ブログ
2020年3月13日

クリのフローリング材をうづくり加工しました。

約7畳分うづくり加工を行ないました。

うづくり加工とはとは、

木材の加工方法の一種です。

木の表面を丁寧にこすり木目の凹凸を浮きあがらせるものです。

木の木目の陰影が強調され表情豊かになります。

 

 

1枚1枚木目によって色々な表情になりました。

 

 

nanala

 

 

 

 

 

 

2020年3月10日

防犯・寒さ対策の為の玄関リフォーム

カテゴリー: リフォーム

先日、玄関のリフォーム工事を行いました。

\お困りごとについて/

1.鍵が破損した

2.防犯性の不安

3.玄関付近が寒い

上記3点の事から、

今回木製の玄関引戸からアルミ製の玄関引戸へ交換工事を行いました。

【Before】

【After】

建具は、YKK AP製 玄関引戸「れん樹」シリーズを使用。

木製引戸からアルミ製の断熱仕様の引戸に交換すると戸が重くなり、

ご高齢だと開け閉めが不便になる為、引手を握れるバータイプへ変更。

また、ポーチ照明も人が近づいた際に照明が点灯するセンサータイプ、

インターホンは訪問者の顔を確認してから玄関へ行けるようカメラ付きに交換。

既存玄関開口枠が大きく傾いていた為、桧の新規玄関枠と化粧材で調整し水平垂直

綺麗に完成しました。

 

那智黒洗い出しの土間は最小限の撤去にとどめて補修は墨モルタルで仕上げました。

木製玄関引戸も素敵ですが、

アルミ製のものでも和風の家に合うデザインなど種類が様々あるので、

防犯性や断熱性を気にされる方にはおすすめです。

家の顔でもある玄関がとっても素敵に仕上がり、

お客様にもご満足していただきました。

 

nanala

 

2020年2月20日

メンテナンスの大切さ

カテゴリー: リフォーム 未分類

エコ花の作る家は国産の無垢材をふんだんに使っています。家の中はもちろんのこと、外部のデッキやバルコニーにも桧材を使います。そうなるとやはり定期的にメンテナンスは必須となってきます。アルミやプラスチックの既製品とは違い特に風雨にさらされるデッキ材は弱ってきてしまいます!

そこで今回は当社で新築を建てていただいた都内のお家のバルコニーデッキ材の張り替え工事の様子を紹介したいと思います。

約10年経過した桧のデッキ材です。部分的にかなり傷んでおり止めているビスも浮いている状態に!

そこで張り替えることになりました。まっすぐなバルコニーではないので、なかなか手間がかかります。

デッキ材はすべて、手摺りの横材は痛みが激しい部分だけ新しくし、使える部分はそのままに!張り替えた当初は木材の色の差が気になりますが、日が経つにつれ同化しあまり気にならなくなります。

すっかり新築の引渡し当時に戻りました。バルコニーに屋根があればデッキ材のもちが長くなるのですが、無い場合は平均すると7年~10年未満で張り替えが必要な状態になるようです。

安心して住み続ける為には定期的なメンテナンスは必須です。建ててからも頼りにしてもらえるエコ花でありたいと思います。

2020年1月15日

無垢材と自然素材壁紙で、見違えるような明るい一等部屋に


昨年の秋から取り掛かっている戸建てリフォーム
現場調査の時からひそかに中華部屋と呼ぶ部屋がありました
解体の時から手を付けるのも腰が引けるその様は
それはひどい惨状でした(詳しく書けませんが・・・)


年末の一部引渡には見違えるお部屋になりました
床はクリの無垢板
壁と天井は壁紙(オガファーザー)
東南角のお部屋はこの家の特等部屋になりました

naoi

2019年4月12日

デッキの作り変え!

カテゴリー: リフォーム

4月10日に東京でも八王子などで雪が降り、さすがに都心では雨でしたが本当に寒い一日でした。来週はどうやら20℃をキープしてくれる陽気のようでほっとしています。

先日、以前大規模リフォームをさせて頂いた施主様から、デッキが一部腐ってきたので見に来て欲しいとご相談を受け伺ったところ、表面はしっかり塗装してあるので気が付きにくいのですが、ガッツリ傷んでいました。

施工前
酷いところはガムテープが貼ってありました。
アップ
この状態では補修という訳にはいかないので、そっくり作り変える事になりました。

先ずは解体撤去です。
解体
壊してみると他にも数箇所腐っているところがあり、時期的には結構ギリギリのタイミングだったと思いました。
形状も大きさも既存通りの復元が希望でしたのでオール桧材で造作し、その後既存色で塗装しました。
途中
デッキ材
完成後実際にお使いになっているところを写真に撮らせていただきました。
完成後
最初に載せている写真とぱっと見、見分けがつきにくい感じですよね。違いが解る箇所としては階段の左側のおさまりです。以前は左右とも桁おさまりだったのですが、雨が抜けづらいので階段板を延ばして桁なしのおさまりに変更しました。ご主人も「こっちの方が良いね!雨も溜まらないし。」と喜んで頂きました。奥様にも「毎日のように使いますが、安定感があって使い心地が良い。」と好評でした。

oh-oh

2019年3月21日

造作家具

長年使いなれた食器棚でしたが、
台所周りの電化製品のスペースを確保するため
新しく製作をご用命いただきました
DSCN4011
DSC_5829
震災の時はずいぶんと揺れたため
建具は引違に
吊戸棚も使いやすい高さで設置しました
カウンターはヒノキ
キャビネット、建具はスギ
マンション14階 設置工事2時間

naoi

2019年3月1日

約30年ありがとう・・・

カテゴリー: リフォーム

本日から3月がstart!
もう今年始まって3ヶ月経ったのかと、
時の流れの速さにびっくりです。

さてさて本題に入ります。
祖母宅で約30年使用していた洗面化粧台がついに水漏れを起こして交換することになりました。
洗面台の隣に流し台があるちょっと不思議なつくりになっています。

■Before
写真 2019-02-04 9 33 59

■After
写真 2019-02-14 16 16 20

流し台の給排水を利用し
2階にあった洗濯機を3階にもってきました。
これで重い洗濯物をもって階段を上り下りしなくてすみ、
84歳の祖母も安心して洗濯ができるようになりました~!

nanala

2019年2月15日

マンション浴室リフォーム!

カテゴリー: リフォーム 未分類

7年前にキッチンをリフォームをさせて頂いたお客様から、
次は浴室のリフォームをとお声がけいただき先日工事に行ってきました!

浴室の場合は昔のものに比べ断熱性能や水栓が節水タイプや、
バス換気乾燥機など機能が充実しています。

弊社では、タカラスタンダードさんの商品を使用することが多く、
タカラスタンダードさんのユニットバスの壁パネルはホーローで出来ておりお掃除などしやすくなっています。
また、マグネットを使った収納がオプションで選ぶことができ、
通常だと固定してしまい移動できないタオルかけなど、
マグネット型のものを選べば好きなところに取り付けられます。
マグネットが付くホーローの壁ならではかと思います!!

今回はユニットバス交換工事だった為、
3日間の工事期間で完了しました。

s-IMG_3707

1日目 解体作業

s-DSC_1068

2日目 ユニットバス組立

s-DSC_1078

3日目 大工工事(出入口枠材・羽目板)/配管結び/電気工事

s-DSC_1077

壁を杉の羽目板にした為、雰囲気が明るい空間になりました。

nanala

2019年1月25日

調湿性能の高い「杉」材を使って!

カテゴリー: リフォーム

インフルエンザが猛威をふるっているようですが、お陰様で我社はまだ誰もかかっておりません。しかし、こういった話題を出した後に直ぐに話題通りのことが起こるといった現象はおこりがちなので、もしかしたら近いうちに犠牲者がでるかもしれません(笑)

今日は冬に悩みの種になる「結露」の心配を少しでも軽減する為におススメな方法を書きたいと思います。
外部気温が下がった寒い日に室内を暖房器具で温めると、窓ガラスやサッシ枠がびしょびしょになってしまうという現象がおこります。その結露対策としてサッシを樹脂複層サッシへ変えたり、内窓を付けたりということが良いという話は皆さんも聞いた事があると思います。あと他に良く相談を受けるのが、押入れや収納の内部がカビがでて匂いもカビ臭くて困るという事です。
押入内部は合板が張られている事が多くほとんど吸放湿性が無い為に、内部にたまった湿気の逃げ場がなくカビが発生してしまい易いのです。
そこで我社一押しの素材は何といっても『杉』材です。杉は香りもよく調湿機能が大変高いので、押入や収納内部のそもそも通気のしにくい場所には打って付けの材料です。
収納棚

収納たんす

1間半の押入れの床・壁・天井に杉板を張り、一部は杉棚板を取付け、残りは洋服掛けと引出しも杉材で造作しました。これで大切な洋服をしまって頂いてもカビ臭くなるような事はないと思います。ちなみに部屋の掃き出しサッシ内側に樹脂製の内窓取付工事も行いました。これで改修前の結露状況とは全然違った環境になりました。

玄関収納も
収納玄関前JPG
収納玄関後

箱も扉も『杉』材で作りました。階段材、階段の壁面も杉板です。
これから如月、冬本番です。家の中が結露で悩んでいる方、国産の杉材を使ってリフォームを考えてみませんか。価格的にもおススメです。

oh-oh

2019年1月24日

15年間お疲れ様でした。

カテゴリー: リフォーム 未分類

新築をお手伝いさせて頂いたお客様から、
新築を建て15年が経ち…
バルコニー改修工事のご依頼をうけ先日工事をしてきました。

【before】
P1170907

【after】
DSC_0948