土壁の家

力強い木組みといろいろな土壁

力強い木組みといろいろな土壁を楽しめる山小屋。深い軒を張り出し、のびやかでシンメトリーなデザインの、伝統構法の家のスタンダードな外観。家づくりで手に入れたい本物の仕事を目指しました。力強い木組みが大きな屋根を支える構造をそのままにあらわし、さまざまな土壁の表情を見せ、伝統構法の要素が目に見えるショールームのような山小屋。柱、梁、貫、楔。伝統構法のかごのように編まれた構造がよく分かります。住まい手は、東京での仕事のある暮しと、田舎で趣味の木工をする暮しの二地域居住をしています。雪深いところでもあり、1階には長靴でそのまま入れる広い土間空間をもうけています。遊び空間にふさわしく、全体にオープンなつくりとなっています。

工事内容新築
竣工2006年
場所栃木県
延床面積99.2 ㎡
設計施工直井建築工房

Index