ブログ
2021年9月10日

約12年前お引き渡しした物件のバルコニー工事をしました。

エコ花のつくる家は、家の中はもちろんのこと外部デッキやバルコニーにも国産無垢材をふんだんに使用します。

外部デッキやバルコニーには桧材を使います。

直接雨がかかるところは定期的なメンテナンスが必要になります。

アルミの既製品とは違い雨や風により水の乾きが悪い部分の床板は弱っていきます。

特に庇などがなく直接雨がかかる床板は傷みやすいです。

また木材の色合いは年月が経つにつれ変色します。

状況にもよりますがお引き渡しから早いと1年経たず桧材のバルコニーは色合いが変わります。

これは紫外線の影響で木材の成分が変わった状態で、表面状のことであり木材が劣化したというわけではありません。

今回はお引き渡しから約12年経ったお家のバルコニー材張り替え工事をご紹介したいと思います。

①お引き渡し当初

②約12年後

軒先の雨がかり部分の傷みが激しい状況でした。

お部屋側の屋根がかかっている側は傷んではいません。

③撤去後

新築当初は短辺方向に施工してましたが軒先からの傷みが激しい状況と今後のメンテナンスを考え、長辺方向に張替えを行いました。

④施工後

新築の引渡し当初に元通り!バルコニーに屋根があればデッキ材のもちが長くなるのですが、無い場合は平均すると7年~10年未満で張り替えが必要な状態になるようです。安心して住み続ける為には定期的なメンテナンスは必須です。アルミやプラスチックの既製品はメンテナンスを考えるといいと思いますが、エコ花でよく使う桧材や杉材は年月を重ねるごとに飴色に変化し、 深い色合いになり新しい家には無い味わいが楽しめます。メンテナンスも含め変化を楽しめる方にはおすすめです。

 

お引渡後もお声がけいただき頼りにしてもらえるエコ花でありたいと思います。

 

nanala

 

2021年9月5日

日曜日はDIY!!デュブロンで壁を塗装しました。

\築50年団地メンテナンス/

約10年ほど前に貼った紙クロスオガファーザーをメテンス!!

オガファーザーは、ドイツの会社が作った自然素材でできた紙クロスのことです。再生紙と、木の製材時にでるおがくずを使って作られる環境にとても優しい壁紙で一度張ると張り替える必要がなく、メンテナンスはリボス自然健康塗料のデュブロンという漆喰調水性塗料を使用します。

今回は「デュブロン N.400 グラスグリーン」に塗ってみました。

準備するものは養生(マスキングテープ、マスカー)、塗装用ローラー(今回は用意できず100円ショップの刷毛で代用)、バケット型ローラートレイ、塗料(デュブロン)です。

まずは床を汚さないようマスカー(ビニールにテープがついている養生)を貼っていきます。

次にコンセントプレートを外します

 

 

塗装していきます。

塗ってすぐはムラがあるように見えますが、乾くと気にならなくなります。

コンセントプレート元に戻して完成です。

 

 

nanala

 

 

2021年9月2日

築15年OBのお客様宅木製玄関ドアの修理工事を行いました。

お引渡しから月日が流れ15年…雨、風、紫外線を浴び経年劣化した栗材使用の木製玄関ドア、工場で修理作業をする為、玄関からではなく勝手口からの出入りをお願いし玄関は板で封鎖しました。工期は4日程度。

 

持ち帰ってきた玄関ドア

 

鏡板の反りにより框が割れている状態

 

①鏡板取外し

 

②鏡板の調整

 

 

③鏡板取付

 

④額縁取付

 

⑤完成

 

 

nanala

2021年4月22日

外構工事の進捗について!

カテゴリー: リフォーム

塀に埋まっていたポストを取り出し不足している部分のタイルを見えないところから持ってきて復元しました!

 

 

ポストのサイズが変わっても綺麗にもとどおり。

 

手すりはお客様の握りやすい高さをお打ち合わせしながら設置しました。

 

あとは床のタイルを仕上げるのみです。

 

nanala

 

 

2021年4月20日

ただいま、外構工事中です!!

カテゴリー: リフォーム 未分類

埋め込み式ポスト交換・玄関門扉交換・手摺取り付けのリフォーム工事中です!

 

「既存の外構」

 

既存の門扉ポスト、タイル、花壇の撤去作業を行いました。

 

レベルの調整を行い、

門扉、手摺の取り付けと作業を進めています。

 

nanala

2020年12月17日

ユニットバスが・・・大変身!!

カテゴリー: リフォーム 未分類

寒波到来中。日本海側、北関東では大雪にみまわれており車が動けなくなったり大変なことになっています。寒波は週末まで続くらしいので皆様ご注意下さい。

今日は我社とゆかりのある知人が、セルフビルドで面白いことをやってのけたと報告があったので紹介したいと思います。

2000年に建てた自宅のユニットバスに無垢の木を張って温泉気分を味わいたいとの話があり、私的には「えっ??」と思ったのですが、なんと

普通の樹脂製ユニットバスがなんということでしょう!!浴槽のへりに木を廻し、排水のボタンまで付いています。サッシ周りも木を取付目隠し風な板もポイントに。腰上の壁も照明やリモコンをちゃんと再取付し見切りを取付きっちり仕上げています。大工ではないので持っている自分の道具でここまで仕上げるのは大変だったはず。

『よく頑張りました!!』

ケロリンの黄色い桶、すごく懐かしいです。昔必ず銭湯に置いてましたよね。 これからの寒い冬でも入りたくなる素敵なお風呂になりました。

 

2020年8月21日

屋根裏を有効活用!壁の向こうに書斎…

カテゴリー: リフォーム 未分類

20年お付き合いのあるお客様から、屋根裏スペースを有効利用して書庫を作りたいとご依頼がありました。

この空間に床を張り、天井を作り、そして本棚を作っていきます。

      壁面を最大限に利用して沢山の本棚が出来上がりました。      最後に栗フローリングにオイルを塗っていきます。

早速本が収まりました。傾斜天井部まで無駄にせず三角形の本棚に!

市販の合板で作られた棚と違って30mmほどの厚みがある杉無垢板で棚を作り、背中部分やその他天井や壁面まで杉羽目板材で作った部屋なので、調湿効果が期待できます。大切な本の保管にはもってこいのお部屋となりました。

2020年7月29日

なんで木だらけの家なの?

カテゴリー: リフォーム

2011年に当社で新築を建てさせてもらった建主様からお声をかけていただき、個室へのエアコン取付工事と2階バルコニー面の大きなサッシ外部に目隠しと暑さ防止のために『アウターシェード』取付工事を行いました。

真下にまっすぐおろす使い方

バルコニー手摺りに斜めにバンド留めする使い方

写真は外から撮っているのでシェードの色が黒っぽく濃く見えると思いますが、室内からみると黒い網戸がもう少し濃くなったような感じで全く圧迫感のようなものは無かったです。今年は記録的な長梅雨ですが8月に入れば熱い熱い毎日になりそうなので、大活躍してくれること間違いなし!!建主様にも満足していただけました。

そうそう、職人が作業している時に奥様から楽しいお話を聞かせていただきました。建主様には高校1年生と小学校4年生の男の子がいらっしゃるのですが、そのお友達が家に遊びに来ると中に『なんでこのお家は木だらけなの?』と何とも答えに窮する子供らしい質問をされる事があるそうです。

引き渡し時のLDK。大きな梁にはちょうなという大工道具で『なぐり加工』が 施されています。

このお部屋をみてお子さんのお友達は不思議がっていたそうです。マンション住まいのお子さんにとっては初めて見る“無垢の木”は迫力を感じたのでは?と思いました。奥様も「なんで?と言われても・・・う~ん。」と笑っていました。帰り際には「住んでいて、ここが調子悪いとか直して欲しいとか本当になくて、気持ちよく過ごせてます。」とおっしゃって下さいました。エコ花スタッフとして嬉しい一言でした。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

 

oh-oh