ブログ
2021年3月17日

「クリ」の木のはなし NO.3

もう春の陽気となってきましたね。
少しばたばたしており、
ブログを更新するのを怠っておりました。

本日からまた更新したいと思います。

では、今日はおいしい実がなる「栗」のはなし。

いがいがの実がなることであまりにも有名なクリ。
家づくりにはあらゆるところでクリが登場!
建築材としてのクリの使用は縄文時代にまでさかのぼります。
有名なもので言えば、青森県青森市にある三内丸山遺跡、直径1m、高さ数十mもの巨大なクリの柱が発掘されています。
そのほかの遺跡でもたくさんのクリの柱が見つかっていて、クリが縄文時代の主要な建築材であっただろうことがうかがえます。
クリの木材は縄文時代からエクステリアに使われてきたように、耐久性がとても高いのが特徴です。
「タンニン」という苦味成分を含んだアクがあるクリの木材は、虫や菌を寄せ付けず、雨水がかかるような過酷な環境でも腐りにくいのです。
梁や大黒柱などに使われ、とくに床材としてとってもおすすめ。
落ち着いた色味とやさしい木目は、主張しすぎずやわらかなあったかい空間をつくってくれます。

◎クリのフローリング 

◎クリの鏡台

次回の木のはなしは「ブナ」の予定です。

nanala

2021年2月1日

「キハダ」の木のはなし NO.2

おはようございます!

今日から2月startです♪

 

 

さて今日は黄色い肌の「キハダ」のお話

キハダはみかん科の広葉樹で、北は北海道、南は九州まで広く分布しクルミや栃などほかの広葉樹と混生しています。

陽光の差し込むで湿った土地を好み、大きなものは直径1m、高さ25mにもなるといわれますが、今ではそれほどの大木はほとんどないとの事。

古くからキハダの樹皮を薬や染料などの原料として利用されている方がみなさんご存知ではないでしょうか。
キハダは木肌、木膚と書くほか黄木、黄檗、黄柏なども同義語で、いずれも黄の字がつきます。

これはキハダの内皮が鮮やかな黄色(上記写真のように)をしているためです。コルク層の樹皮を剥ぐとハッとするような山吹色の美しい内皮が表れます。

白太(辺材)は薄黄色、赤身(心材)は黄褐色とはっきり区別でき、材は堅く、上品な光沢のある和風の繊細なおもむきが特徴です。
乾燥時に狂いが出やすく、小・中径材だと暴れやすいという傾向をもっていますが、目のつんだ大径木になると狂いはほとんど出ません。

 

 

また栗の次に水に強く、土台や基礎パッキン、台所の床板などの建材として使われるほか、北海道では枕木にも使用されていました。

エコ花SHOPのカウンター材もキハダです。

 

 

黄、グリーン、茶、黒と色相が多いのはキハダならでは。独特の材質感と美しい木目が、和室や和風の落ち着いた雰囲気にぴったり。
キハダは家具材や建材として使用されるだけではありません。

先も言いましたが、薬として黄色い内皮は苦味の強い成分を含み、古来胃腸薬、二日酔いの特効薬として重宝がられてきました。

特に有名なのが、奈良県の吉野や和歌山県の高野山などの名産、陀羅尼助(だらにすけ)です。

 

次回は…「クリ」についてご紹介!

お楽しみに~。

 

nanala

 

2021年1月25日

『イチョウ』の木のはなし No.1

おはようございます!

今週も1週間はじまりました~。

本日は3月並みの暖かさになるとか、

でも週末は寒くなる!?と気温差がありそうですが体調管理しっかり元気に過ごしましょ~!

 

さて今日は過去に何度かブログでもご紹介している木のはなし。

再開したいと思います。

ランダムに樹種を選び特性や使い方をご紹介していきたいと思います。

 

樹種には数え切れない程の種類があり、

そのすべての種類の性質・特徴・風合いは違います。

同じ樹種でも表情や性質がさまざまなのが木の面白いところ。

《1人として同じ人間がいない》人間と一緒。

さすが生きもの!知れば知るほどおもしろい。

 

今回は『イチョウ』の木のお話

イチョウの木は葉が落ちる落葉樹であり、

葉の面積が広いので広葉樹であるかのような印象を受けますが分類上は針葉樹!

また黄葉した葉が美しい事から、観賞用の需要が多い樹種だと言えます。

有名所で「明治神宮外苑 いちょう並木」や「昭和記念公園」など、

11月になると紅葉を楽しむ方が多いのではないでしょうか。

 

住宅では主にカウンターなどの天板、家具の材料また抗菌性が高いのでまな板としても利用されます。

色調が「カヤ」に似ている事から将棋盤や碁盤などにも使われます。

弊社では、式台として利用しました。

 

 

 

 

 

 

約20年前に施工したお寺の式台…

 

傷や色で20年間の歴史を感じます…

玄関は家の顔…

これではいかんとメンテナンス!

ヤスリやカンナで古い塗膜(塗装)をはがして磨き仕上げは塗装をして終了です。

 

無垢材は表面が汚れていても、ヤスリで磨けば美しさが戻ります。

長く使い続けていくことのできる素材です。

 

次回は「キハダ」についてご紹介します。

皆さん「キハダ」ご存知ですか~??

お楽しみに!

 

nanala

 

 

 

 

 

 

2019年11月26日

メグスリノキ

刻み・資材置き場『舘岩の家』のメグスリノキが綺麗に紅葉してました!

278F2EAD-CB2D-4BC0-98BB-5629043335ED

メグスリノキは東北地方中部以南に自生する日本固有の樹木で、カエデの仲間ではもっとも紅葉の美しい木になります!
民間療法にて、樹皮や葉を煎じたものが眼病に効くといわれることからメグスリノキと呼ばれるようになったそうです。

537F79CF-922A-4DE5-A4FD-96BD14A40D17

nanala

2016年10月24日

森林セラピー

先日全国木材連合会主催の「木育・食育セミナー」に参加してきました。
木材が有する健康への優れた効果を広範囲に普及させるためにとありましたので興味を持ち行ってみました。
免疫力を高めるのに、杉・桧材などの木材や森林浴が学術的にも体によいとわかってきているという内容でした。その中の森林医学という分野の話しを私は初めて聞きました。森林総合研究所の香川隆英さんのお話です。 『森林セラピー総合サイト』というHPがあり日本全国の62の森で森林セラピー基地が整備されているそうです。
http://www.fo-society.jp/

その基地はリラックス効果が森林医学の面から専門家に実証され、さらに、関連施設などの自然・社会条件が一定の水準で整備されている地域のことで、そこでは森林ウォーキングのほかにもさまざまな健康増進プログラムを楽しむことができるそうです。

私達の病気の主な要因はストレスです。年に数回でも森を楽しみながら心と身体の健康維持・ストレス解消の為に是非とも時間を作って森を楽しむことも素敵な事だと思います。

その森林から伐倒した国産の木材を使って家をつくっている私達は森の素晴らしさ、樹木の素晴らしさをこれからも伝えていきたいと思っています。無垢材だったら安全ではなくトレサビリティのしっかりとした、また管理も含め安心・安全な材料を見きわめて皆様に提供していきたいです。
当社で構造材(柱・梁など)や床、腰壁、天井の化粧材などに使う杉材は、木材の中でもテルペン類である成分が空気中に放出されリラックス効果が大きいそうです。また杉は湿度を調整してくれる作用も大きいので室内環境を整えてくれる素晴らしい木材です。
%e6%9d%89

2016年7月21日

舘岩の夏休み2016

21

広間の開かずの扉も開閉できるよう改修し、夏休みの準備も整いました。
今年は空模様が心配していましたが・・・・・
22
自然観察の予定でしたが
皆さん到着すると、覆っていた雲がなくなったので
急遽予定変更、川へいこう!
23
いつもの小屋まえの川ではなく、峠を越えて
24
今年は雪も少なかったので水量が水遊びにはピッタリ
それに、例年だと足の感覚がなくなるほど冷たいのですが太陽の力でしょう、
全身浸かっていられる水温でした。
25
お蔵入りしていたカヌーも久しぶりに引っ張り出し
26
何も教えなくても自然にパドルをしています
27
遊び疲れて戻るとBBQの準備
28
竈ごはん、
29
燻製、
30
過去最高の仕上がり?
31
定番のキャンプファイヤー
子供たちが工夫して火をつけます
32
煙たいのに・・と思うのですが
子供たちは花火に夢中です
33
火を起こす
炭をおこす
羽釜でご飯
餅をつく
薪を割る
お風呂を沸かす
日常を大人も子供も
田舎暮らしを
体験体感できた一泊二日でした

naoi

2014年12月5日

「呼吸する住まい」

自然素材をふんだんに使った家づくりを行っておりますと、
お客様から
「うまく説明できないけど空気が違う」 「なんだかホッとする」 と、
目には見えない感覚的な部分での褒め言葉をいただくことも少なくありません。
目に見えているデザインや木の立派さを褒めて頂くのも、もちろん嬉しいのですが、
見えない心地よさをお褒めいただくのも、実はとても嬉しいものです。[#IMAGE|S12#]
私たちは見えない部分にまでこだわって、「自然素材」を用いています。
すべては安心・安全な心地よさのためですが…先のような褒め言葉は、
色んなウンチクを抜きに、お客様が身体で感じとってお褒め下さるのですから、
説明しなくても伝わった!と、思わず心の中でニヤッとしてしまいます。
自然素材の「心地よさ」とは何でしょう?
その理由は色々と考えられますが、ひとつには、素材がまだ“呼吸をしている”から、
ということが挙げられると思います。
木は吸ったり吐いたり調湿をしてくれたり、ゆるやかな空気の流れを保ったり、
冬のヒヤッとした感覚を軽減し、優しく接してくれる一方で
合板などの接着剤で固められた材料や、ビニールクロスなど石油から作られた材料は、
空気の流れや湿気をピタッと止め、人肌には冷たく硬く感じます。
例えば・・・、綿のシャツを着るのが前者であるなら、
サランラップをくるくる身体に巻き付けた状態が後者でしょうか。
想像しただけでもサランラップは居心地よさそうではありませんよね。(> <) つまり 自然素材の住まい=呼吸する素材で囲まれた空間なのです。 この、素材の“呼吸”が住まいにとっていかに大事で心地よいものか、 それをまとめた本が出版されました。
自然素材&自然エネルギーの家づくりハンドブック
自然素材で作る 『 呼吸する住まい 』
著者は建築家の、栗原守さんです。
実は栗原さん、エコロジーライフ花の設立に大いに力を貸して下さった方のお一人で、
この方なくしては、私たちの取り組みは今のように成り立ってこれたかどうか・・・。
エコ花にとって大切な御方なのです。
エコ花の商品も紹介して下さっています↓

無農薬防蟻剤「ナチュレ防虫塗料」。
エコ花では標準仕様です。
この本には、様々な自然素材の事が簡潔に解かり易く書いてあり、
これから家を建てたいけど、ナチュラルってどういうこと?無垢の家ってどんな感じ?
と、素朴な疑問を持たれている方にとって、非常に便利な一冊になっていきそうです。
環境やエコに配慮した家づくりについては、色んな材料やシステムがありますが
「エコ」だからといって全てを実践する必要もなければ、全て勉強する必要もありません。
なにより、まずは心地よさから。
栗原さんの設計物件も図面付きで紹介されており、新築・リフォームとも、
自然素材で行うとどんな雰囲気になるのか、イメージしやすい内容になっています。
マイホーム、自然素材でいつか建てたい
自然素材の勉強の第一歩に、まず一冊持っておきたい
そんな方にオススメです。
書店などで見かけたら、ぜひ手に取ってみて下さいね。
建築家・栗原守さんのブログはこちら

2014年6月13日

瓦屋根

久しぶりに晴れました。そして久しぶりのブログです[#IMAGE|S8#]
そうそう、ブラジルワールドカップも始まり、開催国ブラジルが見事な勝利で幸先がよろしいようです。
日本、ガンバレ!!
今日は東京辺りでは少なくなった「瓦」屋根についてちょっとだけ書きたいと思います。
先日沖縄に行ったのですが、住宅の瓦屋根がとても特徴的でして、主に赤瓦なのですが、中には白瓦もありました。

沖縄県立博物館の敷地内に建てられた沖縄の民家

こちらは重要文化財に指定されている「中村家」の年季のはいった且つ手入れのされた沖縄赤瓦です。
形も独特ですが、葺き方も特徴があるようで、沖縄では丸瓦は男瓦、平瓦は女瓦の2種類使うそうです。、まず軒先から大棟に向かって女瓦を垂直に葺きます。女瓦を重ねながら2列葺くと間に隙間ができるので、その隙間に男瓦を葺くことによって、屋根裏に雨水が落ちないようにしているそうです。極め付けの特徴は漆喰を男瓦の側面と継ぎ目に塗ること。そうする事によって台風のめっかである沖縄でも簡単に風雨に飛ばされない屋根となる訳です。
改めてその土地に根付いた物というのにはちゃんと理由がある訳ですね。
ちなみに当社で瓦屋根といえば「三州瓦」いぶし銀。

沖縄の瓦とは大きく異なりますが、やはり気候風土の違いが大きいのでしょう。私はどちらも好きです[#IMAGE|S37#]
Oh-Oh