ブログ
2020年6月15日

工場の主

カテゴリー: 未分類

舘岩の工場には

我こそはここの主と

多くの生き物が生息してます。

材料をどかすと

1m超えの抜け殻が2匹分も!

今年も元気に山鼠を追いかけているようです

そうそう、お願いですから今年は

人が作業しているところに

梁の上から落ちてこないで

 

2020年6月11日

思い出のつまった樹齢100年の木を製材しました。

カテゴリー: 未分類

樹齢100年の柿の木

ご実家解体に伴い庭にあった柿の木を伐ったそうです

思い出の木なので製材して板の状態にしてほしいとご依頼

長さは約1m

 

同じ厚さに墨出しを行い、丸鋸で切れ目を入れ届かないところは手で切っていきました。

舘岩のオグラさんの機械があれば…

一瞬で終わる作業も手作業だと…

時間がかかりました。

 

 

無駄が出ないよう製材していき7枚にカットすることができました。

 

 

 

 

 

 

2020年3月19日

サクラとケヤキの木を使って靴べら制作をしました。

\靴べらづくり/

左側がサクラ、右側がケヤキになります。

 

日本ではサクラ材は家具の材料として使用されてきました。

サクラ材の特徴は、他の木に比べ材質は適度に硬く強く、

木目も細かく目が詰まっています。

加工性、着色性に優れている材料です。

磨くと光沢がでて、とても綺麗にしあがります。

 

ケヤキ材の特徴は、木理は密で光沢があり硬くて重く耐久性も高い。

建築材、家具材、建具材、彫刻材など、幅広く使用され、

現在は美しい木目を利用した装飾的な部材として多く利用されています。

エコ花では上がり框、式台、カウンター、床の間の材料で大活躍。

多くは自然木を製材したものから仕立ててまいりますので、

切り落とした材料が大量に生まれます。

そんなもったいない端材の活用の一例です。

 

丸のみとカンナ、ベルトサンダーを使用して作っていきました。

 

サクラの靴べらです。

奥の靴べらは少し着色、手前の靴べらはオイルを塗って完成です。

靴べらを置いているカウンターも実はサクラです。

 

nanala

 

2020年2月20日

メンテナンスの大切さ

カテゴリー: リフォーム 未分類

エコ花の作る家は国産の無垢材をふんだんに使っています。家の中はもちろんのこと、外部のデッキやバルコニーにも桧材を使います。そうなるとやはり定期的にメンテナンスは必須となってきます。アルミやプラスチックの既製品とは違い特に風雨にさらされるデッキ材は弱ってきてしまいます!

そこで今回は当社で新築を建てていただいた都内のお家のバルコニーデッキ材の張り替え工事の様子を紹介したいと思います。

約10年経過した桧のデッキ材です。部分的にかなり傷んでおり止めているビスも浮いている状態に!

そこで張り替えることになりました。まっすぐなバルコニーではないので、なかなか手間がかかります。

デッキ材はすべて、手摺りの横材は痛みが激しい部分だけ新しくし、使える部分はそのままに!張り替えた当初は木材の色の差が気になりますが、日が経つにつれ同化しあまり気にならなくなります。

すっかり新築の引渡し当時に戻りました。バルコニーに屋根があればデッキ材のもちが長くなるのですが、無い場合は平均すると7年~10年未満で張り替えが必要な状態になるようです。

安心して住み続ける為には定期的なメンテナンスは必須です。建ててからも頼りにしてもらえるエコ花でありたいと思います。

2020年2月14日

木端でもアイディアひとつでいろいろ作れます。

2月11日に『木端バザール』を開催いたしました。

会場はエコ花工場2階です。

ちょっとした作業台もご用意して、

大きさ樹種様々な国産無垢材の木端を100円から販売致しました。

幅、厚み、長さを見ながら何が作れるか考える楽しさもあります。

細長いケヤキの棒もアイディア一つでちょっと長めの靴べらへと大変身!!

 

ご近所さんでお散歩がてら寄ってくださった方や、

元エコ花スタッフ一家も遊びに来てくださりました。

たくさんの木端をお買い上げいただきました。

何を作られるのか気になりますね~。

ご報告お待ちしております!

 

今月は、

2月24日(月)13:00-18:00 『第2回 木端バザール』 開催いたします。

 

お時間ある方は是非お越しください。

お待ちしております!!

 

nanala

 

2020年1月21日

スイスから栗駒に木工OJTのためにやってきた

カテゴリー: 未分類

Alanさんは妙典の家のオーナー
と言いますのも建築後わずかな期間過ごすも
あっという間にお勤めの関係でスイスへ
建築中も我々職人の一挙手一投足に興味津々
ワークショップの椅子づくりへ参加したり
テーブル、ベッドをつくり
果ては趣味のドライブゲームの小部屋まで手掛け
ついに本職の木工を体験した~い!

木を使ったお仕事を体験できるところとリクエストいただいたのは昨年末
・・・・・
木こりもいて丸太の製材もして燻煙の乾燥やチップ材、ペレットも生産
もちろん貯金箱から椅子テーブル、家づくりまで行ってるところ
そうだ大場さんのところだ!
ということで本日栗駒へご案内に行ってまいりました


ご協力いただくスタッフの皆様
翻訳アプリをAlanさんに教えてもらい
皆で駆使してレッツコミュニケーション
そうなんです!
Alanさん仏語、スペイン語、英語を話せるのに
日本語がア’リトル


工場内をご案内いただき、体験場所でレクチャーを受けて本日は宿泊場所へ移動となりました。
短い間ですが、きっと有意義な経験を積んでくれると思います
今回のミッション、物おじしない彼の行動力には敬服いたしました

naoi

2020年1月8日

地元 浅草 鷲神社ならではの七草粥

カテゴリー: ご近所 未分類

昨日は1月7日七草粥ということで、
鷲神社で開催されていた「第22回 新春 餅つき大会&七草粥」無病息災を願って行われる恒例の新春行事へ

ぱらぱら雨も降り始めた午後でしたが多くの人で賑わっていました。

まずはお参り。

と思ったらなんと大きなおかめさん!

鷲神社の「なでおかめ」さん登場

おでこをなでれば賢くなり
目をなでれば先見の明が効き
鼻をなでれば金運がつく
向かって右の頬をなでれば恋愛成就
左の頬をなでれば健康に
口をなでれば災いを防ぎ
顎(あご)から時計回りになでれば物事が丸く収まると云う

と言われています。

お参り後は鷲神社境内で、餅つき大会と七草粥炊き出しが行われということで頂いてきました。

nanala

2020年1月6日

七福神巡りと駅伝応援のお正月でした!

カテゴリー: 未分類

新年あけましておめでとうございます。
本日より業務をスタートしております。

暮れから飾ってあった鏡餅
今日の今日まで気が付きませんでした
投稿するために写真チェックしてると
ダイダイが色紙だ!
カビないように割りばしで隙間が!
仕事始めにポンコツぶりを自覚するスタートでございます

写真は初詣に回った東海道七福神
健やかな一年になるように願い
そのまま箱根駅伝の応援に
サポートする警察、スタッフ、車両の多さに驚き
オリンピックも本当に多くの方の力の結集となるのだろうと感じ
家路につきました

皆様今年もよろしくお願いいたします

naoi

2019年11月20日

”酉の市“ 家内安全、商売繁盛!

カテゴリー: ご近所 未分類

昨日の暖かさが嘘のように風が吹くとすごく寒い今日はお昼に、
事務所から歩いて15分ほどの鷲神社の二の酉に参拝してお参りしてきました。

165CE589-7DC1-4320-8392-B13174C85B97

秋の終わりを告げる「酉の市」、開運出世、商売繁盛など、商人の夢を叶える粋なお祭り。今年の開催日程は11月8日、11月20日の2日間。

ED7C864A-5EF6-4469-875A-6077CA737353

酉の市は鷲神社の境内で11月の酉の日に開かれ、
開運出世や商売繁盛を願う人で大変賑わっていました。

9F20BBE5-8B7E-4512-8561-B5E95D37C3CC

縁起物の熊手を売る店が神社の周りにずらりと立ち並び、
七福神、宝船、松竹梅、千両箱などで綺麗に飾られた熊手が、
ところ狭しとばかりに並びそれもまた見所です。
「鷲神社」の隣には、酉の寺「長国寺」というお寺があり、2つの寺社のご利益が得られる最強の開運スポットとして、毎年夜遅くまで賑わっています。

8CF0371A-ABB4-4EDB-BA49-A653F858CF4F

今年も縁起担ぎに熊手を購入!!!!
\イヨォー!チャチャチャ!チャチャチャ!チャチャチャ!チャン!/
早速お店に飾りました。

nanala

2019年11月14日

紅葉!

カテゴリー: 未分類

11月に入り日光へ行く機会があったのですが、地元の方から今年の紅葉は例年から比べると50~60%くらいの色づきだと聞きました。やはりこの夏の天候不順と台風などが影響しているのではとの事でした。
それでもモミジが赤く色づいている様は、秋の深さを感じながら心から綺麗だと思いました。

日光

小学校以来かもという友人と共に「華厳の滝」にも足を運びました。

華厳の滝

台風19号直後などは、凄い水量だったようですが、この時は通常量の2t/秒の表記になっていました。外国人の観光客の方も多かったです。

今回の旅で痛感したのは、この日本ならではの風光明媚な自然や歴史ある建造物を未来へちゃんと残したいなぁと。一人一人の力はちっぽけかもしれないけれど、少しでもCO2削減を意識して暮らして、この異常気象にストップをかけたい。エコ花が作る家は、なるべく土に戻ることができる材料で、手刻みで丁寧に作ることを心掛けています。これからもそこはぶれずに頑張ろう!と思った旅となりました。

猿

最後は日光東照宮の三猿で。

oh-oh