渡しから早いと1年経たず桧材のバルコニーは色合いが変わります。

これは紫外線の影響で木材の成分が変わった状態で、表面状のことであり木材が劣化したというわけではありません。

今回はお引き渡しから約12年経ったお家のバルコニー材張り替え工事をご紹介したいと思います。

①お引き渡し当初

②約12年後

軒先の雨がかり部分の傷みが激しい状況でした。

お部屋側の屋根がかかっている側は傷んではいません。

③撤去後

新築当初は短辺方向に施工してましたが軒先からの傷みが激しい状況と今後のメンテナンスを考え、長辺方向に張替えを行いました。

④施工後

新築の引渡し当初に元通り!バルコニーに屋根があればデッキ材のもちが長くなるのですが、無い場合は平均すると7年~10年未満で張り替えが必要な状態になるようです。安心して住み続ける為には定期的なメンテナンスは必須です。アルミやプラスチックの既製品はメンテナンスを考えるといいと思いますが、エコ花でよく使う桧材や杉材は年月を重ねるごとに飴色に変化し、 深い色合いになり新しい家には無い味わいが楽しめます。メンテナンスも含め変化を楽しめる方にはおすすめです。

 

お引渡後もお声がけいただき頼りにしてもらえるエコ花でありたいと思います。

 

nanala