ブログ
2020年7月1日

在宅勤務用に机を制作しました。

在宅勤務が増える中、

近所に住む1K暮らしの友人から、

在宅勤務にあたって机が欲しいと依頼がありました。

1Kの場合、ベット・テレビボード・洋服ラック・収納棚など置いてしまうと、

スペースが限られてしまいます。

今回は、空いているスペースに合わせオーダーメイドで製作しました。

天板寸法は奥450mm×幅900mm 脚は60角

材はオニグルミを使用しました。

 

①天板を必要寸法に継ぎ合わせ削る

 

②ホゾ穴を掘る

 

 

③脚をつけて塗装して完成

 

 

早々にお届け…

 

 

サイズもぴったり!

椅子はリメイクしてプレゼント

 

仕事も捗ったようで何よりです。

 

新しい生活スタイルにも少し慣れていかないとですね。

 

nanala

2020年6月24日

日本人の文化を担ってきた木ヒノキを使ったつくえ!!販売中!!

本日は『ヒノキのつくえ』をご紹介します。

 

ヒノキの特徴

①香り

ヒノキは香りが強いことが特徴。
ヒノキの香り成分は、
ストレス解消・疲労回復・消臭・防ダニなどの働きをします。

②木肌

ヒノキの木肌の色の美しさ、優れた耐腐朽性と耐蝕性、
伐採されてから長い時間を掛けて強度を増して行くと言う特性があり、
日本では古来より神社仏閣建築の代表的な樹種として用いられています。
ヒノキで建てられた法隆寺や薬師寺の塔が1300年以上経過した今でも、
その姿を維持していることからもヒノキが持つ樹種の特性を伺うことができます。

③強さ

ヒノキには不思議な力があり、
伐採してから約200年は強くなり続けると言われています。
建築材料としてはフローリングとして使われることもあります。

 

『ヒノキのつくえ』

¥100,000(税抜) ※送料別途

*寸法*

天板:幅1000×奥600×厚30

机の高さ:700

引出し内部:幅380×奥465×高58

 

お気軽にお問い合わせください。

 

エコロジーライフ花

 

2020年6月23日

木のまな板のメンテナンスは刃の交換時期になった自動かんなが活躍します!!

木のまな板は

黒くなることが気になる方が多いかと思います

そんな時、削れば綺麗になることは皆さんご存じだと思いますが

我々のように刃物を研ぐ職人は包丁の刃こぼれが埋まっているまな板を嫌います

なぜなら、カンナの刃がだめになってしまうからです

 

 

 

 

そんな時、刃の交換時期になった自動かんなが活躍します
うす~く削るとあっという間に新品

 

 

 

無垢の木だから一皮むけばこのように再生することができます
合成樹脂のまな板も利点があると思いますが
いちど無垢の木を使ってみてください。

きっと手放し難くなる気持ちがわかると思います。

nanala

 

2020年3月19日

サクラとケヤキの木を使って靴べら制作をしました。

\靴べらづくり/

左側がサクラ、右側がケヤキになります。

 

日本ではサクラ材は家具の材料として使用されてきました。

サクラ材の特徴は、他の木に比べ材質は適度に硬く強く、

木目も細かく目が詰まっています。

加工性、着色性に優れている材料です。

磨くと光沢がでて、とても綺麗にしあがります。

 

ケヤキ材の特徴は、木理は密で光沢があり硬くて重く耐久性も高い。

建築材、家具材、建具材、彫刻材など、幅広く使用され、

現在は美しい木目を利用した装飾的な部材として多く利用されています。

エコ花では上がり框、式台、カウンター、床の間の材料で大活躍。

多くは自然木を製材したものから仕立ててまいりますので、

切り落とした材料が大量に生まれます。

そんなもったいない端材の活用の一例です。

 

丸のみとカンナ、ベルトサンダーを使用して作っていきました。

 

サクラの靴べらです。

奥の靴べらは少し着色、手前の靴べらはオイルを塗って完成です。

靴べらを置いているカウンターも実はサクラです。

 

nanala

 

2020年3月16日

今年は暖冬でもう庭のヤマザクラが開花しました!

実生の苗木を20年前にいただいて、

お店の前でプランターで育てていました。

最初ヤマザクラではなくウワミズザクラだと思っており放置状態にしていたある日…

桜の花が咲き驚きました。

すくすく育ちプランターでは窮屈そうになった為、

9年前に家の庭に植え替えました。

今年は暖冬ということでかなり早くから実をつけ咲き始めています。

 

nanala

2020年3月12日

子供達と木や道具に触れてわくわく考え作って楽しめる空間づくり

少し時間が経ってしまいましたが、

2月24日に木端バザールを開催しました。

 

木端をゴミにせず何かに生かせないか、子供たちが木に触れわくわくできる空間を提供したいという思いで開催してます。

 

私が子供の頃当たり前のように、木に触れものづくりをしていました。

鋸で板を切って、釘を金槌で打ち付け箱を作り、

糸鋸を使ってパズルを作り、何を作ろうかわくわくしながら、木で遊んでいました。

そんなわくわくを味わって欲しいという思いでいます。

 

今回はエコ花でご新築されたお客様がお子様を連れ遊びに来てくださいました。

サワグルミの板に好きな絵を描いて糸鋸で切り抜いていきました。

 

\初めての糸鋸/

6体ぐらいの恐竜の絵を描いて、糸鋸で切り抜いてやすりをかけてお持ち帰りになりました。

\初めてのジグソー/

初めて使う電動工具に少し緊張した様子でしたが、上手に切ることができました。料理に使う木べらを制作!

おばあちゃんにプレゼントされるとのことで、一生懸命やすりがけをしてました。

 

気づけば4時間が経過しており、子供達の何かに熱中する集中力は素晴らしいと感じました。

 

何をつくるか考え、手を動かし、ものづくりをすることの楽しさ、

少しでも多くの子供達に経験をしてもらえるよう、エコ花ではワークショップを計画中です!

 

ここ最近新型コロナの影響で騒がしい世の中になっておりますが、いち早くこの状況が収束するこを祈っております。

 

落ちついてからワークショップなどのお知らせもできればと考えておりますので、その際は是非お越し下さい。

 

nanala

 

2020年2月14日

木端でもアイディアひとつでいろいろ作れます。

2月11日に『木端バザール』を開催いたしました。

会場はエコ花工場2階です。

ちょっとした作業台もご用意して、

大きさ樹種様々な国産無垢材の木端を100円から販売致しました。

幅、厚み、長さを見ながら何が作れるか考える楽しさもあります。

細長いケヤキの棒もアイディア一つでちょっと長めの靴べらへと大変身!!

 

ご近所さんでお散歩がてら寄ってくださった方や、

元エコ花スタッフ一家も遊びに来てくださりました。

たくさんの木端をお買い上げいただきました。

何を作られるのか気になりますね~。

ご報告お待ちしております!

 

今月は、

2月24日(月)13:00-18:00 『第2回 木端バザール』 開催いたします。

 

お時間ある方は是非お越しください。

お待ちしております!!

 

nanala

 

2013年12月28日

ありがとう!!

今年もあっという間の一年でしたね。
今年の締めくくりにちょっと変わったお歳暮のご紹介です。
以前エコ花で大工をしていたhira大工から、こんな素敵なお歳暮が届きました。
これは網代(アジロ)と呼ばれるものです。
へぎ板といわれる薄い板や竹皮、杉皮などを使って編み上げて
数奇屋建築の天井などによく用いられます。

ちょっと引いてみると、、、

エコ花の「花」の文字になっていました!!
なかなか粋な事をします。
社長を含めスタッフ一同、大変感謝しております。
ありがとう、hira大工!!
見たい方はお見せに飾っています(非売品)ので是非。
saki

2012年8月25日

バイオリン

さてyuuさん何をやっているのでしょう?

板に穴を開けているようです。

建主さんの娘さんが、夏休みの自由研究で手作りの木製バイオリンをつくるそうです。
ここからの組み立ては娘さんの作業です。
いいバイオリンがつくれるといいですね。完成品は後日?お楽しみに!!

saki