ブログ
2006年12月23日

掻き落として、完成

白を塗り上げてお昼休みの間で、表面がすこし締まってきたら
剣山のような硬い金ブラシのような道具(名前はなんと言うんでしたっけ・・)で、掻き落としていきます。

こんなすてきに仕上がりましたっ!!

べんがらのしっとりとしたいい色合いがなんとも言えませんな!
実はこの3色の掻き落としは、エコ花の家づくりの外壁の見本。
いつもお客さまに「どんな仕上げなんですか」と聞かれても、写真でしかお見せすることが出来なく、ようやくこうして見て触っていただけるサンプルができたのであります☆
ちなみにこちらは小沼さんの道具たち。値段のつけられない道具がいっぱいです。うひゃ〜!


使い込まれた道具たちって、どうしてこんなに美しいんでしょ。
使い手とともに歩んできた歴史が、オーラみたいに表れてますよね。
tama

2006年12月22日

その後の壁

今度は、同じ水とセメントと・・・の中に、赤いべんがらもまざりましたよ!

そして、黄色とは反対の側から塗られていきます。

真ん中があいてるけど、どうなるの?!

真ん中はべんがらを入れない白で塗り。
ほほ〜〜おもしろい!!
tama

2006年12月21日

なにやら

[※注 すべてド素人目線でのコメントですので、どうぞご了承下さい・・]

水にセメント、砂に凝固剤、それに黄色いべんがらが混ざりました。
それを攪拌機で攪拌。
ひしゃくでちゃちゃっと、微妙な水分調整。

あれよあれよと言う間に、塗られていきます。
ははは早いっ!!!


20秒


tama

本日

朝一番からエコ花ショップで、小沼さんが・・・

ずっと残ったままだったお店の壁の一面を、とうとう仕上げてくださいます。
どんな仕上げになるのかな?!
お楽しみに☆
tama

2006年12月13日

長命寺桜餅・山本や

カテゴリー: ご近所

ひさしぶりのご近所ウマイもの紹介!
今回は「長命寺桜餅・山本や」のご紹介☆
どうもこのあたりは甘い・旨いものがいっぱいあるみたいですね。ウフ〜
長命寺桜餅は、起源はなんと1700年初期!
初代山本さんが隅田川沿いの桜の葉を拾って塩漬けにし、その葉で餡を包んだ餅をくるんで売ってみたら、甘さとしょっぱさの絶妙なハーモニーで一躍江戸で大人気になったらしいです。
桜餅は、道明寺粉をつかったピンク色のつぶつぶした餅のものが関西風、小麦粉をつかった白くてしっとりとした餅のものが関東風だそうですね。こちらの長命寺桜餅は、小麦粉をつかった生地をうすく伸ばして焼いて、甘さ控えめのあんを包んであります。
こちらが長命寺桜餅の封をあけた様子☆↓

また長命寺のもうひとつの特徴は、くるんである葉の枚数。
ふつう桜餅って桜の葉っぱが1枚のイメージですよね?
こちらはなななんと、3枚!!
好きズキかとは思いますが、わたしは3枚だとしょっぱすぎる・・・1枚はがして2枚くらいでちょうどいい感じです。

ちなみに写真はちょっと前のもの。だから食べたのもちょっと前。
ああーー書いてたら思い出して、食べたくなってきたっ!!
tama

2006年12月12日

ショップからふしぎな音が・・・

むっ、なにやらショップのほうから「ゴリリッ ゴリリッ」という不気味な音が・・・
覗いてみると・・・・

おっと木工屋KAYO、本日はノミ加工にうつった模様です。
パソコンの前で、藤原先生に習ったノミさばき(?!)で、必死に掘り込んでます。
ふふーん、どうやら皿モノをつくっている様子。
年内に完成の姿をみられるかしらー☆
tama

2006年12月7日

ご近所でのお仕事

お店が移転してから、場所やレイアウトが変わった効果か看板娘KAYOの効果か、
ご近所の方がたくさん寄ってくださるようになりました。
地域に根づいていけることは本当にウレシイ!!
そんなわけでご近所での工事をお受けすることも増えてきています。
こちらは隣町(といっても徒歩5分くらいの場所)のお宅で、板塀の作り変え工事をしました。
材料を事前に工場で加工して、現場で組み立てです。






桧に大工の手カンナで仕上げた、ピッカピカの美しい板塀があっというまに完成!!
桧の美しい木目を生かして、無塗装です。
笠木に板金をかぶせて工事完了です☆
S様、これからも末永くよろしくお願い致します!

tama