ブログ
2018年3月30日

一色の家のこだわり

カテゴリー: 家づくり (一色)

桜の花もちらちらと落ち始め、東京ではこの週末が桜の見納めになりそうです。

桜

さて一色の家の続きです。
今回建主様が細部にわたりこだわって造作した箇所がたくさんありまして、
寝室
ゆったりとした2階の寝室。天井は屋根なりに勾配をつけ杉板で仕上げています。大きな太鼓梁(小屋梁)がより安心感をもたらしているように感じます。この部屋の掃き出し窓からは外にでれるようになっています。

物見台
これが表題にある通称『物見台』です。このスペースは建主様たってのご希望で、まずはこの景色を楽しんだり、夜は星空を眺めたり、とにかくゆったりと過ごす為のこだわりスペースなんです。気持ちよさそうで羨ましい限りです。

次のこだわりは洗面脱衣室です。
洗面台
洗面化粧台は大工の造作です。正面のモザイクタイルは建主様自ら厳選した物です。部屋全面杉板張りとする事で調湿効果が望めると思います。お仕事が忙しい建主様のランドリーコーナーも併設されていて洗濯物を干せるようにもなっています。

他にもガラスや金物など色んなこだわりを次の機会に紹介したいと思います。

2018年3月23日

外構工事前夜です!

着工から1年、傾斜地に建つ葉山の家
ポーチの洗い出しも完成し、1年間貯め込んだ仮設物をせっせと運び出しています。
片付け終わってパチリ
DSC_9674
玄関ドアの塗装、金物取り付け・・・
まだ仕事はありますがひとまず建て主さんにバトンを渡して
明日から外構工事が始まります。
私は初めての出会いですが「大地の再生」の方々が外構計画をするそうです。
「大地の再生講座 ~海と山のある町・葉山~ 住宅地の庭に小さな杜(森)の空間づくり」
講座も開催されるとのことご興味のある方は問い合わせお願いします。
DSC_9677
まだ完全に手が離れていませんが、私どもの思いのこもった建物をどう味付けしていただくか楽しみです。

naoi