ブログ
2019年7月8日

第1回リフォームセミナー開催!!

カテゴリー: 未分類

ちょっと前になりますが、、、

6月30日にリフォームセミナーを開催しました!

写真 2019-06-27 13 58 36

開催場所は、弊社工場2階の自然素材体感ルーム!

弊社で使用している自然素材を実際に観て触って、

良さを感じて欲しいと思い弊社工場2階をリフォームをし4月27日にオープンしました。

小さなスペースではありますが、造作のキッチンの展示もしております。

 

さてさて話を戻しますが、

今回は水廻りのリフォームについての講座になります。

写真 2019-06-27 13 59 58

水廻りは特に経年劣化が気になるヶ所になるかと思います。

リフォームを検討する際、何から考えればいいのかわからなかったり、

どんな風に進めて行くのかなど、質疑を交えながら1時間半程度のセミナーになります。

これから定期的にセミナーを開催したいと思っております。

 

次回、7月20日(土)10;00~ 

「第2回 水廻りリフォーム講座」 自然体感ルームにて 開催

 

現在リフォームをご検討中の方、今後リフォームを考えている方、

是非この機会にセミナーにご参加ください。

参加ご希望の方は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

 

ご参加、お待ちしております。

 

nanala

 

 

 

 

 

2019年6月27日

築14年目のメンテナンス

カテゴリー: 未分類

エコ花の建て主様のご依頼で敷居のレール交換(摩耗のため)、玄関ドアー調整、そして問題のセンダン救出

竣工当時の外観

DSC08805

角地の角に建てたヒノキの丸太の右となりひょろりと元々生えていた正体不明な木

10年もすると恐ろしいほどの速度で大きく育ち

あまりにも息苦しそうとご連絡いただきました

DSCN8857

正体不明な木はその後センダンの木と判明

14年目のセンダンはコンクリートで絞められて苦しそう

今回、影響のある範囲を斫ることにしました

DSCN6550

DSCN6551

センダンに傷をつけないよう慎重に進めて、無事に完了しました

建て主様から

「センダンの木もようやく解放されたような、何かホッとしたような感じがしております。(笑)

本当にありがとうございました。」

とうれしいお便りをいただきました

 

 

 

 

2019年6月12日

昭和の家の玄関

カテゴリー: 未分類

以前建て替え工事でお世話になりましたお施主様の隣接したご実家のご相談を受けました。

ご高齢のご主人のため、防犯面も強化、バリアフリー、ヒートショック対策のため外部開口部品の交換をいたしました。

 

DSC_1697

公道からアップダウンの激しいアプローチ、冬場の寒い玄関

ご主人の思い入れのある玄関の構えでしたが、電気錠付きの断熱性の高い引き戸に交換いたします。

DSC_1488

当然住まいながらの工事ですので、その日のうちにきちんと戸締りの出来るように段取ります。

DSC_1608

今回は3か所の開口部品の交換をしました。

DSC_1698

掃き出しは雨戸から電動シャッターに代わりました。

ご主人が何度も上げたり下げたりしながら、「これは楽だ~」とつぶやいていらっしゃったのが印象的でした。

DSC_1701

2019年5月6日

着々と進む新築現場!

カテゴリー: 未分類

先月の良き日に上棟しました新築現場が、着々と進行しています。

上棟当日、屋根垂木まで進み
建前

この後屋根の野地板を張り透湿防水シートを貼って雨に備え、順次筋交いや金物補強で建物を固めていきます。
ルーフィング 金物

そしてこの連休前には羊毛断熱材ウールブレスが充填されました!
ウールブレス天井

連休明けからはサッシの取付もはじまります。令和という時代になりましたが、当社は変わらずに「人にも環境にも優しい家づくり」を続けて参ります。

 

oh-oh

2019年4月3日

木戸を新しく!!

カテゴリー: 未分類

4月に入りましたが花冷えの日が続いています。
花見をする気にならないのは私だけでしょうか。

今日は玄関前の木戸を新しく交換してきた現場を紹介します。

交換前はだいぶ年季が入っており、下框などは特に傷んでいました。
2019-04-03 16.07.54

今度は柱・桁は桧材、木戸は杉の柾目材を使用し、無塗装で経年変化を楽しんで頂こうと思います。
2019-04-03 16.09.23
2019-04-03 16.33.21
引き戸の開閉もスムーズになり、木戸の高さも少し高くしました。
外部の木製建具をおさめた時に「塗装はした方が良いのですか?」と質問をうけるのですが、当社の考え方としては基本的に無塗装でとお答えしています。一度塗装しますと塗膜表面が劣化してしまい、かえって気になってしまいます。仏閣じゃありませんが、自然の時間の流れによる変化を楽しんでいただければと思います。

Oh-Oh

2019年3月13日

水屋庇工事

カテゴリー: 未分類

本殿、客殿改修、庫裏新築 2002年竣工して
水屋の増設箇所が朽ち
新装することになりました
DSC02012
事前に仮組を行いましたので現地の作業は最低限の加工だけです
DSC_5722
DSC_5723
作業は順調に進み午後にはかたちになりました
DSC_5743

naoi

2019年3月12日

左官の仕事

カテゴリー: 未分類

工場2階のスペースにリフォーム、新築をお考えの方の参考になればと
ちょっとしたお部屋をつくっています
サクラの大黒柱を建てて
DSC_1026
大きな梁型で仕切られる空間はキッチンをイメージし
ダイニングテーブルの配置はどうしましょうかと
お客様のことならちゃっちゃとご提案が続くのですが
手前のこととなると相変わらずの体たらく
1月末からの着手でしたがやっとここまでたどり着きました
写真 2019-03-12 9 46 33
左官下地が完成したところ
これから上塗りの工程です
ですが、下地の仕事が美しいので
このままでいいよと実のところいつも思っています

naoi

2019年3月2日

発酵

カテゴリー: 未分類

ちょっと前に仕込みました!
2年ぶりの味噌づくり

DSC_3902
ゆであがった大豆をつぶします。
DSC_3914
塩と麹を加えてよく混ぜます。
DSC_3917
団子にします。
DSC_3948
容器に隙間なく詰め込みます。
DSC_3949
抗菌のため塩を振ります。
DSC_3951
ラップで密着して
DSC_3952
塩の重りを載せて仕込み終了

茨城でWさん直伝された味噌づくり
子供たちにも伝わっていくことを願いながら仕込みました。

naoi

2019年2月21日

無垢材フローリング補修方法!

弊社では、合板材を一切使用しない家づくりをしています。
床材にはヒノキ、杉、栗などの樹種を使用し、
オイル塗装で仕上げています。
考え方としては油を染み込ませることによって木の表面を保護し、
触り心地は損なわれず、油によって汚れや染み込みを防ぎます。

杉材は柔らかく素足で歩いた時温かみがあります。
その一方柔らかい為傷もつきやすいです。

今回、杉フローリングの補修を行いました。
凹んでしまった部分に濡れた布を一晩置いておくだけで凹み部分がほぼ元通りになります!
特に針葉樹のような柔らかい床材には有効な方法です。

2_before

さらに凹みひどい場合は、
濡れた布の上からアイロンでおさえると木が膨らみ目立たなくなります。

s-DSC_4240

2_after

アイロンを広範囲にかけてしまうと木目がけば立ってしまう場合がありますので、
その際は、ヤスリを木目方向にかけて上げ最後にオイル塗装をして仕上げてあげるときれいに仕上がります。

nanala

2019年2月15日

マンション浴室リフォーム!

カテゴリー: リフォーム 未分類

7年前にキッチンをリフォームをさせて頂いたお客様から、
次は浴室のリフォームをとお声がけいただき先日工事に行ってきました!

浴室の場合は昔のものに比べ断熱性能や水栓が節水タイプや、
バス換気乾燥機など機能が充実しています。

弊社では、タカラスタンダードさんの商品を使用することが多く、
タカラスタンダードさんのユニットバスの壁パネルはホーローで出来ておりお掃除などしやすくなっています。
また、マグネットを使った収納がオプションで選ぶことができ、
通常だと固定してしまい移動できないタオルかけなど、
マグネット型のものを選べば好きなところに取り付けられます。
マグネットが付くホーローの壁ならではかと思います!!

今回はユニットバス交換工事だった為、
3日間の工事期間で完了しました。

s-IMG_3707

1日目 解体作業

s-DSC_1068

2日目 ユニットバス組立

s-DSC_1078

3日目 大工工事(出入口枠材・羽目板)/配管結び/電気工事

s-DSC_1077

壁を杉の羽目板にした為、雰囲気が明るい空間になりました。

nanala