木組みの家づくり

古来から「木の国」であった日本の建築は、木を扱う優れた技術で作られてきました。木の性質を知り抜いた大工が、手仕事で仕口・継手とよばれる細工を刻む、「木組み」の技術で、構造体を築き上げる。世界最古の木造建築である法隆寺から、民家や町家、そしてエコ花でつくっている新築の住宅に至るまで、この同じ「木組み」の技術でできています。

職人が張り切る仕事

手刻みによる伝統的な工法は、工業的に加工されたプレカット材を組み上げる現代工法と比べて、手間がかかり、技術的にも難易度は高くなります。最良な木組みには、木の性質を適材適所に見抜く眼力、ふさわしい加工をする手の技術が必要となります。一方で、職人は難しい仕事ほど張り切ります。木組みの家は、木の仕事が表に現れる作り方なだけに「かっこよく、きれいに仕上げよう」「もっと建て主さんに喜んでもらえるように、工夫してやろう」という気持ちでがんばるのです。

美しく長持ちする家

伝統的な手刻みの技術により、無垢材による木組みが可能となります。無垢の木は長い年月をかけ、日本のしっとりとした気候風土にさらされ、木の色、艶、味わいなどが増し、風景にもなじみ、住まい手ともに成長していきます。しっかりとした木組みによる構造体は、その木が山で生きていた年数以上に長持ちします。物理的にも長持ちし、心情的にも「愛着が増す家」であれば、次の世代にも受け継いでいくことのできる、価値ある財産となるに違いありません。

未来への継承

無垢材での家づくりを、高いレベルを維持しつつ続けていくためには、大工職人の育成と、大工自身がそれを一生続けていきたいと思えるような、のめりこめる仕事が必須です。ひとつひとつの現場が、大工技術の継承の場であるととらえています。伝統的な工法による質のいい仕事をし続けていいくことで、お客様にはご満足いただけるいい家を、大工にはやりがいを、そしてその積み重ねの中で、この素晴らしい技を未来につなげていけるようにと、日々努力と精進を続けております。