ブログ
2020年7月1日

在宅勤務用に机を制作しました。

在宅勤務が増える中、

近所に住む1K暮らしの友人から、

在宅勤務にあたって机が欲しいと依頼がありました。

1Kの場合、ベット・テレビボード・洋服ラック・収納棚など置いてしまうと、

スペースが限られてしまいます。

今回は、空いているスペースに合わせオーダーメイドで製作しました。

天板寸法は奥450mm×幅900mm 脚は60角

材はオニグルミを使用しました。

 

①天板を必要寸法に継ぎ合わせ削る

 

②ホゾ穴を掘る

 

 

③脚をつけて塗装して完成

 

 

早々にお届け…

 

 

サイズもぴったり!

椅子はリメイクしてプレゼント

 

仕事も捗ったようで何よりです。

 

新しい生活スタイルにも少し慣れていかないとですね。

 

nanala

2020年6月24日

日本人の文化を担ってきた木ヒノキを使ったつくえ!!販売中!!

本日は『ヒノキのつくえ』をご紹介します。

 

ヒノキの特徴

①香り

ヒノキは香りが強いことが特徴。
ヒノキの香り成分は、
ストレス解消・疲労回復・消臭・防ダニなどの働きをします。

②木肌

ヒノキの木肌の色の美しさ、優れた耐腐朽性と耐蝕性、
伐採されてから長い時間を掛けて強度を増して行くと言う特性があり、
日本では古来より神社仏閣建築の代表的な樹種として用いられています。
ヒノキで建てられた法隆寺や薬師寺の塔が1300年以上経過した今でも、
その姿を維持していることからもヒノキが持つ樹種の特性を伺うことができます。

③強さ

ヒノキには不思議な力があり、
伐採してから約200年は強くなり続けると言われています。
建築材料としてはフローリングとして使われることもあります。

 

『ヒノキのつくえ』

¥100,000(税抜) ※送料別途

*寸法*

天板:幅1000×奥600×厚30

机の高さ:700

引出し内部:幅380×奥465×高58

 

お気軽にお問い合わせください。

 

エコロジーライフ花

 

2020年5月21日

トチとケンポナシで作ったキャビネット!!

ずいぶん久しぶりの投稿となりました。

当社でも「Stay Home!」しつつ、現場が始まれば職人さんはじめみんな車移動+マスク・手洗い慣行して仕事をこなしております。何とか頑張っております。これからも気を抜くことなく過ごしていきたいと思っております。

 

今日は、先月当社の大工(別名家具職人)さんに作ってもらった我が家の「キャビネット」をご紹介したいと思います。

今回天板は、社長のコレクションの中から「栃(白)」を選ばさせてもらいました。扉や前板・側板は「ケンポナシ」です。内部は杉材使用。

写真が残念ですが、無塗装状態の完成形です。この後自身でクリアオイルフィニッシュで仕上げました。

 

天板の栃はオイルを塗ると木目の柄が際立ちとてもキレイに仕上がりました。ケンポナシとの組み合わせも気に入っています!ちなみにつまみも大工さんのお手製です。実用的にも奥行が40cmほどあるので、細かい物から書類のような物までたっぷり収納できて嬉しい限りです。

Stay  HomeしていたG.Wの休み中に仕上げて中身も整理しました。私のお気に入りスペースになりました。

 

oh-oh

2020年3月19日

サクラとケヤキの木を使って靴べら制作をしました。

\靴べらづくり/

左側がサクラ、右側がケヤキになります。

 

日本ではサクラ材は家具の材料として使用されてきました。

サクラ材の特徴は、他の木に比べ材質は適度に硬く強く、

木目も細かく目が詰まっています。

加工性、着色性に優れている材料です。

磨くと光沢がでて、とても綺麗にしあがります。

 

ケヤキ材の特徴は、木理は密で光沢があり硬くて重く耐久性も高い。

建築材、家具材、建具材、彫刻材など、幅広く使用され、

現在は美しい木目を利用した装飾的な部材として多く利用されています。

エコ花では上がり框、式台、カウンター、床の間の材料で大活躍。

多くは自然木を製材したものから仕立ててまいりますので、

切り落とした材料が大量に生まれます。

そんなもったいない端材の活用の一例です。

 

丸のみとカンナ、ベルトサンダーを使用して作っていきました。

 

サクラの靴べらです。

奥の靴べらは少し着色、手前の靴べらはオイルを塗って完成です。

靴べらを置いているカウンターも実はサクラです。

 

nanala

 

2020年3月16日

今年は暖冬でもう庭のヤマザクラが開花しました!

実生の苗木を20年前にいただいて、

お店の前でプランターで育てていました。

最初ヤマザクラではなくウワミズザクラだと思っており放置状態にしていたある日…

桜の花が咲き驚きました。

すくすく育ちプランターでは窮屈そうになった為、

9年前に家の庭に植え替えました。

今年は暖冬ということでかなり早くから実をつけ咲き始めています。

 

nanala

2020年3月13日

クリのフローリング材をうづくり加工しました。

約7畳分うづくり加工を行ないました。

うづくり加工とはとは、

木材の加工方法の一種です。

木の表面を丁寧にこすり木目の凹凸を浮きあがらせるものです。

木の木目の陰影が強調され表情豊かになります。

 

 

1枚1枚木目によって色々な表情になりました。

 

 

nanala

 

 

 

 

 

 

2020年3月12日

子供達と木や道具に触れてわくわく考え作って楽しめる空間づくり

少し時間が経ってしまいましたが、

2月24日に木端バザールを開催しました。

 

木端をゴミにせず何かに生かせないか、子供たちが木に触れわくわくできる空間を提供したいという思いで開催してます。

 

私が子供の頃当たり前のように、木に触れものづくりをしていました。

鋸で板を切って、釘を金槌で打ち付け箱を作り、

糸鋸を使ってパズルを作り、何を作ろうかわくわくしながら、木で遊んでいました。

そんなわくわくを味わって欲しいという思いでいます。

 

今回はエコ花でご新築されたお客様がお子様を連れ遊びに来てくださいました。

サワグルミの板に好きな絵を描いて糸鋸で切り抜いていきました。

 

\初めての糸鋸/

6体ぐらいの恐竜の絵を描いて、糸鋸で切り抜いてやすりをかけてお持ち帰りになりました。

\初めてのジグソー/

初めて使う電動工具に少し緊張した様子でしたが、上手に切ることができました。料理に使う木べらを制作!

おばあちゃんにプレゼントされるとのことで、一生懸命やすりがけをしてました。

 

気づけば4時間が経過しており、子供達の何かに熱中する集中力は素晴らしいと感じました。

 

何をつくるか考え、手を動かし、ものづくりをすることの楽しさ、

少しでも多くの子供達に経験をしてもらえるよう、エコ花ではワークショップを計画中です!

 

ここ最近新型コロナの影響で騒がしい世の中になっておりますが、いち早くこの状況が収束するこを祈っております。

 

落ちついてからワークショップなどのお知らせもできればと考えておりますので、その際は是非お越し下さい。

 

nanala

 

2019年11月27日

東京でただ一人の今戸焼職人の作品。エコ花でどうぞ!

本日は、エコ花取扱商品のご紹介をします!

\浅草 今戸焼/

皆さん今戸焼ってご存知ですか?
今戸焼とは、江戸時代から明治時代を中心に今戸やその周辺で製造販売された焼き物のこと。今戸焼職人は、瓦・日常生活道具・土人形(つちにんぎょう)・工芸品などの焼き物を製造販売していましたが、今戸焼の需要減少や今戸周辺の都市化、震災・戦災などにより、隅田川の東岸今戸人形は、陶土を練り、型に入れて成形して、乾燥したものを窯で焼き上げ、彩色を施した狐・狸・あねさま・招き猫・おかめ・福助など多くの種類が製造されるようになり、長く江戸東京の庶民に親しまれてきた郷土玩具。

そして現在、今戸焼職人さんはたった1人!!”今戸焼白井”さんは今戸唯一の職人さんで伝統を守られている。素敵な今戸焼の猫たちがエコ花で販売しております。

13685B6F-0938-427C-ADD7-9A11C4A8F4E8
火入れ猫 ¥6,000(税抜):背中に炭を入れられる猫

5FC3EF20-9822-42BE-A503-4749C3B4636F
まるしめ猫 ¥5,000(税抜):吉を招いて逃がさない縁起もの

是非、エコ花ショップへお越し下さい。

Nanata

2018年5月18日

入荷しました(^^)/

シャボン玉石けん入荷しました~!
本日せっせと品出し完了(^^)/

シャボン玉石けんは、
牛脂やパーム油、ひまわり油などの天然油脂を原料としたもので、
体や環境にも優しいものとなっております。

私は水廻りお掃除用に、クエン酸を購入しました!
お掃除の様子は後日アップしま~す(^^♪

nanala